ニュース
» 2015年03月06日 16時10分 UPDATE

ドコモ、グリーン基地局の電力利用効率を上げる「ダブルパワー制御」に成功

ドコモが、基地局が利用する電力の「ダブルパワー制御」の実証実験に成功した。基地局の運用に必要な電力の95%以上を、環境負荷が少ない電力で賄えるという。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが3月6日、基地局が利用する電力の「ダブルパワー制御」技術の実証実験に成功したことを発表した。

 ダブルパワー制御技術では、太陽光発電が停止する夕方から夜間電力が始まる23時までの間、環境負荷が少ない「昼間の太陽光発電の余剰電力」と「夜間電力」をためた、リチウムイオン蓄電池の電力を優先して使うよう制御する。

 この技術により、7時から23時までの昼間電力の利用を、従来のグリーン基地局より90%ほど抑えられ、基地局の運用に必要な電力の95%以上を、環境負荷が少ない電力で賄えるという。

photo 「ダブルパワー制御」技術のイメージ
photo 従来のグリーン基地局よりさらに電力の利用効率が上がる

 今後、フィールド試験用に設置しているグリーン基地局10局のうち、3局にこの技術を順次導入し、商用設備としての品質検証や地域別の特性評価を実施したうえで、早期の商用化を目指す。ドコモは2015年3月末までにグリーン基地局の商用基地局を北海道から九州まで11局設置し、2015年4月に全局で運用を開始する。

photo

 ダブルパワー制御を導入したのは、国内の通信事業者ではドコモが初となる(2015年3月時点での同社調べ)。ドコモは今後も、環境負荷低減に貢献すべく、全国の市区町村にグリーン基地局を積極的に導入するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.