ニュース
» 2015年04月01日 09時35分 UPDATE

「Apple Watch」アプリのApp Storeへの登録受け付け開始

Appleが、サードパーティー製Apple WatchアプリのApp Storeへの登録受け付けを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月31日(現地時間)、4月24日に発売する「Apple Watch」向けアプリのApp Storeへの登録受け付けを開始した。

 watch 1

 Apple Watch発売段階で提供されるサードパーティー製アプリは、iPhoneとペアで使うことが前提となっている。開発者はWatchKitを使って既存のiOSアプリにApple Watchのサポート機能を追加することになる。

 Apple Watchアプリの登録方法はこちらのページにまとめられている。ストアのページに掲載するアプリのアイコンは接続するiOSアプリと同じにすることや、スクリーンショットは312×390ピクセルにすることなどのルールがある。

 watch 2

 AppleのWebページでは、InstagramやEvernoteなど、既に多数のアプリが紹介されている。

 米New York Timesは同日、Apple Watchアプリは狭い画面でも一瞬で新着記事の概要を読める「One-sentence stories」機能を搭載すると発表した。ユーザーはこの概要で興味を持った記事を、iPhoneやiPadで読んだり、“後で読む”をタップすることで後で読む記事リストを作成できる。

 watch 3 New York TimesのApple Watchアプリ画面

関連キーワード

Apple | Apple Watch | App Store | iOS | 開発者


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.