ニュース
» 2015年04月16日 02時00分 UPDATE

Huawei、新フラッグシップスマホ「Huawei P8」と6.8型の「Huawei P8 max」を発表

Huaweiが、英ロンドンで新たなフラッグシップスマートフォン「Huawei P8」と「Huawei P8 max」を発表。Ascendシリーズでおなじみの薄さをキープしつつ、デザインを洗練させ、カメラ機能や操作性を向上させた。

[田中聡,ITmedia]

 Huaweiが4月15日(現地時間)、英ロンドンで新たなスマートフォン「Huawei P8」「Huawei P8 max」を発表した。2モデルとも2015年5月から世界各国で販売するが、日本での発売は未定。

photo 「Huawei P8」
photo

 Huawei P8は、デザイン、カメラ、通信性能、使い勝手を強化したフラッグシップスマートフォン。2014年に発売した「Ascend P7」の後継機にあたるが、今回からシリーズ名の「Ascend」は外された。ガラスパネルとメタルフレームを採用していたAscend P7に対し、Huawei P8では背面とフレームともに金属を採用しており、高級感のある美しいデザインを目指した。カラーはミスティックシャンパン、プレスティージゴールド、チタニウムグレイ、カーボンブラックの4色をそろえた。

 厚さは6.4ミリとP7から0.1ミリ薄くなりながら、フルフラットなボディを形成。キラキラと輝くよう、フレームの端はカットされている。発表会では、iPhone 6やGalaxy S6のように、カメラレンズも出っ張っていないことをアピールしていた。ディスプレイにはフルHD(1080×1920ピクセル)の5.2型IPS-NEO液晶を採用し、1500:1の高コントラストを実現。画面占有率が78.3%という狭額縁設計も特徴だ。本体はナノコーティングにより防滴仕様となっている。

photo
photo
photo
photo

 13メガピクセルカメラには、RGBWの4色から成るイメージセンサーを搭載しており、従来機よりも32%高いコントラストで、また低照度のシーンでノイズを78%抑えて撮影できるという。iPhone 6 Plusよりも補正角の大きいという光学手ブレ補正機能を搭載するほか、画像処理用の独立したプロセッサにより、ノイズ低減、高コントラストを保ちながらのシーン自動認識、人肌をキレイに写す顔認識なども可能になった。被写体の動きに合わせて光のエフェクトを追加できる「Light Painting」も新たに用意した。動画撮影では、ほかの3台のスマートフォンで撮影したもの(計4アングル)を合成して1本の動画を作成できる。

photo 「Light Painting」機能
photo セルフィーもきれいに撮れることをアピール
photo 3台のスマホを接続させて4アングルからの動画を合成

 通信性能も向上させた。まず、「Signal+」というデュアルアンテナの技術により、モバイルネットワークの受信感度が安定。ほかのスマートフォンよりも、端末を握ったときに受信感度が落ちにくくなるという。最も高速なWi-Fiスポットを自動で検索して接続する「Wi-Fi+」、海外へ入国してスマホの電源を入れた際に現地ネットワークへの接続が3倍速くなるという「Roaming+」も追加した。Huawei P8はデュアルSIMスロット/シングルSIMスロットの2タイプを用意しており、デュアルSIMスロットのうち1つはmicroSDスロットと兼用となる。

 プロセッサはHiSiliconの「Kirin930/935」のオクタコア(8コア)を採用しており、Ascend P7と比べてCPU性能は80%速く、3Dグラフィック性能は100%速くなったという。バッテリー容量は2600mAhで、普段使いで1.5日、ヘビーに使っても1日はバッテリーが持つとのこと。メインメモリは3Gバイト、ストレージは16Gバイトと64Gバイトのモデルがある。

 新しい操作法として、拳を画面に2回当てるとスクリーンショットを撮れる「ナックルセンス技術」を採用した。混雑した場所でも通話相手の声がより明瞭に聞こえるようになる「Voice+」、風の騒音をカットする、またハンズフリーでも相手の声がクリアに聞こえる機能も盛り込んだ。

 価格は16Gバイトモデルが499ユーロ(約6万3066円)、64Gバイトモデルが599ユーロ(約7万5705円)。

 Huawei P8 maxは、厚さ6.4ミリのフルメタルボディに6.8型のフルHD液晶を搭載した“ファブレット”といえるモデル。大きな画面を生かし、横画面の「ランドスケープ」や、ウィンドウの2分割などにUIを変更できる。バッテリーは4360mAhで、普段使いで2.23日、ヘビーに使って1.4日バッテリーが持つという。デュアルSIMをサポートし、ストレージは32Gバイトと64Gバイトモデルを用意する。

 6.8型といえば、もはやタブレットの領域に近いが、登壇したリチャード・ユー氏は、ポケットから取り出して、あくまでポータブルデバイスとして使えることをアピールしていた。

photo 「Huawei P8 max」
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.