ニュース
» 2015年05月14日 12時00分 UPDATE

IGZO液晶搭載:作戦エリアがさらに拡大! 世界初の“耐海水”スマホ「TORQUE G02」

あの「TORQUE」がさらにタフネスに。今度の「TORQUE G02」は耐海水性能を備え、海中でのカメラ撮影も可能になった。非接触充電の「Qi」に対応し、端子カバーを開けずに充電できるようになったのもポイントだ。【画像追加】

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIが5月14日に発表した京セラ製の「TORQUE G02」は、前モデル「TORQUE G01」(2014年8月発売)が備える防水/防じん/耐衝撃性などに加え、さらに世界で初めての耐海水性能と耐荷重性能を備えた“最強”のタフネススマートフォンだ。

photo 「TORQUE G02」

 カメラはメインカメラが1300万画素、インカメラは500万画素で、海中での写真撮影も可能。気圧センサーによりタッチパネルが海中であることを検知すると、カメラの設定を自動で水中モードに変更してくれる。使う場所を選ばない端末だけに、どんな環境でも操作できるよう、グローブを装着したままでもタッチパネルが利用できる機能も搭載した。

 ディスプレイは4.7型HD(720×1280ピクセル)表示のIGZO液晶で、京セラ独自のスマートソニックレシーバーを内蔵。OSはAndroid 5.1を採用した。そのほか、プロセッサは4コアCPUのQualcomm Snapdragon 400「MSM8928」(1.4GHz)、メモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイトなど、スペックはG01と共通する部分が多い。

photo カラーはグリーン、レッド、ブラックの3色

 通信面では下り最大150MbpsのLTE(キャリアアグリゲーション)と、下り最大110MbpsのWiMAX 2+もサポートする。またau VoLTEに対応したことで、国内では3G通信(CDMA2000)が利用できなくなった。そのほか、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)とワンセグに対応し、搭載するさまざまなセンサーを活用する連携アプリも多数プリセットした。

 また従来モデルと同様に非接触充電の「Qi」に対応したことで、Micro USBの端子カバーを開けずに充電が行える。またバッテリーはユーザーによる交換も可能だ。ボディカラーはグリーン、レッド、ブラックの3色で、専用のハードホルダーもオプションで用意している。

※初出時に従来モデル(G01)がQi非対応であると記載しましたが、正しくはQiに対応しております。お詫びして訂正いたします

photo 専用ハードホルダー
photo
photo
photophoto
photophoto
photo
「TORQUE G02」の主な仕様
機種名 TORQUE G02
メーカー 京セラ
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8928/1.4GHz(4コア)
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約4.7型HD表示IGZO液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 LTE:測定中
連続待受時間 LTE:測定中
バッテリー容量 2910mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー グリーン、レッド、ブラック
サイズ 約72(幅)×147(高さ)×14.2(奥行き)ミリ(暫定)
重量 測定中
発売予定日 7月上旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.