ニュース
» 2015年06月15日 13時00分 UPDATE

ニフティ、MVNOサービス「NifMo」で7月利用分からデータ繰り越しに対応 8月からは3G専用端末での通信も可能に

ニフティのMVNOサービス「NifMo」が、使い切れなかったデータ通信量の翌月繰り越しサービスを7月利用分から開始する。8月からは、3G専用端末での利用も可能となる。

[井上翔,ITmedia]

 ニフティは6月15日、同社のMVNOサービス「NifMo」において、データ繰り越しサービスを7月利用分から開始することを発表した。また、NifMoで8月1日から3G専用端末に対応することも合わせて発表した。いずれのサービスも、既存ユーザーには自動的に適用される。

データ繰り越しサービス

 データ繰り越しサービスでは、月間のデータ通信容量を使い切れなかった場合に、その月に契約していたデータ通信容量を上限として翌月に繰り越すことができる。そのため、翌月に通信容量のより少ないプランに変更したとしても、繰り越される容量が減る、ということはない。

 繰り越した容量の利用期限は、繰り越した月の末日までとなり、翌々月以降に繰り越すことはできない。

photo データ繰り越しサービスのイメージ

3G専用端末対応

 NTTドコモのネットワークでは、LTE用と、3G用のネットワーク接続設定を完全に分離している。そのため、「Xi(LTE)専用」と銘打っているモバイルネット接続サービスのアクセスポイント名(APN)を、3G専用(FOMA)端末に設定しても、データ通信ができないようになっている。

 これは、ドコモ回線を利用するMVNOも例外ではない。NifMoでは、今までLTE用のAPNしか用意していなかったため、3G専用端末ではデータ通信ができなかったのだ。

 8月1日からは、3G専用APN設定をすることで、3G専用端末でもNifMoのデータ通信が利用できるようになる。接続設定などの詳細は、同日にNifMoのサービスページで公表される予定だ。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

NifMo | データ通信 | MVNO | ニフティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.