ニュース
» 2015年08月26日 09時11分 UPDATE

「Galaxy Note5」のスタイラス、逆向き収納で壊れる可能性(マニュアルで警告済み)

Samsung Electronicsの「Galaxy Note5」のS Penは従来のシリーズのものと違って末端をプッシュすることで本体から取り出せる。側面に突起などがないため逆向きでも本体に収納できてしまい、取り出せなくなる恐れがある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsが8月14日に発表した「Galaxy Note5」の新しい「S Pen」は上下逆向きでも本体に収納できてしまい、逆向きで収納するとペン、本体ともに壊れる可能性がある──。米Android専門メディアのAndroid Policeが25日(現地時間)、動画付きでこう報じた。

 Galaxy Note5のS Penは従来のNoteシリーズのものと異なり、本体に収納された状態で末端を押すことで飛び出すようになっている。便利ではあるが、末端の側面に突起などがないため、逆向きでも本体に収納できてしまう。

 spen 1 Galaxy Note5のS Pen

 Android Policeでは、実際に逆向きにS Penを本体のスロットに挿入してしまい、取り出せなくなったという。同メディアは、このように簡単に逆向きに挿入できてしまう(そして取り出せなくなってしまう)のは“デザイン上の欠陥”だと主張する。

 これに対しSamsungは、「われわれはGalaxy Note5のユーザーに問題が発生しないようユーザーガイドの指示に従うよう強く勧めている」という声明を送った。

 SamsungのGalaxy Note5のユーザーガイドには、確かに逆向きにS Penを挿入するとペンを取り出せなくなり、ペンと本体の両方を損なう可能性があるという明確な警告がある。

 spen 2 Galaxy Note5のユーザーガイドの警告

 Android PoliceはSamsungに対し、S Penのデザイン変更などでこの問題に対処する意向があるかどうか問い合わせているとしている(本稿執筆現在、返答はない)。


関連キーワード

Galaxy Note 5 | Samsung | ペン | タッチペン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.