ニュース
» 2015年08月28日 19時39分 UPDATE

KDDI、IoTを活用したインテリア雑貨を10月発売 LEDで天気が分かる「傘立て」など

ごみだしの日が分かる「ゴミ箱」も。スマホとのBluetooth接続が必要。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは10月下旬より、スマホと連携して使用するIoTを活用したauオリジナルのインテリア雑貨を「au WALLET Market」で発売すると発表した。

photo 「ゴミ箱(Dust bin)」(左)と「傘立て(Umbrella stand)」(右)

 第1弾は、スマホと連携して外出前に傘が必要かどうか知らせてくれる「傘立て(Umbrella stand)」と、忘れがちなごみ収集日を光ってお知らせしてくれる「ゴミ箱(Dust bin)」。共にFOX製で、JIN KURAMOTO STUDIO主催の倉本仁氏がデザインを担当。カラーはホワイトとグレーの2色を用意した。

photo 「傘立て(Umbrella stand)」
photo 「ゴミ箱(Dust bin)」

 専用アプリの「Mono Manager」で地域やごみ収集日を設定しておけば、Umbrella standは天気予報に合わせて傘が必要かどうかを、Dust binはごみだしが必要かどうかをLEDの色で伝えてくれる。スマホとはBluetoothで接続し、通信範囲は3メートル以内。ユーザーが近づくとLEDが光るという仕組み。

関連キーワード

スマートフォン | IoT | インテリア | 雑貨 | au WALLET


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.