ニュース
» 2015年09月29日 13時00分 UPDATE

iPhone 5sからiPhone 6s/6s Plusへの乗り換えで安いのは?――3社の料金プランを徹底比較 (1/2)

iPhone 6s/6s Plusを取り巻く料金プランやキャンペーンは多岐にわたる。果たしてどのキャリアのどのプランが安いのか? iPhone 5sから乗り換えることを前提にして比較してみた。

[小林誠,ITmedia]

 9月25日に「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が発売された。毎年恒例だが、このタイミングに合わせて、各キャリアが新しい料金プランやキャンペーンを発表する。しかし各社複数の料金プランがあるうえ、適用条件にも違いがある。2015年のiPhone料金比較は「機種変更」と「MNP」に絞り、3社の最安プランをチェックしていく。果たしてどのキャリアが安いのか?

photo 「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」

 3キャリアが提供している料金プランやキャンペーンは多岐にわたり、ザッと見ただけではどこが安いのかが分かりにくい。というわけで2015年も3キャリアの比較表を作成した。今回は比較する要素を絞り「iPhone 5s(16Gバイト)のユーザーがiPhone 6s/6s Plus(64Gバイト)に機種変更・MNPする場合」の料金を比較する。

 当然ながら下取り、購入するiPhoneの容量が違えば、結論も変わる。また家族でデータ通信の容量をシェアする、通話定額の要不要など、使い方によっては別の料金プランの方が安くなる場合がある。

 表では、iPhone 6sとiPhone 6s Plusそれぞれで、最も安いキャリアの料金に赤いマーカーを引いている。

機種変更時の本体価格と実質価格

 まず機種変更のケースを比較していく。なお、表に明記したそれぞれの価格は税込だが、消費税は利用料の合計額に課されるので、実際の請求額とは異なる場合がある。

 iPhoneの本体価格、実質価格は以下の通り。

iPhone 6s/6s Plusの端末価格(機種変更)
NTTドコモ au ソフトバンク
iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus
本体価格 9万9792円 9万9792円 9万7080円 10万9920円 10万6560円 11万9520円
実質価格 3万8880円 5万1840円 3万8640円 5万1480円 3万8520円 5万1480円

 一括払いで買うのならauのiPhone 6s、ドコモのiPhone 6s Plusが全モデルとも10万円未満なので、初期の負担が若干は和らぐ。各社の毎月の割引を加味した実質価格を比較すると、ソフトバンクが2機種とも安い。auはiPhone 6s Plus(の機種変更)ならソフトバンクと同額だ。

毎月の料金プランではauのスーパーカケホが安い

 続いて各社の最安料金プランを見ていこう。キャリアによっては、1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題になる新しい料金プランが安いとは限らないことが分かる。

料金プラン比較
NTTドコモの最安プラン auの最安プラン ソフトバンクの最安プラン
基本料金 カケホーダイ 2916円 スーパーカケホ 1836円 ホワイトプラン 1008円
インターネット接続料 spモード 324円 LTE NET 324円 S!ベーシックパック 324円
データ定額 データSパック 3780円 データ定額3 4536円 パケットし放題フラット for 4G LTE 6156円
24カ月合計 7020円 6696円 7488円

 3キャリアで1番安い料金プランは、KDDIが開始したばかりの「スーパーカケホ」+「データ定額3」の組み合わせが最安だ。

 しかしドコモでは新しいカケホーダイライトではなく、「カケホーダイ」+「データSパック」の組み合わせが安いし、ソフトバンクでは「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット for 4G LTE」が安い。

 ドコモとソフトバンクでは新しい料金プランでは、組み合わせられるデータ定額プランが5Gバイト〜(月5400円)と高いため、最安にならない。

3社のキャンペーンを比較 auは下取り+1万円のチャージ!

 iPhone発売に合わせてキャンペーンも始まり、旧iPhoneの下取り額、割引なども変更になる。その比較が以下の通り。

キャンペーン比較
NTTドコモ au ソフトバンク
iPhone 5s下取り金 ゼロから機種変キャンペーン(iPhone 5s)下取り金額 -9720円 スーパー機種変更キャンペーン(iPhone 5s)下取りポイント還元 -2万1600円 機種変更下取りプログラム(iPhone 5s)下取り金額 -2万5560円
機種変更関連の割引 ゼロから機種変キャンペーン(iPhone 5s)月々サポート増額 -1万6200円(675円×24回) スーパー機種変更キャンペーン au WALLETチャージ -1万円 なし
合計 -2万5920円(24カ月分) -3万1600円 -2万5560円

 ドコモの「ゼロから機種変キャンペーン」では、iPhone 5s(全容量)の下取り額が9720円と安いが、iPhone 5sを下取りに出すと、iPhone 6sの月々サポートが1万6200円(675円×24回)増額されるので、トータルで見ると2万5920円引きとなかなかの金額になる。

 auは「スーパー機種変更キャンペーン」を行い、iPhone 5s(全容量)の下取り額をポイント(2万1600円分)で還元し、au WALLETに1万円をチャージする。これで合計3万1600円分になり、3社のキャンペーンでは一番お得だ。

 ソフトバンクは「機種変更下取りプログラム」でiPhone 5s(全容量)を2万5560円で下取り。下取り額自体は一番高いのだが、キャンペーン全体で見るとau、ドコモにかなわない。

2年間のコストを比較すると、機種変更はauが最安

 では最後にiPhone本体の実質価格、料金プランやキャンペーンの割引、下取り額を含め、24カ月分のトータルコストを求めてみた。

トータルコスト比較
NTTドコモ au ソフトバンク
iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus
本体実質価格 3万8880円 5万1840円 3万8640円 5万1480円 3万8520円 5万1480円
基本料金 24カ月時 6万9984円 6万9984円 4万4064円 4万4064円 2万4192円 2万4192円
インターネット接続料 24カ月時 7776円 7776円 7776円 7776円 7776円 7776円
データ定額 24カ月時 9万720円 9万720円 10万8864円 10万8864円 14万7744円 14万7744円
iPhone 5s下取り金 -9720円 -9720円 -2万1600円 -2万1600円 -2万5560円 -2万5560円
下取り関連の割引 -1万6200円 -1万6200円 -1万円 -1万円
24カ月合計 18万1440円 19万4400円 16万7444円 18万584円 19万2672円 20万5632円

 機種変更時のトータルでの最安はauで、iPhone 6sを17万円台で運用できる。iPhone 6s Plusも19万584円で最安だ。続くのがドコモで、機種変更ではソフトバンクが一番高い。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.