ニュース
» 2015年10月02日 22時33分 UPDATE

あ、課金されちゃった……「Apple Music」を解約する方法

うっかり自動更新をオフにし忘れて、課金されてしまった人は要チェック。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが7月1日に提供開始した音楽ストリーミングサービス「Apple Music」は、3カ月間はトライアル期間で料金が発生しないが、Apple Musicの自動更新をオンにしていると、3カ月後に月額980円(税込)の料金が発生する。

 サービス開始当初にApple Musicを使い始めた場合、9月下旬〜10月上旬にかけて自動更新となる。自動更新をオンにしたまま3カ月がたち、気づいたら課金されていた……という人は多いのではないだろうか。かくいう筆者も、9月30日に最初の自動更新が行われた。

 これ以上課金されたくないという人は、Apple Musicの自動更新をオフにしよう。「ミュージック」アプリを立ち上げ、左上の人物アイコンをタップ→「Apple IDを表示」→「購読」の「管理」を選ぶと、毎月課金されるコンテンツ一覧が表示される。ここで「あなたのメンバーシップ」をタップし、「自動更新」をオフにすると、今後は自動課金されなくなる。

 上記の操作は「設定」→「App StoreとiTunes Store」→「Apple ID:(自分のApple ID)」→「Apple IDを表示」→「管理」からも行えるので、覚えておこう。

photophotophoto 気づいたら課金されていたという人も多いのでは(写真=左)。「ミュージック」アプリで「人物アイコン」→「Apple IDを表示」を選択(写真=中、右)
photophotophoto 「Apple ID」→「あなたのメンバーシップ」→「自動更新」をオフにすればOK

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.