ニュース
» 2016年03月07日 11時00分 UPDATE

ドコモ、iPhone/iPadの「Touch ID」を使った生体オンライン認証に対応

NTTドコモが2015年5月から提供しているサービスのオンライン生体認証に、Touch IDを搭載するiPhone/iPadが対応する。対象はiOS 9.0以降を搭載した端末で、別途認証用アプリのインストールが必要となる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは、3月9日からTouch IDを搭載するiPhoneとiPadにおいて、Touch ID(指紋センサー)を利用したサービスのオンライン認証に対応する。

「dショッピング」での利用イメージ 「dショッピング」でのTouch ID認証の利用イメージ

利用方法

 iOS 9.0以降を導入したTouch ID搭載端末に、App Storeで配信される「dアカウント設定アプリ」をインストールすることで利用できる。

 アプリのインストール後、所定の設定をすることによって、各種パスワード(dアカウントパスワード、spモードパスワード、ネットワーク暗証番号)の代わりに、Touch IDに登録した指紋で認証ができる。対応するWebブラウザはプリインストールの「Safari」のみで、利用できるサービスは以下の通り。

  • 「dアカウント」のログイン
  • 「ドコモオンライン手続き」などにおける本人確認
  • 「ドコモ ケータイ払い」「dケータイ払いプラス」「spモード コンテンツ決済」の認証(3月下旬対応予定)

 ドコモ以外が販売するiPhone/iPadでも、アプリをインストールすることで、対応サービスにおいてTouch ID認証を行うことができる。

 このアプリには、かんたんログイン機能(対応サービスに限る)、dアカウントの2段階認証設定機能、dアカウントの利用履歴確認機能も搭載されている。これらの機能はTouch ID非搭載のiOS端末でも利用可能だ。

ドコモサービスの生体認証

 ドコモサービスのオンライン生体認証は、FIDO Allianceが定める「FIDO UAF 1.0」に準拠している。ドコモは2015年5月27日から、一部の生体認証機能を搭載するAndroidスマートフォンで生体認証への対応を開始している。同社は、FIDO Allianceにボードメンバーとして加入し、パスワードレスのオンライン認証の普及に努めている。

 3月9日から配信するiOS用のdアカウント設定アプリは、FIDO UAF 1.0に準拠したものとなる。ドコモはこの取り組みを通して、生体オンライン認証のさらなる普及を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.