レビュー
» 2016年04月11日 13時11分 UPDATE

強化ガラスとも併用OK――KODAWARIのiPhone 6s/6向け耐衝撃ケースを使ってみた

KODAWARIから、強化ガラスフィルムと相性がよく衝撃にも強い、PATCHWORKS製のiPhone 6s/iPhone 6用ケース「LevelPro」「Level 1 Case」が販売されている。各製品の使い心地をチェックしてみた。

[島徹,ITmedia]

 強化ガラスフィルムや質感の高いケースを販売するKODAWARIのPATCHWORKSブランドから、強化ガラスフィルムと相性がよく衝撃にも強いiPhone 6s/iPhone 6用ケース「LevelPro」「Level 1 Case」の2種類が販売されている。※価格はSHOWCASE Onlineのもので、いずれも税別。

KODAWARI iPhone 6s/iPhone 6用ケース「ITG Level PRO case」(左)、「ITG Level 1 case」(右)

 近年、ディスプレイを保護する強化ガラスフィルムが人気を集めている。従来のPET製フィルムよりも傷が付きにくく、触感の良さも魅力だ。だが、強化ガラスムは0.3ミリや0.4ミリなどやや厚く、薄型のスマホケースだと強化ガラスの部分をうまく保護できない場合がある。

 そこで「ITG Level PRO case」と「ITG Level 1 case」をオススメしたい。この2つのスマホケースは強化ガラスフィルムの装着を前提に、iPhone周囲の曲面部分を強化ガラスよりも約1ミリ高いバンパーで保護している。もし衝撃を受けても、回りのバンパーによりガラス部分が直撃を受けにくい構造だ。

KODAWARI 0.33ミリの強化ガラスフィルムを装着した状態のアップ。厚めの強化ガラスを、周囲の高いバンパーで保護している

 iPhone本体も、硬質なポリカーボネートとソフトなTPUの2重構造による、米軍の物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性能で保護してくれる。耐衝撃ケースだがシンプルな形状で、しっかりiPhoneを保護するこだわりを持って作られたケースといえる。

KODAWARI ITG Level PRO caseとITG Level 1 caseともに、外側は硬質なポリカーボネート、内側はソフトなTPUの2重構造。内側には衝撃を吸収する網目状のパターンが入っている

ITG Level PRO case:カード収納に対応、Suicaも使える

 では、各製品の使い心地をチェックしていこう。ITG Level PRO caseは、背面にカードを1枚収納でき、ストラップホールも備えたモデル。前述の通り、強化ガラスフィルムに対応した形状と、米軍軍事規格のMIL-STD 810G-516.6を取得した耐衝撃性能を備えている。

KODAWARIKODAWARI ITG Level PRO case

 手で持つ部分はマット加工かつ硬質のサラッとしたポリカーボネート素材だが、内側が柔らかいTPU素材の二重構造なので、握ったときのグリップ感は悪くない。ただ、横幅が77ミリ(実測)と広く、もとのiPhone 6s(横幅67.1ミリ)と比べるとやや大きく感じる。

 価格は3100円。カラーはブラック、ホワイト、サンド、レッド、ピンクの5色。ピンクのみ、直売のWebサイトまたは直売店のSHOW CASE限定カラーとなる。

※初出時に価格に誤りがありました。おわびして訂正いたします(4/12 19:00)。
KODAWARI レッド、ブラック、ホワイト、サンド、ピンクの5色

 カードスロットはSuicaなど交通系非接触ICカードでの利用を想定している。改札などでスムーズに認識できるよう、iPhone側に挟んでおく「読み取りエラー防止シート」も付属している。

KODAWARI カードを1枚収納できる。Suicaなどの交通系ICと付属の「読み取りエラー防止シート」を組み合わせれば、改札でも快適に使える

 背面のスリットにカードを挿すと、iPhoneスタンドになる仕組みも搭載。カードを縦に挿すか横に挿すかで角度も変えられる。自宅や新幹線などで動画を楽しみたいときに便利だ。

KODAWARI iPhoneを横画面で立たせられる、カード用スリットも搭載

 ストラップホールは硬質なポリカーボネートとソフトなTPU素材の両方を貫く形で、本体下部の左右に配置されている。ヘッドフォン端子やLightning端子の回りにはスペースが空いており、大半の周辺機器はそのまま接続できるだろう。

KODAWARI 本体下部にはストラップホールを搭載。端子回りのスペースは広く空いている

ITG Level 1 case:スリムさと耐衝撃を両立

 ITG Level 1 caseは、前述の強化ガラスフィルムに対応した形状と、米軍軍事規格のMIL-STD 810G-516.6を取得した耐衝撃性能を備えたシンプルなケースだ。

KODAWARIKODAWARI ITG Level 1 case

 横幅が約71ミリ(実測)と、耐衝撃モデルながらも一般的なスリムケースと同サイズを実現。iPhone 6sは67.1ミリなので、左右約2ミリずつしか変わらない。重量も33グラム(実測)と耐衝撃ケースとしては軽量だ。

 価格は2500円。カラーはブラック、ホワイト、サンド、レッド、ピンクの5色。ピンクのみ、SHOWCASE Onlineまたは直売店のSHOWCASE限定カラーとなる。

KODAWARI レッド、ブラック、ホワイト、サンド、ピンクの5色

 側面の握る部分は軟質のTPU素材。表面にシボ加工風のラフテクスチャーが施され、握り心地が良くグリップ感があり落としにくい。ヘッドフォン端子やLightning端子の回りにはスペースが空いており、大半の周辺機器をそのまま接続できる。

KODAWARI ケース側面には立体的なラフテクスチャが施されている
KODAWARI 端子回りのスペースは広くとられている

 スリムさに加えて耐衝撃性能と持ちやすさを両立。iPhoneを守りつつ、スリムで持ちやすいケースを求めている人にオススメしやすい一品だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう