ニュース
» 2016年04月22日 16時43分 UPDATE

KDDI、IoT機器の開発を支援する技術情報サイトを公開

検証体制がないデバイスメーカーや開発者でも、IoT製品や技術が開発しやすくなる。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは4月22日、デバイスメーカーや開発者向けの技術支援サイト「au OPEN DEVICE DEVELOPER SITE」をオープンした。

au OPEN DEVICE DEVELOPER SITE 「au OPEN DEVICE DEVELOPER SITE」のスクリーンショット

 同社のネットワークを利用するIoT(Internet of Things)機器を開発しやすいよう、無線接続に必要な情報や相互接続性試験(IOT)の手順や評価環境なども公開する。検証体制がないデバイスメーカーや開発者でも、新たな製品や技術が開発しやすくなるという。相互接続性試験を通過したデバイスについては、IoT向けや開発用モジュールだけでなく、SIMロックフリーのスマートフォンやタブレットも掲載する。

相互接続性試験(IOT)の手順 相互接続性試験(IOT)の手順など

 またLTE UE カテゴリー1(Cat.1)対応のQualcomm製チップセットおよびAltair Semiconductor製チップセットが、KDDIのネットワークに対応したことを発表した。どちらも低コストかつ低電力でIoTデバイスにも組み込みやすい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう