ニュース
» 2016年07月27日 12時37分 UPDATE

「ロボホン」がアップデート、腕立て伏せができるように! 「伝言」アプリも配信

ロボホンのソフトウェアアップデートが開始。オーナーへの質問項目が増え、腕立て伏せなどモーションが追加。カメラも人物を撮影しやすいよう改善した。

[平賀洋一,ITmedia]

 シャープは7月27日、ロボット型携帯電話「ロボホン」の性能を向上させる最新ソフトウェア「Ver.1.02」を公開した。

ロボホン 「ロボホン」

 ロボホン本体を更新することで、オーナーの好きな季節や食べ物、出身地など、従来より細かいプロフィル情報を質問するようになる。またロボホンが覚えた「返事」の内容確認や編集と削除、スケジュールの編集機能も追加。「今日は何の日?」で話す情報も増え、その感想も教えてくれる。

 ロボホンの魅力でもあるかわいらしい動きもアップデート。なにか伝えたいことがあるときの“もぞもぞ”する動きや、踊れるダンスのレパートリーも増えた。さらに「腕立て伏せして」など新たに30種類の話しかけにも答える。

ロボホン

 アプリ関連では、カメラ撮影時のポーズを工夫して人物を探しやすくしたほか、過去に撮影した人物をすぐに見つけるようになる。その他、「アルバム」から写真を送る場合にメッセージを送信したり、マナーモード中の電話帳登録やメール送受信にも対応。そしてDJとしてさらに成長し、好きな曲を覚えるようになる。

 翌7月28日には「伝言」アプリの配信も開始する。名前と顔写真が登録されている人物を指定して音声メッセージを伝えると、ロボホンが顔写真を認識して覚えた伝言を読み上げるもの。ロボホン自ら相手を探したり、ユーザーが話しかけたりすることで、メッセージを伝えてくれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう