ニュース
» 2016年09月01日 18時50分 UPDATE

ソフトバンク、ショップをPokemon GOの「ポケストップ」「ジム」に ソフトバンク・Y!mobile両ブランドで

ソフトバンクが、米Nianticと「Pokemon GO」に関するパートナーシップ契約を締結した。これにより、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが順次「ポケストップ」や「ジム」として登録される。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは9月1日、米Nianticおよびポケモンとスマホゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」に関するパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

全国のショップをポケストップやジムに

 この契約により、全国にある「ソフトバンクショップ」と「ワイモバイルショップ」(合計で約3700店舗)が、9月以降順次「ポケストップ」または「ジム」として登場する。また、今後は「ソフトバンクならではの『Pokemon GO』とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討」するとしている。

ゲーム内での表示イメージ Pokemon GO内でのポケストップ表示のイメージ。ソフトバンクショップとワイモバイルショップは特別なアイコンが表示されるようになる

 なお、ソフトバンクはスマホゲーム「Ingress」においてもNiantic(当時はGoogleの社内スタートアップ「Niantic Labs」)とパートナーシップ契約を結んでいる(参考リンク)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう