ニュース
» 2016年11月17日 21時00分 UPDATE

格安SIM Q&A:「Google Play」「App Store」のコンテンツ代金を、格安SIMの月額料金と一括請求できませんか?

大手キャリアだと「Google Play」での有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金とまとめて払えますよね。「App Store」「iTunes Store」の有料コンテンツの購入代金もau限定ですけど携帯電話料金とまとめて払えますよね。格安SIMでも同じようにできませんか?

[井上翔,ITmedia]

質問

 Androidの「Google Play」の有料コンテンツの購入代金は、大手キャリアの携帯電話料金と一括して支払えます。iPhone(iOS)の「App Stote」「iTunes Store」での有料コンテンツの購入代金も、au(KDDI・沖縄セルラー電話)なら携帯電話料金と一括して支払えます。

 MVNOサービスでは、Google PlayやApp Store/iTunes Storeの有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金と一括で支払う「キャリア決済」のような仕組みはないのでしょうか?

Google Playでのキャリア決済 Androidの「Google Play」では一部を除きキャリア決済できます(画像はNTTドコモの場合)
iPhoneでのキャリア決済 iPhoneでも、auなら「App Store」「iTunes Store」のキャリア決済が可能です

回答

photo

残念ながら、ありません。
(ITmedia Mobile編集部 井上)


 質問の通り、Google PlayはNTTドコモ、au、ソフトバンク・Y!mobileのキャリア決済に対応しています。ただし、決済通貨として「日本円(JPY)」が設定されていない有料コンテンツなど、一部で非対応なものがあります。

 また、iPhoneのApp Store/iTunes Storeでは、現在のところ「auかんたん決済」限定ながらキャリア決済に対応しています。こちらも、一部で非対応の取引があります。

 残念ですが、MVNOサービス(格安SIM)では、Google PlayやApp Store/iTunes Storeの決済を携帯電話料金と一括して請求する仕組みはありません。そのため、以下のいずれかで代替してください。

代替案1:クレジットカード/デビットカードを登録する

 Google PlayやApp Store/iTunes Storeでは、利用するアカウントの支払い方法としてクレジットカードやデビットカードを登録できます。対応しているブランドは以下の通りです。

  • Google Play:Visa/MasterCard/JCB/American Express(AMEX)
  • App Store/iTunes Store:Visa/MasterCard/JCB/AMEX/Diners Club

 登録するカードはクレジットカードをお勧めしますが、「クレジットカードはちょっと……」という場合、デビットカード(VisaまたはJCBブランド)やプリペイドカード(VisaまたはMasterCardブランド)も登録できます。

 ただし、デビットカードやプリペイドカードを登録する場合、以下の点に注意してください。

  • カードの初回登録時にある程度の残高が必要(有効性確認のため)
  • 残高不足の場合は決済できない(「自動融資」「オートチャージ」など、残高不足時のフェイルセーフ機能が付いている場合を除く)
  • 代金の引き落としが二重にかかることがある
  • 返品(キャンセル)や二重引き落としなどで返金がある場合、数日から1カ月程度の時間がかかる
Visaデビットカード クレジットカードを使いたくない場合は、クレジットカードと同じブランドの付いたデビットカードやプリペイドカードも登録可能(写真は三井住友銀行の「SMBCデビット」)

代替案2:専用のプリペイドカードを購入する

 Google PlayとApp Store/iTunes Storeには、専用のプリペイドカードも用意されています。Google Play用のものは「Google Play ギフトカード」、App Store/iTunes Store用のものは「iTunes Card」という名称でコンビニエンスストアやスーパーなどで販売されています。

 以前、これらのカードは決まった金額のものしかありませんでしたが、最近は一部の店舗で1円単位で好きな金額で購入できる「バリアブルカード(Variable Card)」も販売しています。ただし、バリアブルカードは最低購入金額が1500円に設定されています。

 購入後、ストア指定の方法でプリペイドコードを登録すると、他の支払い方法に優先して残高が消費されます。足りなくなったら、またお店に買いに行きましょう。

プリペイドカード Google Playには「Google Play ギフトカード」(左)、App Store/iTunes Storeには「iTunes Card」(右)というプリペイドカードが用意されている。一部の店頭では、購入金額を自分で決められる「バリアブルカード」も用意している

このコーナーについて

「格安SIM Q&A」では、読者の皆様から格安SIMにまつわる質問を受け付けています。「そもそも格安SIMとは?」という初歩的な質問から、「あのサービスの使い勝手はどうなのか」という突っ込んだ質問まで、何でもOKです。編集部で可能な限りお答えします。皆さんのご質問をお待ちしています!


基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう