ニュース
» 2016年12月19日 20時52分 UPDATE

“空の3次元地図”を活用して自律飛行――KDDIが「スマートドローン構想」を発表 (1/2)

KDDIは、プロドローン、ゼンリンと業務提携し、モバイル通信ネットワークを活用するドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を発表。発表会ではスマートドローン活用の期待が語られ、アーム付きドローンの遠隔操作デモも行われた。

[房野麻子,ITmedia]

 KDDIは、産業用ドローンメーカーのプロドローン、地図情報会社のゼンリンと業務提携し、モバイル通信ネットワークを活用するドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を発表した。2017年の商用化を目指す。なおKDDIは、プロドローンが第三者割当増資により発行する株式を3億円で取得している。

スマートドローン構想 左からプロドローン 河野雅一社長、KDDI 執行役員常務 商品・CS統括本部長 山本泰英氏、ゼンリン 上席執行役員 第二事業本部長 藤沢秀幸氏

 KDDIは、“空の3次元地図”を研究開発しているゼンリン、高性能で安定した飛行が可能な産業用ドローンを提供しているプロドローンとともに、インターネット上の3次元地図、運航管理情報などとの連携によって自律飛行するスマートドローンプラットフォームの開発を行う。

 スマートドローンプラットフォームは、ドローン機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成される。モバイル通信ネットワークにつながったドローンの自律飛行や障害物との衝突回避といった飛行ルート管理に加え、ドローンが取得したビッグデータの蓄積・分析が可能なプラットフォームとなる。

 このプラットフォームにおいて、KDDIは人口カバー率99%を超える4G LTEや、将来提供される5Gネットワーク、クラウドサービスなどを提供し、ドローンの遠隔操作や自律飛行を支える。プロドローンは、4G LTEネットワークに接続し、遠隔地からでもフルコントロールが可能な高機能なドローン機体とその制御システムの開発を行う。ゼンリンは、同社が保有している地形・建物情報をベースに空の3次元地図の研究開発を推進。ドローンの自律飛行で機体を安全に誘導するための基盤構築を担う。

 3社は今後、2017年のスマートドローンプラットフォームの商用化に向けて実証実験を行っていく。産業向けには橋などの設備の検査や農業支援、災害救助などのソリューション、コンシューマー向けには撮影サービスなどを提供し、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を推進するとしている。

B2BだけでなくB2Cのサービスも提供したい

 都内・ヒカリエで行われた発表会では、最初にKDDI 執行役員常務 商品・CS統括本部長の山本泰英氏がスマートドローン構想について説明した。

スマートドローン構想 KDDIの山本泰英氏

 ドローンは空撮や測量、農業などさまざまなところで使われているが、現在はまだ、Wi-Fiネットワークなどの限られた空間を、人がコントロールすることで飛んでいる状態だ。山本氏は「(飛べるエリアを)LTEネットワークまで広げると、目視外に行ける。そのときには自律的な動きがドローンにも組み込まれていくはず」と、携帯電話ネットワークにつながることで自律飛行が可能になると説明し、そうしたドローンを「スマートドローン」と命名した。

スマートドローン構想 携帯電話ネットワークにつながる「スマートドローン」になることで、目視外でもドローンの自律飛行が可能になり、活用の可能性が広がる
スマートドローン構想 現在のドローンは限定されたエリアで人が立ち会い操作しているため、エリア外に出ると制御できないが、スマートドローンは4G LTEエリアで飛行制御でき、遠隔地からの操作が可能

 スマートドローンには「機体」「3次元地図」「運航管理」「クラウド」の4要素が要求されると山本氏は話す。機体は通信ネットワークにつながることに加え、雨や風に耐え、鳥などにぶつかりそうになっても、いったん止まって再び動かなければならない。ドローンが飛ぶ際には高さの情報も必要なので、「円ではなく球で捕らえるセンシングが必要。自律飛行を行うには3次元地図が重要」(山本氏)になる。また、将来は複数のドローンが同じ地域を飛ぶことも想定されるので、ぶつからず、効率的に飛ぶための運航管理が必要だ。さらに、ドローンが飛行し、センシング(撮影)したデータをクラウドで分析し、新しいサービスとして提供するとした。

スマートドローン構想 スマートドローンプラットフォームは「機体」「3次元地図」「運航管理」「クラウド」の4要素から構成

 KDDIのインフラも、さまざまな形で提供するという。例えば、基地局に気象観測装置を設置してウェザーニューズとともに情報を提供している「ソラテナ」。これを進化させ、位置確認/衝突回避のアンテナ(ADS-B)も設置して、ドローンに適した情報を提供するという。KDDIの局社をドローンの離着陸や充電ができるポートにする計画もあるそうだ。

スマートドローン構想 ソラテナでドローンに適した情報を提供したり、KDDIの局社をドローンのポートに活用する計画もある

 サービスについては、まずはB2Bのソリューションを提供する。その後、「なんとしてもコンシューマー向けサービスを提供したい」(山本氏)としており、ドローンを活用した新しいビジネスの開発に意欲を見せた。

スマートドローン構想 まずはB2Bのソリューションを提供し、その後コンシューマー向けサービスも提供する

 プロドローンの河野雅一社長は、自社のドローンについて紹介し、プロジェクトに対する意気込みを語った。

スマートドローン構想 プロドローンの河野雅一社長

 プロドローンは、世界で初めて2本のロボットアームを持ち、ドローン自体が直接作業する大型ドローンを開発した産業用ドローンメーカーだ。このほかに、負圧で壁面や天井面に張り付いて検査できるドローン、水中ドローンなど、多彩な高性能ドローンを開発し、世界的に注目されている。

スマートドローン構想 発表会場にはプロドローンの製品が展示されていた。装備されたアームで直接操作ができる大型ドローン
スマートドローン構想 負圧で壁面や天井面に張り付いて橋などを検査できるドローン
スマートドローン構想 水面に着水できる防水型ドローン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう