ニュース
» 2017年05月18日 14時17分 UPDATE

Google I/O 2017:Gmailに「スマートリプライ」導入 返信メールを自動作成

Googleが、返信メールを自動作成してくれる「スマートリプライ」をGmailに導入。機械学習も活用している。まずは英語から対応する。

[田中聡,ITmedia]

 Googleが5月17日(米国時間)、返信内容を自動で作成してくれる「Smart Reply(スマートリプライ)」をGmailに導入したことを発表した。

 スマートリプライは、メール本文の内容に応じて、返信に使うフレーズの候補を3つ提案してくれる機能で、「Inbox by Gmail」と「Allo」アプリで既に提供されている。フレーズを選択した後に本文を編集することもできる。

スマートリプライ Gmailの「スマートリプライ」
スマートリプライスマートリプライ 自動返信のフレーズを選択してから編集もできる

 Inbox by GmailとAlloアプリのスマートリプライでは、モバイル端末の利用で12%の返信をカバーできているという。機械学習も活用しており、ユーザーがよく使うフレーズをベースに提案する。例えば「ありがとう」と「ありがとう!」のどちらをよく使うかで、提案されるフレーズも変わるようだ。

 GmailのスマートリプライはAndroidとiOSで利用できる。まずは英語から対応し、次はスペイン語が対応する。日本語の対応は未定だが、対応言語は拡大していく見通し。

関連キーワード

Gmail | Google | Allo | 機械学習 | Google I/O


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう