コラム
» 2017年06月11日 06時00分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:「iOS 11」にも対応する「iPhone 5s」 2018年秋までは“現役”に

Appleが2017年秋に配信する「iOS 11」は、「iPhone 5s」も対応する。これでOSのメジャーバージョンアップは4回になる。日本では特にうれしい人が多いのでは。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが6月5日(米国時間)に開発者会議「WWDC 2017」で、iOSデバイス向けの新しいOS「iOS 11」を発表した。一般ユーザーには2017年秋にリリースされる。

 Apple Payを使った個人間送金、Siriの翻訳、App Storeのリニューアル、iPad向けの独自機能などトピックは多いが、今回注目したいのは「対応機種」。「iOS 10」ではiPhone 5以降のiPhoneが対応しているが、iOS 11ではどうなるのか。

 AppleのiOS 11プレビューサイトでは、対応機種からiPhone 5と5cが外れ、5sが含まれることが確認できる。

iPhone 5s 「iOS 11」の対応機種

 つまり少なくとも、次の次の「iOS 12(仮)」が出るであろう2018年秋まで、5sで最新OSを利用できることになる。同じサイズの「iPhone SE」が5sの後継機として発売されたため、いよいよ5sも切られるかも……と思っていたが、何とか踏みとどまった。それだけ5sが搭載している「A7」チップの性能が優れているということなのだろう。2013年から2018年まで“現役”でいられるということで、5sは息の長いモデルになりそうだ。

 特に日本では、Y!mobileとUQ mobileがiPhone 5sを現行機種として販売しており、5sのiOS 11対応が決まってうれしく思っている人は多いだろう(Y!mobileとUQもホッとした?)。最新OSにバージョンアップできないと、アプリによっては利用できない場合もあるので、新機能を求めない人にもメリットは大きい。

 ちなみに、「iPhone 4s」と「iPhone 5/5c」も、4回までOSメジャーバージョンアップができた。iPhone 5sが2018年のiOS 12(仮)にも対応すれば、4sと5/5cの回数を抜くわけだが、果たして。

iPhone 5s 「iPhone 5s」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう