Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が実質100円に値下げ

» 2016年11月28日 20時00分 公開
[田中聡ITmedia]

 Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が値下げされている。(価格はオンラインショップのもので、全て税別)

 Y!mobileのiPhone 5sは、11月上旬から値下げされた模様。16GBモデルの一括価格は3万6100円。月額割引は1500円適用され、24回分を引くと0円となる。32GBの一括価格は3万9600円。月額割引は1650円適用され、24回分を引くと0円となる。ただし2モデルとも頭金として100円が設定されているので、実質0円は回避した形だ。

 発売当初、16GBモデルは一括5万8800円、実質2万4000円(プランS)、1万2000円(プランM)、2400円(プランL)。32GBモデルは一括6万4800円、実質3万円(プランS)、1万8000円(プランM)、実質2400円(プランL)だった。今回はプランに関係なく実質100円となる。

 Y!mobileはソフトバンクが運営しているため、総務省が3キャリアに対して要請した「実質0円禁止」の対象となる。これに抵触しないよう、頭金を設けたものと思われる。実際、同社はY!mobileのiPhone 5s発売前に実質0円を中止した経緯がある。ソフトバンク広報部によると、「現時点で総務省から指摘は入っていない」という。

iPhone 5s Y!mobileのiPhone 5s価格(こちらは税込)

 UQ mobileのiPhone 5s(16GB)は11月18日から値下げされた。端末購入アシストを利用すると月額1800円(×24回)となるが、マンスリー割が月額1800円(×24回)適用されるので、24回分を引くと0円に。ただしこちらも頭金として100円が発生するので、実質100円となる。

 端末購入アシストを利用しない場合、一括価格として4万3300円を支払う必要があるが、マンスリー割として月額1800円(×24回)が引かれるので、実質100円は変わらない。

 発売当初の価格は一括5万400円で、実質価格は1万6800円(ぴったりプラン)、4800円(たっぷりオプション)だった。UQ mobileも今回はプランに関係なく実質100円となる。

iPhone 5s UQ mobileのiPhone 5s価格

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー