ニュース
» 2017年06月14日 11時18分 UPDATE

ソフトバンク傘下のSprint、Verizonからのスイッチユーザーに1年無料キャンペーン

ソフトバンク傘下のSprintが、Verizonからの乗り換えユーザー獲得キャンペーンを開始した。Verizonから乗り換えると1年間はSprintのサービスをほぼ無料で使える。Sprintは業界3位の座をT-Mobileと争っている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソフトバンク傘下の米Sprintは6月13日(現地時間)、米Verizonからのスイッチユーザー向けの新キャンペーン「Stop feeling ripped-off by Verizon」(Verizonにぼられていると感じるのをやめよう)を開始した。

 sprint 1

 Verizonユーザーが6月30日までにSprintに乗り換えると、電話番号はそのままに、1年間サービスを無料で享受できるとしている。

 使えるサービスは、LTEでの無制限のデータ、通話、SMS、1080pでの動画ストリーミングや1.5Mbpsまでの音楽ストリーミングなどと、10GBのモバイルホットスポット(使い切ると2Gになり、高速接続を望む場合は1GB当たり15ドルの有料になる)。

 完全に無料なわけではなく、SIMカードは有料(2.99ドル)で、管理料として月額1.99ドルを支払う必要がある。また、自動支払いサービスに登録する必要がある。

 1年のキャンペーン期間終了後は、この自動支払いサービスを通じて通常の料金を支払うことになる。料金は、1回線当たり月額60ドル。

  sprint 2

 乗り換え可能な端末はApple、Google、Motorola、Samsung製の一部のモデルに限られており、乗り換えから4カ月は新しい端末に変えられないなどの制限もある。

 米国のモバイル市場は、Verizon、AT&T、Sprint、T-Mobileの4社が占めており、VerizonとAT&Tが首位を、SprintとT-Mobileが3位の座を争っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう