ニュース
» 2017年09月07日 18時40分 公開

「OCN モバイル ONE」が混雑時の通信速度を改善 9月27日から順次開始

NTTコミュニケーションズは、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の通信速度を改善する取り組みを実施。同社が持つトラフィックコントロール装置の機能を活用し、動画など大容量の通信時にデータ送受信のペースを最適化してネットワークの混雑を緩和する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、9月7日にモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の通信速度を改善する取り組みについて発表した。運用は9月27日から順次開始し、ユーザー側での設定変更や申し込み手続きなどは必要ない。

 同社ではこれまで加入者の伸びに合わせた通信回線の増強、通信開始時の速度を向上する「バースト転送機能」の提供、トラフィックコントロール装置の導入による通信速度やコンテンツ表示時間の改善などの施策を行ってきた。今回は利用が集中する混雑時間帯に「https通信のペーシング」を実施する。

Photo 「https通信のペーシング」のイメージ

 動画視聴など大容量の通信をWebサーバからデータパケット送信する際、混雑時などにはパケット再送が発生してネットワーク全体のパケット量が増大し、通信速度低下の一因となる。そこで、https通信が行わる際に同社のトラフィックコントロール装置を活用し、端末に届くパケットを最適なペースにコントロール。パケットを適切なペースで送出し、再送を抑制してネットワーク全体を流れるパケット量を適切に保つことで、通信速度改善に貢献する。

 また、動画視聴時にはあらかじめ少し先のデータを利用端末側に読み込んでおく「バッファリング」が行われる。その際、トラフィックコントロール装置からパケット送信のペースを調整し、バッファリングデータの量をコントロールすることで、無駄なデータ通信を抑えられる。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう