ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OCN モバイル ONE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MVNOに聞く:
法令改正で攻めの一手に出るmineo 「長期利用特典」「端末値引き」の狙いを聞く
オプテージがmineoで「ファン∞とく」をアップデートする。長期利用特典を復活させたが、囲い込みをするのが狙いではなく、一人一人がニーズに合わせて特典を選べるようにするのが狙い。通信品質「5倍改善」の中身や、端末値引きについても聞いた。(2024/2/21)

PR:ドコモの低容量帯プラン「irumo」をマスター もっとお得&便利になる10のTips集
NTTドコモが提供している料金プラン「irumo」は、単なる低容量帯プランではない。各種割引サービスやオプションサービスを駆使すれば、もっとお得かつ便利に利用できる。今回は、irumoの契約を検討している人に向けたTipsを紹介しよう。(2024/2/14)

スマホ料金プランの選び方:
スマホの低速通信はどこまで使える? 1Mbps/300kbps/200kbpsで検証してみた
どのキャリアも契約したデータ容量を使い切ると速度制限がかかりますが、制限時の最大速度はキャリアやプランによって異なります。この低速通信をうまく活用すれば、料金やデータ容量を大きく節約することも可能です。動画視聴やLINE通話などを試してみました。(2024/1/9)

ドコモが「災害時データ無制限モード」を実施 上限を超えても高速通信可能
NTTドコモが1月2日、能登半島地震で被災したユーザーを対象に、「災害時データ無制限モード」を提供する。このモードにより、利用可能なデータ容量が月間の上限に達しても、速度制限がかからなくなる。「ギガホ プレミア」「5Gギガライト」「ahamo」「irumo」などのプランが対象。(2024/1/2)

Mobile Monthly Top10:
EU指令で「バッテリー交換」が義務化 メリットとデメリットってどう?【2023年を振り返る(8月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。8月はEUにおいてスマートフォンなどバッテリー内蔵デバイスにおいて「バッテリー交換可能な構造」を義務化されることが決まったことに関する考察記事がよく読まれました。(2023/12/27)

dポイント(期間・用途限定)をドコモの通信料金に充当可能に 2024年1月10日から
NTTドコモが、2024年1月10日から「dポイント(期間・用途限定)」を通信料金に充当できるようにする。ドコモの通信サービスを使っている人の満足度向上を高めることが狙いだ。(2023/12/26)

Mobile Monthly Top10:
一部のXperiaに出た“謎の丸いアイコン”(解決済み)/TVチューナーを搭載しないスマホが増えたワケ【2023年を振り返る(7月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。7月はソニーのスマートフォン「Xperia」に出現した“謎の丸いアイコン”に関する記事が1番よく読まれました。(2023/12/26)

Mobile Monthly Top10:
ドコモの新プラン「eximo」「irumo」、名前には慣れましたか?(既存ユーザーの皆さん、そもそも移行しましたか?)【2023年を振り返る(6月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。6月はNTTドコモの新料金プラン「eximo(エクシモ)」「irumo(イルモ)」に関する記事がよく読まれました。irumoについては、特に注目を集めたようです。(2023/12/25)

石野純也のMobile Eye:
激化した2023年のスマホ料金競争を振り返る ドコモのサブブランド対抗/金融連携が新トレンド
2023年は、キャリア各社の料金プランが相次いで改定された1年だった。6月には、楽天モバイルが「Rakuten最強プラン」を導入。ほぼ同時期に、KDDIのUQ mobileも従来の料金体系を刷新した。ドコモがついにサブブランド対抗を打ち出して「irumo」を開始したのも大きなトピックだった。(2023/12/23)

総務省、電気通信サービスの契約数などを公表 トップシェアはMNOがドコモ、MVNOがIIJ
総務省は12月22日に2023年度第2四半期の電気通信サービスの契約数とシェアについて公表した。移動系通信の契約数は2億1567万(前期比で1.3%増、前年同期比で5.0%増:単純合算では3億160万)。携帯電話の契約数は2億1552万(前期比で1.3%増、前年同期比で5.1%増)となった。(2023/12/22)

PR:ドコモの格安プラン「irumo」はオンラインで申し込むのが断然おすすめの理由
大手キャリアは大容量の無制限プランを提供しているが、そこまでの容量は必要ない……そんな人におすすめしたいのが、ドコモの「irumo」だ。irumoは、0.5GBから9GBまでのデータ容量をそろえたプラン。ドコモショップでも申し込めるのが特徴だが、実はオンラインで申し込んだ方がはるかにお得なのだ。(2023/12/18)

ドコモ、irumoの0.5GBプランにMNPで乗り換えると3300ポイントを進呈
NTTドコモは、「irumo」の0.5GBプランに他社からMNPで乗り換えたユーザーに3300ポイントをプレゼントする。0.5GBプランの6カ月分の料金が実質無料になる。なお、OCN モバイル ONEからMNPでirumoに乗り換えた場合はキャンペーン対象外。(2023/12/1)

Mobile Weekly Top10:
1年4カ月で6.6万円引き ハイエンドスマホを買うなら「待ち」がいいのか?
NTTドコモが約1年4カ月前に発売した「Xperia 1 IV SO-51C」が6万6000円引きで販売されています。スペック的には今でも十分ハイエンドであることを考えると、結構“アリ”な選択肢のようにも思えます。(2023/10/28)

MVNOのシェアは「OCN モバイル ONE」が増加傾向に、満足度は「イオンモバイル」「IIJmio」が上位 MMDが調査
MMD研究所が「2023年9月MVNOのシェア・満足度調査」を実施。2023年2月調査と比較して増加したのは「OCN モバイル ONE」のみで、総合満足度やNPSは「イオンモバイル」「IIJmio」が上位となっている。(2023/10/24)

Mobile Weekly Top10:
スマホの料金プランの「値上げ」が相次いでいる? 「セット割」への誘導も
Y!mobileが新料金プラン「シンプル2」を発表しました。一見すると“値上げ”なのですが、他のサービスとのセット割を適用すると従来プランとほぼ同額になるという立て付けです。今後は、そのようなプランが増えるのでしょうか……?(2023/9/2)

格安SIM主要8サービスの通信速度を測定【2023年8月】:IIJmioは7月より回復、昼に1Mbps未満のサービスも
8月も格安SIM各種事業者の通信速度を測定した。ahamoなどのオンラインブランドやUQ mobile、Y!mobileといったサブブランドは安定した速度が出ており、MVNOではIIJmioが安定している。(2023/8/24)

Mobile Weekly Top10:
モバイルバッテリー、大切に使っていますか?
スマートフォンのバッテリー不足に備えて「モバイルバッテリー」を使っている人も多いと思います。しかし、使い方を誤ると寿命が短くなったり、危険な事故が発生する可能性が生じたりします。何に気を付けて使うべきなのでしょうか。(2023/8/19)

ドコモに聞く新料金「irumo」の狙い 矛盾しているように見える仕様にはワケがあった
ドコモが導入した新料金プランのうち、注目度が高かったのが、他社のサブブランドに対抗できる「irumo」だ。一方で、OCN モバイル ONEに料金体系が近かったこともあり、実質的な値上げとの評価も聞こえてくる。サービス開始から約1カ月がたち、どのような傾向が出ているのか。ドコモに聞いた。(2023/8/16)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの新プランへの移行 障害は「dポイント」?/タレック・アミン氏が楽天から去る
NTTドコモの新料金プランは、「長期利用ありがとう特典」の対象外です。このことが、新プランへの移行を阻害している可能性があります。(2023/8/12)

ドコモのパケ詰まりでIIJに「苦情」も/IIJmioは純減も「7月以降は回復している」
インターネットイニシアティブ(IIJ)の2023年度第1四半期の業績は増収減益となった。モバイル事業のうち法人向けサービスは好調だが、個人向け「IIJmio」は昨対比で減収、対四半期比で純減となった。ドコモのネットワーク品質低下の影響も出ているという。(2023/8/8)

スマホ料金プランの選び方:
新規受付終了「OCN モバイル ONE」からの乗り換え先でオススメは? データ容量別に検証
OCN モバイル ONEの新規申込受付が6月に終了した。乗り換えを検討している人も多いと思うが、オススメのキャリアはどれか? 通信量や安定性などに着目して選んでみた。(2023/8/8)

Mobile Weekly Top10:
暑い日が続くとスマホも熱くなります
「熱中症警戒アラート」が発出されるような暑さが続く今日この頃。それを受けてか、スマートフォンの発熱にまつわる記事がよく読まれているようです。(2023/8/5)

Mobile Weekly Top10:
MVNOの通信速度は「お昼」に落ち込む――今でもそう?
MVNOというと「お昼などの混雑時間帯に通信速度が極端に低下する」という話があります。今でも、その傾向に変わりはないのでしょうか……?(2023/7/29)

格安SIM主要9サービスの通信速度を測定【2023年7月】 新規受付停止したOCN モバイル ONEはどう?
格安SIM主要9サービスの通信速度を計測した。7月はOCN モバイル ONEが新規契約受付を終了したことが大きな変更点といえるだろう。(2023/7/25)

OCNモバイル オンラインショップで「moto g53j 5G」「moto g13」発売
OCNモバイル オンラインショップは「moto g53j 5G」「moto g13」を取扱開始した。なお「OCN モバイル ONE」の新規受付は既に終了している。(2023/7/24)

MVNOに聞く:
大半が7GBで収まるのに、HISモバイルが“20GBプラン”を刷新した理由 知名度獲得への秘策も
HISモバイル向けにリニューアルした「自由自在スーパープラン」は、20GBのデータ通信と5分かけ放題が付いている。HISモバイルでは以前から20GBプランを展開していたが、サービス面で、大手キャリアに見劣りしていた。こうした反省を踏まえ、競合他社と互角に戦える料金体系を導入した。(2023/7/18)

Mobile Weekly Top10:
Xperiaの「丸いアイコン」はどうなった?/「OCN モバイル ONE」が終わって
ソニーのスマホ「Xperia」の一部機種で出てくる「謎のアイコン」について、記事がとてもよく読まれています。一方で、NTTドコモの「OCN モバイル ONE」用のエントリーパッケージの払い戻しに関する記事も人気を集めました。(2023/7/15)

石野純也のMobile Eye:
モトローラ「razr 40 Ultra」「edge 40」が示す戦略の変化 “日本仕様”が世界の成功へ
モトローラの最新スマートフォン「motorola razr 40 Ultra」と「motorola edge 40」が7月21日に発売される。これら2機種は、モトローラのラインアップ戦略をテコ入れするためのモデル。razr 40 Ultraはプレミアムモデルとして投入、edge 40は日本市場でのニーズも取り入れた。(2023/7/8)

ドコモが「OCN モバイル ONE エントリーパッケージ」の返金を案内
NTTドコモはOCN モバイル ONEの公式Webサイトで、「OCN モバイル ONE エントリーパッケージ」の返金処理について案内している。ドコモの小容量帯の新料金プラン「irumo(イルモ)」の提供と、OCN モバイル ONEの新規受付停止に伴う措置だ。本パッケージは、パッケージ内に記載されているエントリーコードを使用してOCN モバイル ONEのサービスに申し込むと、初期手数料の3300円(税込み)が無料になる商品だ。(2023/7/7)

きょうスタートの「irumo」、ドコモオンラインショップでは申し込みできず
NTTドコモの新プラン「irumo」「eximo」が7月1日からスタートした。irumoは、小容量ニーズに応えたプランだが、他のプランとの違いがある。それが「ドコモオンラインショップ」での申し込みができない点だ。(2023/7/1)

Mobile Weekly Top10:
ドコモユーザーの皆さん、料金プランを「irumo」「eximo」にしましたか?
7月1日、今日からドコモの新料金プランが始まりました。私はeximoにしようと思っていたのですが、思わぬ“壁”があることに気が付き、ひとまず今日(今月)からの移行は見送ることにしました。(2023/7/1)

スマホ料金プランの選び方:
ドコモの新料金「irumo」のお得度を検証 Y!mobile/UQ mobileより安いケースが多いが注意点も
ドコモが7月1日から提供を始める「irumo」を、他社プランやahamoと比較してみる。最初はあまりいい印象を持っていなかったが、OCN モバイル ONEの後継プランではなく、ドコモの低容量プランと捉えると納得がいきそうだ。(2023/6/29)

「ドコモ解約騒ぎ」にはならなかったけど…… 批判集めた「irumo」「eximo」は何が良くなかったのか
ドコモが6月20日に発表した新料金プラン「eximo(エクシモ)」「irumo(イルモ)」に対して賛否両論が巻き起こっている。現状は批判の方が多い印象だ。(2023/6/28)

残留? 乗り換え?:
ドコモ「irumo」実質値上げに批判の声 転出者はどこへ行く?
NTTドコモが新たな小容量プラン「irumo」(イルモ、3GB/2167円〜)を発表したが、ネット上でも他サービスへの乗り換えを検討する声が複数出ている。移行先候補となるサービスを探った。(2023/6/30)

実は高齢者狙い? 「3GB/880円」物議のドコモ「irumo」、識者はどう見ているのか
NTTドコモが新たな小容量プラン「irumo」を発表した。識者はどう見ているのか。ITジャーナリストの山口健太氏に聞いた。(2023/6/29)

NEWS Weekly Top10:
AIで同人誌を作ってみたら……AIと人間の境界がなくなった?
生成AIをフル活用した同人誌「絶望の居酒屋」を作ってみた。ChatGPTにあり得ない居酒屋メニューを考案してもらい、画像生成AIで絵を生成して、居酒屋メニュー風に編集する……つもりだったのだが、この作業、想像以上に“人力”だった。(2023/6/26)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの新料金プラン「eximo(エクシモ)」「irumo(イルモ)」は名前が分かりづらい? 隠れた注意点もあり
ドコモが7月1日から携帯電話の料金プランを刷新します。その名前からどんなプランなのか想起しづらいことはもちろんですが、もう1つ、隠れた問題点を抱えています。(2023/6/24)

ドコモ販売ランキング:新発売の「Xperia 1 V」がいきなり首位【6月12日〜6月18日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。6月12日〜6月18日の期間は、新発売の「Xperia 1 V SO-51D」が1位を獲得した。(2023/6/24)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの新料金「irumo」を冷静に分析 「分かりにくい」「改悪」以上に大きいインパクト
ドコモが7月1日から新料金プランを提供する。小容量プラン「irumo」の狙いは、UQ mobileやY!mobileといった、他社のサブブランドに対抗することだ。eximoからは、ユーザーのデータ使用量が増加するタイミングに合わせ、ARPUを上げていきたい狙いが透けて見える。(2023/6/24)

ドコモとレゾナントの合併は「公正競争に弊害をもたらす恐れ」 競合3キャリアやMVNO委員会が表明
電気通信市場検証会議(第37回)にて、NTTドコモとNTTレゾナントの合併について、4キャリアとMVNO委員会が見解を表明。その中で「公正競争に弊害をもたらす恐れがある」との意見が出た。ドコモがMVNOとしてOCN モバイル ONEを提供することから、MNOとMVNOの接続情報が目的外で利用される恐れがあるとの指摘もあった。(2023/6/23)

楽天「0円」廃止影響:
MVNO国内シェア 3位「オプテージ」、2位「NTTレゾナント」、1位は?
MM総研は、国内MVNO市場の2023年3月末時点での実績を発表した。(2023/6/23)

本田雅一の時事想々:
意味不明? ドコモ「irumo」の狙いは何なのか
ドコモが発表した新プラン「irumo」と「eximo」。ブランド名だけを聞けば、サブブランドを想起するが、その実態はドコモ本体のブランド名というから驚きだ。一見すると位置づけが意味不明にも思えるが、その狙いは何なのか。(2023/6/23)

新規受付停止「OCN モバイル ONE」の今後は? ドコモの「irumo」に乗り換えるべきなのか
irumoは、NTTレゾナントが提供している「OCN モバイル ONE」の後継に位置付けられるサービス。OCN モバイル ONEはまだ利用できるとはいえ、新規受付を停止したことで、このまま使い続けていいのか不安を感じている人もいるだろう。OCN モバイル ONEとirumoの違い、OCN モバイル ONEの今後についてまとめた。(2023/6/22)

ドコモ、新料金「eximo」のグラフを修正 それでも“分かりづらい”理由
ドコモが6月20日に発表し、7月1日から提供予定の新料金プラン「eximo(エクシモ)」。このグラフなどをめぐって、分かりづらいという声が相次ぎ、ドコモはグラフを修正した。それでも分かりづらい点がいくつかある。(2023/6/22)

ドコモ新プランに皮肉? MVNO日本通信「小さな注意書きで料金分かりにくい」
日本通信公式Twitterアカウントが「小さな注意書きで料金分かりにくい」と投稿し、注目を集めている。NTTドコモが新プラン「irumo」「eximo」を発表した直後だったことから、同社の新プランへの皮肉とみられる。(2023/6/21)

「通信料金が分かりにくいプランはいらないモ〜!」 日本通信、ドコモ新料金に“チクリ” SNSでも「複雑」と不評
「分かりにくい」「実質値上げ」と不評なドコモ新料金。SNSでは一般ユーザーだけでなく、MVNO事業者からも批判の声が。(2023/6/21)

OCNモバイル オンラインショップ、新規契約+セット端末販売も終了 機種変更は継続
OCNモバイル オンラインショップは「OCN モバイル ONE」の新規受付終了に伴い、6月26日11時にセット商品の新規申込受付を終了。これに伴い、6月26日11時〜13時、6月30日14時〜7月3日11時にメンテナンスを実施する。(2023/6/21)

ネットでは「改悪」の声も:
実質値上げ? ドコモ「irumo」発表で「OCNモバイルONE」受付終了 吉か凶か
NTTドコモが発表した新たな小容量プラン「irumo」。自社ブランドがなかった小容量プランを新設した一方、傘下のNTTレゾナントが提供する「OCNモバイルONE」の新規受け付けは終了する。(2023/6/21)

「OCN モバイル ONE」新規受付は26日まで 既存ユーザーにはサービスを継続
NTTレゾナントは20日、NTTドコモとの合併を前に自社ブランドサービスの新規申込受付を順次終了すると発表した。(2023/6/20)

「OCN モバイル ONE」「OCN 光」「050 plus」などの新規受付停止へ
NTTレゾナントがNTTドコモに吸収合併することに伴い、各種サービスの新規受付を停止する。「OCN モバイル ONE」「OCN 光」「050 plus」などが対象。現在のユーザーは引き続きサービスは利用できる。(2023/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。