ニュース
» 2017年09月13日 11時20分 公開

ドコモ、ウェアラブルと番号をシェアできる「ワンナンバーサービス」開始 まずは「iPhone×Apple Watch」から

NTTドコモがスマートフォンとアクセサリ端末で電話番号を共有できるサービスを開始。「iPhone」と「Apple Watch Series 3」の組み合わせから対応する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは9月22日、スマートフォンとアクセサリ端末で電話番号を共有できる「ワンナンバーサービス」の提供を開始する。月額料金は500円(税別)で、初回登録時に別途手数料500円(同)がかかる。

ワンナンバーサービス ワンナンバーサービスのWebサイト

 このサービスを契約し、対応端末でのセットアップを完了すると、スマートフォン(親機)とアクセサリ端末(子機)の両方で同じ電話番号を使って発着信ができる。

 連携している親機・子機は互いに離れていても利用可能。どちらかで発着信操作をすると、他方の端末で発着信ができなくなるが、データ通信は継続できる。ただし、緊急通報(110番、118番、119番)を他方の端末から発信した場合は、先に発着信した端末での通話が強制終了する(緊急通報が優先される)。

 なお、このサービスは国際ローミング中に利用できない。ただし、親機のみ海外に持ち出して国際ローミングをしている場合は子機のデータ通信は利用できる。

ワンナンバーサービスの動作イメージ ワンナンバーサービスの動作イメージ(ニュースリリースより)

 サービス開始当初は、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」以降のiPhone(iOS 11以降へのバージョンアップが必要)と、「Apple Watch Series 3」のGPS+Celluarモデルの組み合わせにのみ対応する。また、利用に当たっては、ドコモが指定する基本プラン、パケットパックとspモードの契約が必要となる。

サービス開始記念キャンペーン

 ワンナンバーサービスの提供開始を記念して、2018年3月31日までに同サービスを申し込むと、登録手数料と180日分の月額料金が無料となるキャンペーンを実施する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう