ニュース
» 2017年10月18日 11時15分 公開

2画面スマホ「M Z-01K」登場 ドコモ発のグローバルモデル

ドコモから再び、2画面Androidスマートフォンが登場する。ZTEとのタッグにより開発されたこの機種は、米国やヨーロッパでも「Axon M」として発売される。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは10月18日、ZTE製Androidスマートフォン「M Z-01K」を発表した。2018年1月以降の発売を予定している。

M Z-01K M Z-01K

 Z-01Kの最大の特徴は、5.2型フルHD(1080×1920ピクセル)液晶を2枚搭載している点にある。動画を見ながらSNSを利用したり、地図を見ながら店舗情報を確認したりと、「2つの画面を同時に見たいというニーズが確実に存在することがユーザー調査から分かった」(ドコモ関係者)ことから、ZTEと協力して開発を行ったという。

 表示は「1画面」「2画面」「大画面」「ミラー(2画面に同じ画面を投影)」の4モードから選択できる。

 1画面モードでは、普通のスマートフォンと同じ感覚で利用できる。使っていない画面をスタンド代わりに使うこともできる。

 2画面モードはOS標準の「マルチウィンドウ」機能を応用して実現している。そのため、同機能に対応するアプリであれば、理論的には2画面モードで使えるという。

 大画面モードでは、2つの画面を2160×1920ピクセルの「6.8型ディスプレイ」として扱うことができる。ドコモ純正アプリでは「dマガジン」と「dブック」が大画面モードへの対応を予定しており、実際の本に近い感覚で読書できるようになるという。

 ミラーモードは同じ動画を向き合って視聴することを想定して搭載した。

2画面モード 2画面モードの表示イメージ。アプリがOSの「マルチウィンドウ」に対応していれば、理論上は2画面モードにも対応できるという

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 820」(CPU部は2.2GHz×2コア+1.6GHz×2コア構成)を搭載する。メインメモリは4GB、ストレージは64GBを備える。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応する。バッテリー容量は2930mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続端子にはUSB Type-Cを採用している。プリインストールのOSはAndroid 7.1だが、後日Android 8.0へのバージョンアップを予定している。カメラは2030万画素のセンサーをメイン画面上部に備えている。

 モバイル通信では、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」に対応しており、下り最大500Mbps、上り最大50Mbps(ともに理論値)で通信できる。VoLTEによる通話にも対応するが、より高音質な「HD+」通話には対応しない。無線LAN(Wi-Fi)は、IEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)に対応する。

 ボディーカラーはBlackのみ。画面を折りたたんだ場合のサイズは72(幅)×151(高さ)×12.5(奥行き)mmで、重量は約230gとなる。

背面 Z-01Kの背面

米国やヨーロッパでも発売

 Z-01Kは、「ZTE Axon M」として米国やヨーロッパでも販売される。大手キャリアでは、米AT&Tが取り扱いを決めているという。

 ドコモが企画した端末が海外で販売されるのは、Z-01Kが初となる。

機種名 M Z-01K
メーカー ZTE
OS Android 7.1(後日Android 8.0へバージョンアップ予定)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820/2.2GHz 2コア+1.4GHz 2コア
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.2型 フルHD TFT液晶×2
解像度 1080×1920ピクセル(2画面時は2160×1920ピクセル)
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 2930mAh(ユーザーによる交換不可)
アウトカメラ 有効約2030万画素CMOS
ボディーカラー Black
サイズ(予定) 72(幅)×151(高さ)×12.5(奥行き)mm
重量(予定) 約230g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう