連載
» 2017年10月27日 20時00分 公開

中古携帯の動向を追う:高く買い取ってもらうためには? 中古スマホ査定のポイント (1/2)

不要なスマートフォンを買い取ってもらいたいけど、分からないことや不安なことがある人は多いのではないでしょうか。今回は、中古スマホ買い取りにまつわる疑問にお答えします。

[粟津浜一,ITmedia]

 端末自体の安さや格安SIMとのセット需要で注目度が上がってきている中古スマホ。注目度に比例して、スマートフォンを買い取り業者に売却するケースが増えつつあります。その一方で、売りたいけど、端末内のSNSデータや写真・動画などの“個人情報漏えい”が怖くて家に置いたまま……という人が非常に多いのも事実です。

 今回は、スマートフォンを売る際に、「個人情報はどうやって消去するのか?」「査定金額はどうやって決まっているのか?」など、誰しもが抱く疑問にお答えします。

 なお、回答内容は携帯市場が運営するWebサイト「スマートフォン買取」と、店舗「携帯市場」の場合です。

Q:スマホ査定の際に何を見ているのですか?

A:外装や動作など10項目を確認しています

1.外装状態

 液晶(メイン、サブ、カメラ)や外装全体、背面カバー、充電端子カバー類などをチェックします。下記の写真で紹介しているような、ヒビや割れ、カバーの損傷などがあると、査定はマイナスになります。

 主なチェックポイントは以下の通りです。

  • ヒビやワレ、カケがないかどうか
中古スマホ買い取り ヒビ
中古スマホ買い取り カケ
中古スマホ買い取り ヒビハゲ
  • キズや塗装剥げの長さ、面積、深さはどうか
中古スマホ買い取り 塗装のハゲ、キズ
中古スマホ買い取り リアカバーキズ
中古スマホ買い取り 液晶キズ
  • 変形していないか
  • カバー類はしっかり閉まるかどうか
中古スマホ買い取り 充電カバーなし
中古スマホ買い取り 充電カバーワレ

2.液晶異常がないか

 液晶に焼けやドット抜け、モヤがないかを見ます。

中古スマホ買い取り 液晶モヤ
中古スマホ買い取り 液晶モヤ

3.水ぬれしていないか

4.機能が保たれているか

 ネオリア製の検品アプリを利用して、以下の性能を調べます。

  • バイブレーション
  • タッチパネル
  • 各種ボタン
  • スピーカー
  • マイク
  • イヤフォンジャック
  • Wi-Fi
  • 防水
  • カメラ

5.バッテリー

 バッテリーについては、以下の4点を調べます。

  • バッテリーのふくらみ
  • バッテリーに異常(急に残量が減少しない)
  • 充電できるか
  • 充電端子にグラつきがないか

6.正常動作

 システムが検品中に落ちるか、おかしな挙動をしていないかを確認します。

7.各種ロック

  • お任せロック
  • パスロック
  • アクティベーションロック
  • Google IDなどによるアカウントロック

 などのロックがかかっていないか。未解除の場合、お客さまに解除をお願いしています。また、暗証番号を聞いて、工場出荷時に戻せるか(ファクトリーリセット)もチェックします。

8.おサイフケータイ

  • 使用履歴が残っていないか
  • 端末にひも付けされていないかどうか
  • 残高が残っていないか

 を確認。何か問題があればお客さまに連絡し、移行手続きや削除をお願いしています。また、おサイフケータイがロックされていないかもあわせて確認しています。

9.ネットワーク利用制限

 通話(着信含む)や通信の利用が制限されていないかを、買い取り対象の製造番号(IMEI)から確認します。

 自分の端末に制限が掛けられているかどうかは、各キャリアのネットワーク利用制限確認サイトから確認できます。

 制限の状態は、「○」「△」「×」「−」の4種類で表示されます。

  • 「○」……端末代金(割賦)の支払いが完了
  • 「△」……端末代金(割賦)の支払い中
  • 「×」……端末代金(割賦)の支払いが滞っている、または盗難品か不正契約のいずれか
  • 「−」……修理などによる交換のため、製造番号が登録外の可能性あり

 「△」は「×」に変わる可能性があるため、買取していない業者が多いですが、携帯市場では買い取っています。

10.SIMカード、外部メモリの残存確認

Q:どうすれば高く買い取ってもらえますか

A:端末の外装状態が査定金額に大きく関係するので、なるべくキズを付けないようにしましょう

 カバーやフィルムを使うのが有効ですが、外装を覆うカバーや、多少落としても端末本体にキズや破損しない丈夫なカバーがおすすめです。

 あとは、9で説明したネットワーク利用制限サイトの表記が△より○の方が高く買い取れます。〇の方が5000円高い機種もあります。そのため、まだ割賦の支払いが残っている人は、残りの残債を支払い、各キャリアのサポートセンターに契約電話番号と契約製造番号(IMEI)を伝えて、△から〇に変更してもらうのがコツです。

 また、暗証番号や各種IDが不明やFeliCa利用履歴があると、通常査定価格から減額になってしまいます。販売前に、暗証番号やパスロックなどの初期化やおサイフケータイ履歴削除を行うと、結果的に減額になりません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう