連載
» 2017年10月28日 10時00分 公開

防水なのにハイスペック! PRIMEシリーズ初号機「F-01A」(懐かしのケータイ)

薄型の回転2軸ボディーにIPX5・IPX7等級の防水性能を備えた「F-01A」。防水ケータイ初の3.2型のフルワイドVGA液晶やタッチパネルを搭載し、ハイスペックな防水ケータイとして人気を集めました。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモの富士通(現・富士通コネクテッドテクノロジーズ)製ケータイ「F-01A」です。

「F-01A」(閉じた正面)
「F-01A」(開いた正面) 「F-01A」

 F-01Aは、ドコモの2008年冬モデルとして登場しました。IPX5・IPX7等級の防水性能、タッチパネル、ワンセグ、520万画素カメラ、Bluetoothなどを備えた回転2軸スタイルケータイです。

 防水ケータイといえば「機能を抑えている」というイメージがありました。しかし、F-01Aは3.2型フルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶、タッチパネルや指紋認証センサーを防水ケータイとして初めて搭載し、そのイメージを払拭(ふっしょく)しました。

「F-01A」(閉じた背面)
ひねった様子

 タッチパネル操作は、メインディスプレイを表にした「ビューアスタイル」時に行えました。横画面用のメニュー画面から、カメラやワンセグといった横画面で便利な機能を起動できました。

ビューアスタイル ビューアスタイル(写真)を使うと横画面で便利な機能を使えた

 ドコモでは、2008年冬モデルからシリーズの分類をハイエンドの「PRIME」、デザイン性の「STYLE」、薄型・軽量の「SMART」、スマートフォンを中心とした高機能モデルの「PRO」の4種類に刷新。F-01AはPRIME シリーズとして最初に発売された端末でした。

「F-01A」の主な仕様

  • 発売日:2008年11月19日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:富士通
  • サイズ:約50(幅)×111(高さ)×17.5(奥行き)mm
  • 重量:約142g
  • メインディスプレイ:3.2型(480×864ピクセル)TFT液晶 16,777,216色
  • サブディスプレイ:1.4型(174×64ピクセル)有機EL 1色
  • アウトカメラ:有効約520万画素CMOS
  • ボディーカラー:ブラック、シャンパン、シアン、ローズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう