ニュース
» 2017年11月01日 13時42分 公開

楽天のMVNO回線数が140万を突破 FREETELと合わせて

楽天が、買収したFREETELの通信サービスを合わせた回線数が140万を突破したことを発表。FREETELブランドは2018年1月に「楽天モバイル」に統合される。FREETELユーザーが手続きをする必要はない。

[田中聡,ITmedia]

 楽天は、買収したプラスワン・マーケティングのMVNO事業(FREETEL)を11月1日に承継。回線数が合計140万を突破したことを発表した。楽天モバイルは2017年8月に100万回線を突破しており、FREETELだけで約40万回線あることが分かる。

 「FREETEL SIM」をはじめとするプラスワンの通信サービスは、2018年1月中をめどに「楽天モバイル」にブランドを統合する予定。サービス内容や料金、キャンペーンなどに変更はなく、現FREETELユーザーは特別な手続きをすることなく継続して利用できる。また11月以降もFREETEL SIMは契約できる。

 統合予定のサービスは「FREETEL SIM」、FREETEL SIMに付帯する通話サービス(FREETELでんわ だれでもカケホーダイ)、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」。

 楽天は今後、「料金プランや『楽天エコシステム』の活用など、さまざまな可能性を模索し、MVNO事業の強化を図っていく」としている。

楽天 楽天のニュースリリース
楽天 楽天のMVNO回線数推移

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう