ニュース
» 2018年06月08日 10時00分 公開

石川温のスマホ業界新聞:6月に突入し、ソフトバンクのテザリング無料キャンペーンも終了――「2カ月延長」が功を奏し、auのような炎上を回避

ソフトバンクの「ギガモンスター」向けテザリングオプションが6月から有料化された。同じ大容量プラン向けテザリングオプションの有料化で大騒ぎとなったauとは異なり、炎上は回避できたようだ。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 今週から6月に入った。

 この業界で2018年6月といえば、ソフトバンクのテザリング無料キャンペーンが終了し、月額500円の有料化に踏み切る、というのが注目であった。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2018年6月2日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額540円・税込)の申し込みはこちらから。


 auが有料化に切り替える際には、ネットを中心に盛り上がり、大いに炎上したのだった。しかし、ソフトバンクに関しては、いまのところ、そうした動きは見られない。

 もともとソフトバンクは、auと同じタイミングである3月31日で無料キャンペーンを終了させるはずだった。しかし、世間の空気を読むのがうまいのか、テザリング無料キャンペーンの終了に対して、風当たりが強くなり始めると、しれっと2カ月の延長を発表。5月末までにしたのが功を奏した。世間はすっかりテザリング無料キャンペーン終了を忘れてしまったようで、何事もなく、有料化に移行しようとしている(請求締め日によっては、導入タイミングが異なる人もいる)。

 auユーザーのなかには、テザリング無料キャンペーン終了の炎上っぷりから、テザリングオプションの解約をしたという人も多いだろう。その点、ソフトバンクでは炎上騒ぎが起きていないことから、テザリングオプションをそのままにしている人が大半だろう。

 ソフトバンクは実にうまいこと、2カ月延長を仕掛けてきたように思う。このあたりは、auの完敗と言えるだろう。

 auはNetflixと組んで、25GBのプランを作ってきたが、ネット上では「動画を見まくるのに25GBでは足りない」という意見がもっぱらだ。Netflixとauでは25GBで100時間、視聴できるというが、ユーザー感覚からすると「動画だけを見るわけではない。普段使いの感覚からすると足りないような気がする」というのが正直なところだろう。

 せっかく、Netflixと組むのだから「ゼロレーティングなプラン」を作ってほしかったが「グレーゾーン」(高橋誠社長)というのであれば仕方ない。ならば、25GBなんていわず、ソフトバンクのウルトラギガモンスターに対抗する50GBのプランを作ればよかったのではないか。しかも、料金はウルトラギガモンスターと同じ7000円。これにNetflixとビデオパスの視聴料をセットにしたプランであれば、ソフトバンクを脅かすプランになったはずだ。さらに、テザリング料金もバンドルしてくれれば言うことない。

 Netflixからそっぽを向かれたソフトバンクと同じ料金プランで、しかもauなら、Netflixの視聴料がバンドルされているというのであれば、インパクトは絶大であっただけに残念だ。

© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう