ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「石川温」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石川温」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
トランプ大統領がファーウェイの制裁措置を緩和――果たして、キャリアはP30シリーズの発売に踏み切るのか
「G20大阪サミット」に伴い、先日来日したトランプ大統領。会見で、ファーウェイに対する制裁を緩和する以降を表明した。米商務省によるHuaweiに対する事実上の禁輸措置に対する今後は予断を許さないが、一刻も早い解決が望まれる。(2019/7/12)

石川温のスマホ業界新聞:
有識者会議で議論のなかった「長期利用割引」にもメス――3年前の「長期利用者を優遇せよ」から一転
総務省が開催している有識者会議において、同省が契約期間に応じたいわゆる「長期利用割引」の規制を打ち出した。「競争を阻害する」ということが理由なのだが、以前は逆に長期利用者を優遇する施策を推進していたはず。つじつまが合わない。(2019/6/28)

新経済サミット TOKYO 2019:
「世界にすぐに追いつける」が「盛り上がるまで数年かかる」――日本における5Gの展望
楽天の三木谷浩史社長が代表理事を務める新経済連盟が、6月20日に「新経済サミット(NEST) TOKYO 2019」を開催。ITジャーナリストの石川温氏と楽天モバイルのタレック・アミンCTOが登壇し、日本における5Gの展開について語った。(2019/6/28)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省がアンケートをもとに「解除料1000円」を密室で議論――果たして、6月18日開催の「最終回」でどんな結論に落ち着くのか
総務省が携帯電話の定期契約の解約金を「上限1000円」とする案を取りまとめているという。非常に重要な会合にも関わらずあえて非公開で行った総務省は何を考えているのだろうか。(2019/6/21)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS 13でマップの表現力が大幅に強化――日本も2020年を目指してバスや徒歩の移動にも対応
WWDC 2019において、iOS 13の概要が発表された。注目は、表現力を増したマップ。日本でも2020年を目標に高精度化を図る予定だ。(2019/6/14)

石川温のスマホ業界新聞:
突然、降って湧いた総務省での「端末割引3万円」議論――「最初から議論していれば、おかえしプログラムは不要説」
総務省が設置している2つの研究会とワーキンググループが合同会合を開いた。大手キャリアやMVNOなどからヒアリングをしていたが、聴取内容は「端末代金の値引き」。なぜ今更端末代金の値引きについて聞く必要があるのだろうか。(2019/6/7)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリアの在庫端末処分には「総務省へのお伺い」が必要――日本のスマホ市場に自由競争は存在するのか
分離プランの徹底に伴い「型落ち端末の在庫処分をどうするのか」という課題が浮上している。何と、現状では総務省に対して「お伺い」を立ててから値下げすることになっているという。総務省がそこまで口出しをする必要はあるのだろうか。(2019/5/31)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがデータ容量制限なしで使い放題「データMAXプラン」開始――5G時代を先取りし、他社を出し抜くファインプレー
auが新料金プランを発表した。注目は2019年夏に提供予定の「原則データ使い放題」なプラン。ただ、競合しそうな既存プランをいくつか残したせいで選びづらくなるというリスクも抱えている。(2019/5/24)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがヤフーを連結子会社化――孫社長「お前が仕組んだと言われるのは嫌だなぁ」
ソフトバンクが、第三者割当増資と株式公開買い付け(TOB)によるヤフーの子会社化を決定した。スキームを子細に見ると、親会社(ソフトバンクグループ)が子会社からお金を巻き上げるという構図が浮かぶが、親会社の孫正義社長は、そういう見られ方をすることを意識していたようだ。(2019/5/17)

石川温のスマホ業界新聞:
経験者が語る「完全仮想化ネットワークにおける障壁」――実用化に必要な「カネと人的リソース」
楽天モバイルが構築する「完全仮想化ネットワーク」。同社は素晴らしいものだとしているが、なぜ今まで既存キャリアは採用してこなかったのだろうか。(2019/5/10)

石川温のスマホ業界新聞:
決算から見えてきた分離プラン導入による「メーカー撤退危機」――NTTドコモは月々サポート廃止で900億円の収益改善
4月末、一部の大手キャリアや端末メーカー(の親会社)が決算を発表した。NTTドコモが導入する「ギガホ」や「ギガライト」といった分離プランの影響で、端末メーカーの事業存続が危うくなる可能性が垣間見える決算も見受けられた。(2019/5/3)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルとクアルコムが知的財産訴訟で和解成立――インテルはスマホ向け5Gモデム開発をギブアップ
特許に関して互いを提訴していたAppleとQualcomm。それが4月17日(現地時間)、和解に至った。一方、Intelはスマートフォン向け5Gモデムの開発を中止することを発表した。「和解」は5G対応iPhoneに向けて大きな一歩だが、「中止」は5Gモデムの寡占化を進める懸念がある。(2019/4/26)

石川温のスマホ業界新聞:
三木谷楽天社長「5Gだからと高くチャージするということはない」――完全分離プラン除外は「許されても、そういう選択肢はとらない」
新規参入の楽天モバイルを含む国内4キャリアの「5G」基地局開設計画が認可された。その免許交付式で、楽天モバイルの親会社である楽天の三木谷浩史社長が囲み取材に応じた。(2019/4/19)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルが「Apple Card」で決済サービスに参入――日本上陸する際、果たして誰がパートナーになるのか
AppleがGoldman Sachs(ゴールマン・サックス)と提携し、iPhoneから申し込めるクレジットカードを米国で発行することになった。日本で発行されるとしたら、提携するクレジットカード会社がサービスの鍵を握りそうだ。(2019/4/12)

石川温のスマホ業界新聞:
「完全分離プラン、楽天は除外」報道で混乱――石田総務相「対象外は極めて限定」の真意はどこに
総務省が推進する「完全分離プラン」。一部で「楽天モバイルネットワークは対象外」という旨が報道されたが、総務省の担当部署が即座に否定。石田総務大臣は「対象外は極めて限定」と発言したが、その真意はどこにあるのだろうか。(2019/3/29)

石川温のスマホ業界新聞:
リユースモバイル(中古スマホ)市場の活性化に向けて前進?――新品が売れなくなることで、中古スマホ市場は縮小しないのか
3月14日、「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第10回会合が開かれた。この回はリユースモバイル(中古携帯端末)関連のヒアリングが行われたが、総務省の政策によって中古端末の供給に不安が出る可能性がある。(2019/3/22)

モバイルフォーラム2019:
5Gに過度な期待は禁物/eSIMはMVNOにとってチャンス
テレコムサービス協会のMVNO委員会が3月8日に開催した「モバイルフォーラム2019」。「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題したパネルディスカッションの前編では、分離プランや接続料の話を取り上げた。後編では、中古市場や5Gについての議論をお届けする。(2019/3/18)

Mobile Weekly Top10:
モバイル業界を変える「分離プラン」が始まる
NTTドコモは2019年度第1四半期に新しい料金プランを発表する予定です。auやソフトバンクはひとまず「静観」をしていますが、内容によっては対抗措置を考えないといけないかもしれません。(2019/3/16)

石川温のスマホ業界新聞:
FMチューナー経由とアプリでラジオを聴ける「ラジスマ」登場――iPhoneにFMチューナーが載る日は来るか?
日本民間放送連盟(民放連)が、「radiko+FM」アプリをプリインストールするFMラジオ内蔵スマートフォンを「ラジスマ」と銘打って訴求し始めた。ラジスマの最大のメリットは、チューニング(周波数)を知らなくてもFMラジオを聴けること。若者向けにこそラジスマが必要だと思うのだが、どうなるだろうか。(2019/3/16)

モバイルフォーラム2019:
分離プランで“端末割引”はどうなる?/接続料によらない仕組みとは?
テレコムサービス協会のMVNO委員会が主催した「モバイルフォーラム2019」では、「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題して関係者によるパネルディスカッションが行われた。前編では、ドコモの値下げや分離プラン、接続料の話題を紹介する。(2019/3/15)

モバイルフォーラム2019:
「分離プラン」への期待と不安要素
MVNO委員会は、3月8日、「モバイルフォーラム2019 〜2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割〜」を開催。総務省の担当者や「モバイル研究会」の有識者、ジャーナリストが講演し、分離プラン導入についてそれぞれの意見を述べた。(2019/3/13)

石川温のスマホ業界新聞:
シェアパック、docomo withの廃止を匂わす吉澤ドコモ社長――高橋KDDI社長「ドコモの分離プランで世の中が変わる」
5G一色だった「MWC19 Barcelona」。5Gといえばやはり気になるのは“通信料金”。すでに安価に使える選択肢があるのに5G普及期に「完全分離プランを導入せよ」という総務省は果たして「正しい」のだろうか?(2019/3/8)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省・モバイル研究会が中古スマホの流速促進に本腰――新品のiPhone7がdocomo withで買える現実
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第9回会合が開かれた。今回は中古スマートフォンの流通について討議が行われたようだが、総務省は市場のスピードについて来れず、対応が後手後手になっているように感じる。(2019/3/1)

石川温のスマホ業界新聞:
販売代理店が「完全分離プラン」の導入に強い危機感――サポート拠点としてのキャリアショップは生き残れるか
総務省の研究会で打ち出された「完全分離プラン」と「代理店届出制」。これらの影響を真っ正面から受けるのが、キャリアと契約してキャリアショップを運営する販売代理店だ。彼らは今、危機感を強めている。(2019/2/22)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「値下げ」 ライバルはどう対抗?/モバイル(スマホ)決済のメリットとデメリット
NTTドコモは2019年4〜6月に料金プランの抜本的な見直しをする予定です。これに対し、KDDI(au)とソフトバンクは、どのように対応していくのでしょうか……?(2019/2/19)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク、NTTドコモの対抗馬は「ワイモバイル」で決まり――KDDIとUQモバイルはどんな戦略を練っていくのか
ソフトバンクが上場後初となる決算説明会を開催。「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドでドコモの料金値下げに対応する姿勢を示したが、これで難しいかじ取りを迫られるのがKDDIとUQコミュニケーションズだ。(2019/2/15)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天・三木谷社長「大規模通信障害、基本的にうちではあり得ない」――クラウドベース最先端ネットワークに自信
楽天の三木谷浩史社長が「新春カンファレンス」で携帯電話事業について語った。「クラウドベースの最先端ネットワーク」に自信を見せる三木谷社長だが、どんなに努力してもダウンしてしまうことがあるのがネットワークだ。(2019/2/8)

「モバイルフォーラム2019」が3月8日に開催 2030年を見据えたMVNOの役割とは?
テレコムサービス協会MVNO委員会が、2019年3月8日に「モバイルフォーラム2019」を開催する。今回のテーマは「2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割」。野村総合研究所の北俊一氏や、スマートフォン/ケータイジャーナリストの石川温氏が基調講演を行う。(2019/2/4)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省の研究会を傍聴して抱く「時代遅れ感」――5GやIoT時代を見据えた議論は期待できないのか
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の議論が進んでいる。有識者の中には「こんな議論でいいのか」という声を挙げる人もいるのだが、それがスルーされる所が厄介。これからIoTや5Gの時代だというのに、本当に「これでいいのだろうか」。(2019/2/1)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「モバイル市場の検討会」パブリックコメントを公開――国民の意見は総務省にとって単なる「校正作業」なのか
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」と「ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの検証に関するワーキンググループ」がまとめた「緊急提言案」に対するパブリックコメントが公表された。販売代理店からの悲痛な叫びなど、中には注目すべきコメントもあったが、総務省としては右から左に受け流しておしまいにするという姿勢のようだ。(2019/1/25)

石川温のスマホ業界新聞:
CESで話題に事欠かなかった「5G」。実は「期待はずれ」――T-Mobileが600MHzで5Gエリア展開するのはアリなのか
主に3.5GHz以上の周波数帯と30GHz以上の「ミリ波」で実験や実用化が進んでいる「5G」しかし米国のT-Mobile USは“600MHz帯”という低い周波数帯で実証実験を進めている。米国の他2社と異なる方針は、「なんちゃって5G」につながる可能性も否定できない。(2019/1/18)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:
発表! 2018年を代表するスマートフォンは?
2017年12月から2018年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」。ノミネート10機種の中から選ばれた1機種を発表します。(2018/12/28)

石川温のスマホ業界新聞:
ファーウェイ製スマホの未来はどうなってしまうのか――キャリアに判断を迫る、アメリカ「国防権限法」
ソフトバンクの上場会見で、宮川潤一副社長(CTO)がHuaweiについて言及した。その言葉は、示唆に富むものだった。(2018/12/28)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:審査員が選ぶ「2018年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月上旬、2018年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」の審査会を開催しました。審査に先立ち、審査員がそれぞれ5機種ずつノミネート候補を挙げました。今回は、委員の皆さんが推薦した機種とその理由を紹介します。(2018/12/22)

石川温のスマホ業界新聞:
海外旅行時のピンチを救う「ドコモワールドカウンター」――4割値下げで先行き不安なサポート体制の行方
NTTドコモがハワイに開設している「ドコモワールドカウンター」。日本からやってきたドコモユーザーのサポートを引き受けている拠点だが、「携帯電話料金を4割下げる」となると、ここがどうなるのか不安になってくる。(2018/12/21)

ノミネート機種は10機種!――「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を今年(2018年)も開催します! まず、今年の選考委員とノミネート機種をご紹介。(2018/12/14)

石川温のスマホ業界新聞:
エリクソンが世界的障害を起こし、ソフトバンク網がダウン――5G、IoT時代に向けて、一抹の不安
12月6日、ソフトバンクが大規模な通信障害を起こした。時を同じくして、11カ国のキャリアでも同様の障害を起こしたという。その原因は、エリクソン製設備の「証明書期限切れ」だった。(2018/12/14)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「完全分離プラン」を求める緊急提言を発表――画一的な料金施策を求めることが競争になるのか
総務省の研究会が「完全分離プラン」の導入を迫る緊急提言案を取りまとめた。「キャッシュバック憎し」の提言を見ると、総務省は10年前の屈辱を晴らしたくて仕方なかったのかと思えてくるほどだ。(2018/12/7)

石川温のスマホ業界新聞:
菅官房長官「4割値下げ」と「ショップの混雑を解消せよ」――ショップの淘汰で、混雑がさらに悪化するのは時間の問題か
菅義偉官房長官が「携帯電話料金は4割値下げできる」という発言に加えて、「ショップの混雑を解消すべき」という旨の発言をしている。ショップの混雑を緩和するには、ショップにやって来るユーザーの“意識”を変え、サポートの有償化も視野に検討しないといけないだろう。(2018/11/30)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省の研究会が「端末購入補助の完全禁止」に本腰――高額キャッシュバックにしか目線が行かない不毛な議論
総務省が「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第3回会合を実施した。「分離プラン」の導入を軸に検討を進めると思われるが、それは果たしてユーザーのための議論といえるのだろうか。(2018/11/23)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク・孫社長が「国内通信事業の4割を配置転換」と発表――5G時代に向けて、通信事業に頼らない組織体制を目指す
世間を騒がし続けている菅義偉官房長官の「携帯電話料金を4割下げる」発言。ソフトバンクグループの孫正義社長は、それに“応える”手段として「国内通信事業の人員を4割削減する」と言いだした。ソフトバンクを通信事業に依存しない企業にしようとしている。(2018/11/16)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモの値下げ発言でMVNO業界に激震――来年の春商戦まで、顧客の流動性に急ブレーキか
NTTドコモが料金プランを見直し、2019年度に月額料金を2〜4割値下げする方針を明らかにした。それで割を食うのは、大手キャリアより割安な料金で訴求するMVNOだ。(2018/11/9)

石川温のスマホ業界新聞:
スマホから補償金を徴収しようとする音楽権利団体――私的複製の標的にされた「スマホのスクショ機能」
文化庁において進む「著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会」という会合。その場でスマートフォンに「私的録音・録画補償金」を適用しようという議論が持ち上がっている。実際に適用すれば、録音・録画しないユーザーからも補償金を取ることになってしまい、不公平感が拭えなくなる。配信中心となった現代において、これで良いのだろうか。(2018/11/3)

石川温のスマホ業界新聞:
カメラが自動で飛び出すOPPO「Find X」が日本上陸――ライバルメーカーも恐れるOPPOの端末戦略
OPPOがフラグシップスマートフォンを日本市場にも投入する。10万円超というSIMロックフリー市場では“高すぎる”スマホは、日本における同社のプレゼンスを高める役割を担っている。(2018/10/26)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがiPhone XRの価格を発表――なぜ、キャリア版がSIMフリーよりも高額なのか
ドコモに続き、ソフトバンクもiPhone XRの販売価格を発表した。各容量ともにAppleの直販価格よりも税込みで1万5000円程度高い値付けで、ドコモのそれよりもさらに高価となっている。(2018/10/19)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省で5G周波数獲得を目指して4キャリア社長がプレゼン合戦――楽天は4G全国展開を待たずに2020年の5G投入に乗り気
総務省が「5G(第5世代移動体通信)」に関する公開ヒアリングを開催した。LTE通信事業の開始に向けて準備を進める楽天ネットワークスは、LTEネットワークの整備を待たずに5G通信サービスも開始する意向のようだ。(2018/10/12)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクは、同社初の分離プランを導入してiPhone XSをリリース――榛葉副社長 「予約の状況は、例年通り順調に推移している」
ソフトバンクが「iPhone XS」「iPhone XS Max」発売に合わせて記念セレモニーを開催。終了後、榛葉淳副社長が報道関係者との囲み取材に応じた。(2018/9/28)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIに続き、ソフトバンクも分離プランでiPhoneを販売――iPhoneの高騰化により、月々の支払いは結局、高くなっていないか
Appleに続いて、3キャリアのiPhone XS/XS Maxの価格が公表された。auに続き、ソフトバンクも端末購入に伴う割引のないプランを主体に販売するわけだが、結果的に月々の負担は増えてしまっている。(2018/9/21)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省・小林政務官が語る「楽天の携帯電話事業参入」――新技術の導入で「大手キャリアの4割引き料金」を実現できるか
総務省の小林史明政務官にインタビューする機会を得た。その中で楽天の携帯電話市場への参入について質問したので、その模様をまとめる。(2018/9/14)

石川温のスマホ業界新聞:
菅官房長官の「日本の携帯電話料金は高い」は説得力ゼロ――総務省の調査後に各社が料金改定。日本は「中位レベル」に
菅官房長官の「日本の携帯電話料金は高い」発言の「波紋」が収まらない。一般誌はそれを受けて「割高」という論調が目立つが、実際によく調べてみるとそうではないことが分かる。(2018/9/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。