ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「有料化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「有料化」に関する情報が集まったページです。

房野麻子の「モバイルチェック」:
楽天モバイルはなぜ「0円廃止」に追い込まれたのか?
楽天モバイルが1Gバイトまで0円を廃止し、有料化。これを好機と、KDDIとソフトバンクは楽天モバイルのライトユーザーの刈り取りを開始。キャンペーンなどで乗り換えを促進している。しかし、ではなぜ楽天モバイルは「0円廃止」に追い込まれたのだろうか。(2022/5/24)

「povo2.0」が“ほぼ0円”で使える? いつもの買い物でデータ容量がもらえる「ギガ活」のユニークさ
楽天モバイルの携帯プラン有料化で注目をあつめるのが「povo2.0」だ。楽天と同じく基本料金は0円だが、高速通信を使うには有料オプションを購入する必要がある。ただし、より安く使う手段も用意されている。それが「ギガ活」だ。(2022/5/21)

楽天モバイル0円廃止に、競合がすぐさま自社アピール ahamo、povo、LINEMO
楽天モバイルが5月13日に発表した「0円廃止」が波紋を呼んでいる。これまで「1Gバイト未満の利用なら0円」をうたって広告し、ユーザーを集めていたが、それから1年少々で有料化したためだ。(2022/5/16)

「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」と三木谷社長 楽天モバイルは4000億円の赤字 有料化で改善へ
楽天グループの三木谷浩史社長が決算発表会で、同日に発表した楽天モバイルの0円プラン廃止について「0円でずっと使われても困っちゃう」と漏らした。今後はポイント還元を手厚くすることでグループ全体のサービス価値向上を狙う。(2022/5/13)

1年で0円廃止 楽天モバイルが強制プラン変更を強いるワケ
楽天モバイルが5月13日に発表した新プラン、「Rakuten UN-LIMT VII(7)」が波紋。今回の問題は、旧プランのユーザーも強制的に新プランに移行となることだ。わずか1年少々で有料化するのは、意図的な不利益変更ではないかという声も。(2022/5/13)

楽天モバイル、1GB未満ゼロ円を廃止 強制新プラン移行
楽天モバイルは5月13日、新プランとなる「Rakuten UN-LIMIT VII」(7)を発表した。従来のプランでは月間1Gバイトまでの利用は無料だったが、こちらを1078円と有料化する。7月1日から実施し、旧プランのユーザーは強制的に新プランに移行となる。(2022/5/13)

「Twitter有料化」がトレンド入り イーロン・マスク氏の買収でTwitter民がつぶやく“期待と不安”
4月25日(現地時間)に、米Tesla CEOで起業家のイーロン・マスク氏がTwitterを買収すると発表して以来、Twitterが今後どうなるのかに注目が集まっている。(2022/4/26)

イーロン・マスクがTwitter買収→「Twitter有料化」がなぜかTwitterトレンド1位に 今のところ新しい有料プランの発表はなし
イーロン・マスク氏によるTwitter買収の余波。(2022/4/26)

アパ、東横イン、帝国ホテルに聞いた:
ホテルのアメニティーはなくなるの? 4月のプラスチック資源循環法施行にむけた各社の取り組み
4月1日にプラスチック資源循環法が施行される。ホテル業界各社はアメニティーを廃止・有料化するのか。アパ・東横イン・帝国ホテルに取材した。(2022/3/28)

存続を危ぶむ声:
お賽銭が消える ゆうちょ銀行「有料化ショック」
金融機関で多数の硬貨を預ける際にかかる手数料について、1月からゆうちょ銀行が導入に踏み切った。大手銀行などが手数料を導入していく中で、手数料がかからないゆうちょ銀は「最後の砦(とりで)」のような存在だっただけに、硬貨を扱う機会が多い店舗や団体からは困惑の声が広がる。(2022/3/4)

つり銭とおさい銭を無償交換「コインチェンジ」 大阪・大東の野崎観音と商店街で
金融機関で硬貨の入金や両替の有料化が進む中、大阪府大東市の慈眼寺と野崎参道商店街が「コインチェンジ」という新たな取り組みを始めた。さい銭の預け入れに苦慮するお寺とつり銭不足に悩む店舗がコストを抑えるため助け合おうという新戦略だ。(2022/2/22)

海外旅行で余ったコインを電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」、日本円硬貨の取り扱い終了へ 小銭両替有料化などの影響で
小銭両替有料化の影響がこんなところにも……。(2022/2/10)

Docker Desktop、無料で使える猶予期間が終了 従業員数250人以上、年間売り上げ1000万ドル以上の組織は有料に
Docker Desktopの料金が変わり、従業員数250人以上かつ年間売上高1000万ドル以上の組織など向けのプランが有料になった。個人利用もしくはスモールビジネス、教育機関、非商用のオープンソースプロジェクトでは引き続き無料で利用できる。(2022/1/31)

PayPayアプリの「ボーナス運用」一部有料化 新コースも開始
 PayPay証券とPayPayは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリ上にて疑似運用体験ができる「ボーナス運用」の一部を有料化した。また新たなコースの提供を開始した。(2022/1/31)

小銭貯金どうすれば:
ゆうちょ銀行の有料化に波紋 森永卓郎氏「『庶民は来るな』と言っているに等しい」
ゆうちょ銀行で、硬貨を入金などする際、枚数に応じて手数料がかかるようになり、小銭の処理方法に困惑する人が続出しているようだ。(2022/1/29)

両替端末「Pocket Change」が長期メンテに 硬貨預け入れ有料化の影響か
Pocket Changeが、現金を電子マネーに変換できる端末「Pocket Change」の長期メンテナンスを始めた。銀行が硬貨の取扱手数料を有料化したことで端末に硬貨を大量投入するユーザーが増え、障害が急増しているという。(2022/1/27)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
とある無料「G Suite」ユーザーが直面した「Google Workspace」課金支払えない問題
実はここに有料化問題に直面している無料「G Suite」ユーザーがいるのです。(2022/1/21)

三菱UFJ銀、通帳有料化 4月から年550円
三菱UFJ銀行は1月18日、紙の通帳に手数料を新設することを発表した。4月1日以降に開設する個人、法人口座が対象。年間550円を課す。ただし、18歳未満と70歳以上の個人口座は対象外とする。(2022/1/18)

ゆうちょ銀行、現金での払い込みを110円値上げ 駅やファミマのATMも特定の時間は有料に
厳しい経営環境などが背景にあります。(2022/1/6)

PayPay、手数料有料化の影響は「極めて軽微」 加盟店の解約数は全体の0.2%
Zホールディングスは、2021年度第2四半期決算を発表し、その中でキャッシュレス経済サービス「PayPay」の決済手数料有料化による加盟店舗の解約数は全体の0.2%であったと明かした。「影響は極めて軽微」だと説明する。(2021/11/2)

PayPay、手数料有料化後も「解約影響は極めて軽微」
PayPayは10月1日以降、中小加盟店の決済手数料を有料化した。PayPayを解約する加盟店が増えることが懸念されていたが、手数料有料化に伴う解約影響は、加盟店数では0.2%、取扱高は0.1%と「極めて軽微」(Zホールディングス)であることが分かった。(2021/11/2)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

レジ袋の有料化から1年 「不便派」と「不便でない派」どちらが多い?
マイボイスコムは、「使い捨てプラスチック製品」に関する調査を実施した。2020年7月に有料化されたレジ袋に対して、「不便派」と「不便でない派」に分かれた。それに伴い、環境問題に関し行動で変化したことや、「使い捨てプラスチック製品」の利用時に意識するようになったことなどを聞いた。(2021/10/4)

PayPayの店舗手数料有料化で“加盟店の離脱”は起きない モバイル決済ジャーナリストが予想する理由
PayPayが10月に加盟店のシステム利用手数料を有料化する。先行事例も踏まえると、有料化による加盟店の離脱はそれほど起きないと考えられる。一方、PayPayが手数料を2%弱に設定したことで、競合他社は決済手数料でもうける戦略をとりにくくなるだろう。(2021/10/1)

「Google ニュースショーケース」日本でも開始 40以上の報道機関が参加、一部の有料記事を開放
Google Japanが報道機関を支援する取り組みとして「Google ニュースショーケース」を日本で始める。40以上の報道機関が参加。媒体ごとに記事が並ぶ新しいUIパネルを採用し、配信する記事やデザインを報道機関側が制御できる。さらに、Googleが負担する形で、一部の有料コンテンツにもアクセスできる。(2021/9/16)

Docker Desktopが有料化へ 従業員数250人未満・年間売り上げ1000万ドル未満の組織などは引き続き無料
Docker社がこれまで無料で提供してきたDocker Desktopの有料化を発表した。従業員数250人未満かつ年間売上高1000万ドル未満、個人利用、教育機関、非商用のオープンソースプロジェクトであれば、引き続き無料で利用できる。(2021/9/2)

Twitterの月額フォロワーサービス「Super Follows」、北米iOSユーザー向けで正式開始
Twitterがユーザー収益化サービス「Super Follows」を米国のiOSユーザーを対象に提供開始した。条件を満たすユーザーは「Super Follow」ボタンを設置し、サブスクユーザーだけが見られる有料コンテンツをツイートできる。(2021/9/2)

決済手数料有料化のPayPay、黒字化への道筋(前編)
 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。(2021/9/1)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

楽天ペイが加盟店向け手数料を実質0円に、期間限定で 有料化控えるPayPayに対抗か
楽天ペイメントが「楽天ペイ」の中小加盟店に設定する手数料を実質0円にするキャンペーンを10月から始める。PayPayが同月から手数料を有料化することを受けた施策とみられる。(2021/8/25)

他社が有料化のタイミングで、決済手数料ゼロにする楽天ペイの狙い
これまで3.24%の決済手数料を堅持してきた楽天ペイが、10月から1年間決済手数料ゼロのキャンペーンに踏み切る。新規登録の年商10億円以下の中小店舗に限り、2022年9月までの1年間、手数料とともに決済金の振り込みも手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンだ。(2021/8/25)

「決済手数料はトントンぐらいでいい」 PayPay馬場副社長が語る加盟店戦略
PayPayが、売上高10億円未満の中小店舗に対する決済手数料を有料化する。1.6%という決済手数料は、アンケート調査から「これぐらいならば許容される」という見込みをもとにした数字だという。この手数料に加え、「PayPayマイストア」をはじめとするサービスで利益を積み上げていく。(2021/8/20)

PayPay、10月から決済手数料有料化1.6%に 他社を大きく下回る
PayPayは、これまで無料としてきた中小店舗向け決済手数料を10月1日から有料化する。月額1980円(税別)の「PayPayマイストア ライトプラン」への加入を条件に、決済金額の1.6%とする。クレジットカードが2.5〜3.75%、他のコード決済が2〜3%程度の手数料を課しているのに比べて安く、競争力を維持する狙いだ。(2021/8/19)

参加費は1人500円:
キリンビール、工場見学を有料化 「過度な飲酒リスクを低減」する狙い
キリンビールは、これまで無料だったビール工場の見学ツアーを1人500円にする。加えて、新たに2種類のオンラインビール工場見学を開始する。「ニューノーマル時代に適した新たな工場見学の体験価値の向上と、過度な飲酒につながるリスクを低減する」狙いだという。(2021/7/30)

1年が経過:
レジ袋有料化は「成功だった」と考える人が「失敗だった」を上回る
レジ袋有料化から1年が経過した。この施策について利用者はどのように考えているのか。2000人に聞いた結果は?(2021/7/10)

家庭ごみ有料化に関する調査:
家庭ごみの有料化が進む地域 3位「中国地方」、2位「九州・沖縄地方」、1位は?
「家庭ごみの有料化」に関する調査が発表された。トップ3の有料化率は70%超えで、最下位の東北地方とは約30ポイントほどの開きがあった。(2021/7/7)

Google フォトの容量無制限終了で考える:
有料になった「Google フォト」を使い続けるメリットとは? 企業の狙いとともに考察
容量無制限が終了した「Google フォト」を使い続けるメリットはあるのか。企業の狙いとともに考察する。(2021/6/11)

auカブコム証券、手数料大転換 1日100万円まで無料、信用金利引き下げ、信用取引手数料有料化
auカブコム証券は7月19日から、売買手数料などの大規模な変更を行う。通常の売買手数料を他社並みに引き下げるとともに、1日100万円までの売買手数料を無料にする。さらに、25歳以下のユーザーについては、手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化する。(2021/6/7)

磯部孝のアパレル最前線:
おしゃれの象徴だったアパレルの「買い物袋」 有料化から1年で各社の対応に差が
2020年7月から全国一斉にレジ袋有料義務化が始まった。導入からおよそ1年が経過し、マイバッグやエコバッグ使用の浸透度合いやアパレル業界の対応、今後の課題感について取り上げてみたい。(2021/6/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「レジ袋有料化」は“天下の悪法”か 次は「プラ製スプーン有料化」で、経済に大打撃
レジ袋有料化からもうすぐ1年が経過しようとしている。どういう理屈で「エコ」になるとしているのか? プラ製のスプーンやフォークが有料化されると、経済に深刻なダメージを与える可能性もある。(2021/5/18)

京急百貨店、紙袋を有料化へ 収益の一部を環境保全活動へ寄付
京急グループの京急百貨店が、紙製の手提袋を有料化すると発表した。(2021/4/30)

Spotify、Podcastの有料サブスクサービス発表 手数料2年間無料(Appleは1年目30%徴収)
SpotifyがPodcastの有料サブスクサービスの開始を発表した。2023年までは手数料無料で、その後は5%。傘下のAnchorのツールでエピソードを簡単に有料化できる。(2021/4/28)

プラスチックスプーンの有料化「賛成」が4割以上 その理由は?
「プラスチック資源循環促進法案」では、プラスチック製のスプーンやフォークの有料化が検討されているようだ。(2021/3/20)

Mobile Weekly Top10:
「ahamo(アハモ)」で使えるサービス、使えないサービス/nuroモバイルも新プラン
NTTドコモが新プラン「ahamo」に関するサービス仕様を明らかにしました。現在spモードで有料コンテンツを使っている人は、特に注意が必要です。(2021/3/8)

ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
NTTドコモが、これまで無料としていた携帯電話料金の請求書や口座振替案内などの書類再発行を有料化する。(2021/2/8)

ドコモが請求書などの再発行を一部を除き有料化 2021年4月請求分から
NTTドコモが、紙の請求書類の再発行を原則有料化することになった。2021年4月請求分から適用され、手数料は新規発行時と同額となる。(2021/2/8)

ついに始まったみずほ銀行通帳有料化 通帳レス口座「みずほ e-口座」も開始
みずほ銀行は1月18日、新規申し込み口座について、紙の通帳の有料化を開始した。併せて、通帳を発行しない「みずほ e-口座」の提供を始める。(2021/1/18)

横浜銀行、紙の通帳を有料化 2月から1100円に Web通帳の利用を促進
横浜銀行が、紙の通帳の発行を有料化すると発表。2月16日以降に口座を新規開設し、通帳を発行した個人には、1100円の手数料を課す。「Web口座」の利用を促進するための施策。(2021/1/8)

石野純也のMobile Eye:
「エリア拡大」「ZERO宣言」でユーザー増も、課題山積の楽天モバイル 有料化までに解消できるか
楽天モバイルの申し込み件数が160万を突破し、徐々にユーザー数が拡大している。自社回線エリアの拡大と各種手数料を無料化した「ZERO宣言」がじわじわと効いている印象だ。エリアについても前倒しで進めているが、不安がゼロになったわけではない。(2020/11/14)

クロス・マーケティング分析:
レジ袋有料化3カ月、それでも買う人は何割か――消費者調査
レジ袋有料化から3カ月。それでも購入する人は何割か。リサーチ会社が消費者調査。(2020/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。