キーワード
» 2007年03月27日 14時00分 公開

アキバで恥をかく禁句ワード Vol.8:スクイズ【すくいず】

PCパーツショップでは、“通”が使うアキバワードにまぎれて、聞いているほうが思わず顔を赤らめてしまう言葉を耳にすることがある。は、恥ずかしー。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

スクイズ【すくいず】(メーカー)

サイズの「忍者plus Revision B」

意味 PCパーツメーカー「Scythe」(サイズ)を指す、と思われる。

解説 子音が連続するメーカー・ブランド名は、間違って読まれることが多く、冷却パーツで有名な「サイズ」も同様に、英語表記の「Scythe」が読み間違いを誘発して、「すくいず」などと口走る人もいるようだ。ちなみに子音の連続以外では、「XIAi」や「XINRUILIAN」のように、単語中の“X”が誤読の原因になるケースもある。

 某ショップは「サイズのロゴマークが英語なので、昔からサイズは“すくいず”や“すくいぜ”と間違って読まれているね。まぁ、すでに誤読自体が有名だから通じるんだけど、語尾の“ぜ”が舌をかみながら発音されていたりすると、ちょっとね……」と語る。

 なお、古くからある誤読はショップの店員さんでさえ“素”で使っている場合もあるが、勝ち誇ったように間違いを指摘すると逆ギレしてくるので気をつけよう。「読みにくい名称を付けるメーカーが悪いんです。日本で売るなら代理店がルビを振るべきです!」(某ショップ)。そ、そうですよね……。

誤用例 客「サイズのクーラーは安いって聞いたんだけど、このスクイゼのやつよりも安い?」 店員「(顔も上げずに)んー、同じくらいです。でもウチは、スクイゼは置いてないんですよ」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう