ニュース
» 2008年01月23日 21時15分 UPDATE

日本だけの3大特典とは?――ASUS「Eee PC 4G-X」説明会

ASUSの「Eee PC 4G-X」には、Eee PC海外版と異なる3つの特典が付加されている。1つは液晶のドット抜け保証、2つはSDHC、3つは……。

[前橋豪,ITmedia]

Eee PCは「モバイルノートPC」ではなく「MID」!?

 ASUSは1月23日、報道関係者を対象に「Eee PC 4G-X」の説明会を開催した。Eee PC 4G-Xは、1月25日に国内で発売されるミニノートPCだ。詳しくは、これまでにPC USERで掲載してきた以下の関連記事を参照してほしい。

tm0801eeepc2_01.jpgtm0801eeepc2_02.jpg 「Eee PC 4G-X」は、ギャラクシーブラック(写真=左)とパールホワイト(写真=右)のカラーが用意されている


tm0801eeepc2_03.jpg 謝青陵氏はEee PCを「子供や女性に使ってほしい」と訴えた

 Eee PC 4G-Xの解説を担当した同社アカウントマネージャーコンシューマープロダクト担当の謝青陵氏は、同製品を「デジタル環境やデジタル体験の世界的な格差を埋める架け橋」であり、「ビギナーでも“学ぶ”“働く”“遊ぶ”が簡単かつ手軽にできる革新的な製品」と紹介。Eee PCは「マニア向けのモバイルノートPC」ではなく、一般層への幅広い普及を狙った新ジャンルの製品「MID」であるとした。MIDはMobile Internet(Communication)Deviceの略語であり、モバイル環境でインターネットに手軽に接続できる小型デバイスを示す。

 そのうえでEee PCの目標は、同社が今後の増加を予想しているポータブルインターネットデバイス(UMPCやPDAも含む)の市場において、代表的な製品になることと述べた。「家庭でゲーム機と言えばWii、MP3プレイヤーではiPod、そしてインターネット(Web 2.0)ならEee PC、といった地位を目指したい」(謝氏)

tm0801eeepc2_04.jpgtm0801eeepc2_05.jpgtm0801eeepc2_06.jpg Eee PCのプロダクトポジション(写真=左)。Eee PCの特徴(写真=中央)。Eee PCの付属品一覧(写真=右)

日本だけの3大特典とは?

tm0801eeepc2_07.jpg 液晶パネルのドット抜け保証は購入後30日以内

 謝氏は、Eee PCの日本版となるEee PC 4G-Xにおいて、海外モデルにはない3つの特典を用意したことにも触れた。1つめは、液晶パネルのドット抜け保証「ZBD」(Zero Bright Dot)サービスだ。これは、購入後に液晶パネルのドット抜け(常時点灯ドット)が存在した場合、購入後30日以内であればASUSが無償で液晶パネルを交換するというもの。ZBDの問い合わせはフリーコールで受け付ける。

 2つめは、4GバイトのSDHCメモリーカードが同梱されることだ。Eee PC 4G-Xは内蔵の4GバイトSSDにWindows XP Home Edition(SP2)をプリインストールしているため、Linuxを採用した海外版と異なり、SSDの空き容量が少ない。そこでデータ保存用に4GバイトのSDHCメモリーカードが追加されている。現状でSDHCメモリーカードの仕様(スピードクラスなど)は不明だ。

tm0801eeepc2_08.jpg Wi-Fineエリアを試用できるキャンペーンも実施

 3つめは、公衆無線LANポータル「Wi-Fine」を無料で試用できる「Eee PC発売記念 Wi-Fi体験キャンペーン」をNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と共同で実施することだ。Wi-FineはNTTBPが提供する公衆無線LAN向けのポータルサービス。キャンペーンは、Eee PCに同梱されている告知チラシに記載されたキーワードを用いてオンラインでユーザー登録することにより、Wi-Fineエリアでのインターネット接続が1日に1回だけ時間制限なく無料で利用できるというものだ。

 Wi-Fineエリアは約700カ所で、都営地下鉄、京浜急行、つくばエクスプレス、ゆりかもめ、近鉄、大阪市営地下鉄、新千歳空港、プロント、ロッテリア、タリーズコーヒー、ケンタッキーフライドチキン、丸の内の一部ビルなどに対応エリア(アクセスポイント数は約1600)が設けられている。

 キャンペーンの内容は、NTTBP代表取締役社長の小林忠男氏が解説。Eee PCの魅力について、「モバイルインターネットデバイスという新たな市場の創造」「子供や女性など幅広い年齢層へアプローチできる製品力」「セカンドマシン/外出先でのモバイルデバイスとしての可能性」を挙げ、「Eee PCがNTTグループのインフラと連携することで新たな市場開拓が期待できる」と両社の提携による効果をアピールした。なお、NTTBPはiPod touchについても同様のサービスを実施している。

tm0801eeepc2_09.jpgtm0801eeepc2_10.jpgtm0801eeepc2_11.jpg NTTBP代表取締役社長の小林忠男氏は、Eee PCのシンクライアントとしての活用法も提案(写真=左)。Wi-Fineエリアでは、ニュースや天気などの共通コンテンツに加えて、企業ブランドや店舗ごとに異なる独自コンテンツを配信可能だ(写真=中央、右)

Eee PCでWindows Liveの新機能を活用

tm0801eeepc2_12.jpg マイクロソフト執行役常務オンラインサービス事業部長の笹本裕氏

 Eee PCには「Windows Live Messenger/Writer/フォトギャラリー/メール」がプリインストールされている。説明会ではマイクロソフトの執行役常務オンラインサービス事業部長である笹本裕氏と、オンラインサービス事業部プロダクトマネージメントグループWindows Liveチームディレクターの小野田哲也氏が登壇。Eee PCで使えるWindows Liveの新機能として「Windows Live Call by ドットフォン」を紹介した。

 これはWindows Live Messenger 2008とNTTコミュニケーションズの050番号によるIP電話サービス「ドットフォン」を組み合わせて、メッセンジャー上で050番号による電話発信が可能になるという機能だ。1つのWindows Live IDに対して1つの050番号を割り当ることで、異なるPCからメッセンジャーを使う場合でも発信できる。月額料金は210円だ(発信のみに対応)。

tm0801eeepc2_13.jpgtm0801eeepc2_14.jpgtm0801eeepc2_15.jpg マイクロソフトオンラインサービス事業部プロダクトマネージメントグループWindows Liveチームディレクターの小野田哲也氏(写真=左)。Windows Live Messenger 2008上で050番号によるIP電話発信が可能な「Windows Live Call by ドットフォン」機能(写真=中央)。Webページ内の電話番号を自動判別し、1クリックで発信できる機能も持つ(写真=右)


tm0801eeepc2_16.jpgtm0801eeepc2_17.jpgtm0801eeepc2_18.jpg 説明会の最後には、女性と子供のモデルがEee PC 4G-Xを持ってステージに登場し、一般ユーザー向けのインターネット接続デバイスであることを改めて強調した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.