ニュース
» 2008年11月05日 14時45分 UPDATE

EIZOもDisplayPort採用へ:ナナオ、DisplayPort搭載の24.1型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan S2432W-H」

「FlexScan S2432W-H」はナナオ初のDisplayPort搭載ディスプレイ。3系統の映像入力や広色域の24.1型ワイド液晶パネル、省電力機能を備えている。

[ITmedia]
tm_0811s2432w01.jpg 「FlexScan S2432W-H」

 ナナオは24.1型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan S2432W-H」を12月10日に発売する。価格はオープン、EIZOダイレクトでの直販価格は9万4800円だ。カラーはセレーングレーとブラックの2色を用意する。

 S2432W-Hは2007年6月に発売された「FlexScan S2431W」の後継機種。新たにDisplayPortの映像入力や、Adobe RGBカバー率96%/NTSC比92%の広色域パネルを採用したほか、製造時にガンマ特性の簡易調整を行うことで個体差による表示バラツキを軽減するなどの強化が図られた。

 映像入力は、DisplayPort、HDCP対応のDVI-D、D-Subの3系統を用意している。DisplayPortを追加したことで、映像と音声の信号をケーブル1本で伝送可能になり、規格上15メートルの長距離伝送にも対応した。そのほか、ダウンストリーム2ポートのUSB 2.0ハブ機能、出力0.5ワット+0.5ワットのステレオスピーカー、ヘッドフォン出力端子も搭載する。

2008年12月11日に一部仕様と発売日の変更が発表されました。DisplayPortの入力端子は省かれ、発売日は2009年1月21日となりました。

 同社が9月に発表した「FlexScan EV2411W-H」や「FlexScan S2402W-H/S2202W-T」と同様、環境と作業者への負荷軽減に配慮しているのも特徴だ。外光センサによる輝度の自動調整機能「Auto EcoView」、輝度に応じた省電力の割合をメーター表示で確認できる機能「EcoView Index」、未使用時に一定時間で待機モードやパワーセーブモードに移行する機能、一定時間ごとに休憩を促すメッセージを自動表示したり、ディスプレイの使用時間を記録する「EyeCare ユーティリティ」を備えている。

 第三者機関の各種環境基準に独自基準を加えて制定した環境基準「EIZO Eco Products 2009」にも適合した製品で、主電源オフ時における消費電力を0ワットに抑えたほか、自社のWebサイトに製品に関する環境関連情報(エコプロファイル)を公開している。消費電力は通常時で最大95ワット、パワーセーブ時で1.5ワット以下、待機時で1ワット以下をうたう。

 24.1型ワイド液晶パネルはVA方式を採用し、1920×1200ドット表示に対応する。主なスペックは、最大表示色が約1677万色(10ビットLUT)、輝度が360カンデラ/平方メートル、コントラスト比が1000:1、応答速度が黒→白→黒16ms/中間階調6ms(オーバードライブ回路搭載)、視野角が上下/左右で各178度だ。

 本体サイズは566(幅)×208.5(奥行き)×456〜538(高さ)ミリ、重量は約10.2キロ。スタンドは上40度のチルト、左右で各35度のスイベル、82ミリ範囲の昇降調整が可能だ。液晶パネル部を右に90度回転させることで、縦位置表示も行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう