ニュース
» 2008年11月21日 13時11分 UPDATE

6万円から:日本エイサー、「Aspire L3600」に18.5型ワイド液晶を付属した低価格モデル

日本エイサーは、スリム型PC「Aspire L3600」シリーズに、アスペクト比16:9の液晶ディスプレイを付属した新モデル2機種を追加する。

[ITmedia]
og_asl_001.jpg ASL3600-A10

 発売されるのは「ASL3600-A10」と、Office Personal 2007付属モデル「ASL3600-A10F」の2機種。発売日は11月22日で、実売価格はASL3600-A10が6万円前後、ASL3600-A10Fが8万円前後になる見込み。

 本体スペックは共通で、CPUにCeleron 450(2.2GHz)を採用、1Gバイトのメモリと160GバイトのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。電源にはACアダプタを使用し、消費電力は135ワット。本体サイズは、60(幅)×200(奥行)×250(高さ)ミリ。

 付属の液晶ディスプレイは、1366×768ドット表示に対応した光沢タイプの18.5型ワイド液晶パネルを採用。独自技術「ACM」により10000:1の高コントラスト比を実現するという。スペックは応答速度が5ms、視野角が上下160度/左右160度。入力端子にはアナログRGB端子を搭載する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう