ニュース
» 2009年04月23日 12時32分 UPDATE

日本HP、国内初の“Athlon Neo”採用のモバイルノート「dv2」など6機種

日本ヒューレット・パッカードは、省電力CPUとなるAthlon Neo MV-40を初採用したモバイルノート「dv2」など2009年夏モデル計6機種を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは4月23日、省電力CPUとなるAthlon Neo MV-40を初採用したモバイルノート「HP Pavilion Notebook PC dv2」(以下、dv2)など計6機種を発表、本日より順次販売を開始する。

photophotophoto dv2(左)、dv7(中)、dv6(右)

 dv2は、12.1型ワイド液晶を内蔵した重量1.7キロの1スピンドル型モバイルノートPCで、省電力CPUとなるAthlon Neo MV-40(1.6GHz)を国内初採用。グラフィックスコアとしてRadeon HD 3410/512Mバイトを標準装備し、HDMI外部出力も備えた。

 メモリはDDR2 2Gバイト、HDDは320Gバイト。光学ドライブはUSB接続型のDVDスーパーマルチドライブが付属する。そのほか、IEEE802.11a/b/g/n(11nはドラフト)無線LAN、Bleutooth v2.0+EDR、30万画素Webカメラなどを内蔵した。バッテリー駆動時間は約3時間15分。OSはWindows Vista Home Premiumだ。価格は7万3500円から(税込み/以下同様)。

 ・価格はNetbook、だけどBD再生もOKな「HP Pavilion Notebook PC dv2」をチェックした

 そのほかノートPCのラインアップには、17.3型ワイド液晶搭載/クアッドコアCPU搭載対応の「HP Pavilion Notebook PC dv7/CT 夏モデル」(以下、dv7)、および16型ワイド液晶搭載のスタンダードモデル「HP Pavilion Notebook PC dv6i」「同 dv6a」(以下、dv6i/dv6a)を追加した。

 dv7は最新のクアッドコアCPUとなるCore 2 Quad Q9000(2GHz)の搭載にも対応したほか、グラフィックスコアにはMobility Radeon HD 4650/1Gバイトを装備したハイスペックモデルだ。dv6i/dv6aは、それぞれIntel製/AMD製CPUを搭載したモデルで、ともにカスタマイズ仕様モデルと固定仕様モデルを用意している。

 価格は、HP Pavilion Notebook PC dv7/CT 夏モデルが13万8600円から、HP Pavilion Notebook PC dv6i/CT 夏モデルが11万1300円から、HP Pavilion Notebook PC dv6a/CT 夏モデルが6万1950円から。固定仕様モデルのHP Pavilion Notebook PC dv6i 夏モデルは7万2450円から、HP Pavilion Notebook PC dv6a夏モデルは6万1950円からとなっている。

 そのほか、Celeron T1600(1.6GHz)搭載/15.6型ワイド液晶内蔵のベーシックノートPC「G61」もラインアップした。固定仕様モデルのみの提供で、価格は6万6150円から。


 また、ミニノートPC「HP Mini 1000」にも夏モデルを追加した。新モデルでは液晶ディスプレイを16:9比の1024×576ドット表示対応10.1型ワイド液晶に変更。ストレージとして32GバイトSSDを搭載したモデル、および80GバイトHDD搭載モデルの計2製品を新たにエントリーしている。そのほかのスペックは従来モデル同様で、CPUはAtom N270、メモリはDDR2 1Gバイトを搭載。OSはWindows XP Home Editionだ。価格は、SSD 32Gバイトモデルが4万7880円から、HDD 80Gバイトモデルが4万9980円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.