ニュース
» 2009年05月27日 12時03分 UPDATE

日本HP、5万円台からのビジネス向けエントリーノート「HP ProBook」

日本ヒューレット・パッカードは、エントリーモデルとなるビジネス向けノートPC「HP ProBook」シリーズ3機種を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは5月27日、エントリーモデルとなるビジネス向けノートPC「HP ProBook」シリーズ3機種を発表、本日より販売を開始した。CTOカスタマイズに対応、価格は「HP ProBook 4510s/CT Notebook PC」が6万4890円から、「HP ProBook 4515s/CT Notebook PC」が5万9850円から、「HP ProBook 4710s/CT Notebook PC」が6万9930円から(いずれも税込み)。

photophotophoto HP ProBook 4510s/CT Notebook PC(左)、HP ProBook 4515s/CT Notebook PC(中)、HP ProBook 4710s/CT Notebook PC(右)

 HP ProBookシリーズは、液晶ディスプレイとして16:9比パネルのワイド液晶を採用したビジネスノートPCで、新機種3製品ともにテンキー付きのフルキーボードを搭載した。

 4510s/CTは、CPUとしてCeleron/Core 2 Duoを選択可能としたモデルで、最大8Gバイトのメモリを搭載できる。液晶ディスプレイは1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵した。

 4515s/CTはTurion X2 Ultra/Athlon X2/Sempronを選択可能とした低価格モデルで、液晶ディスプレイは4510s/CTと同じく1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を装備する。

 上位モデルの4710s/CTは、1600×900ドット表示対応の17.3型ワイド液晶を内蔵し、CPUはCeleron T1600/Core 2 Duo P8100/T9600を選択可能。またグラフィックスコアとしてMobility Radeon HD 4330を利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう