ニュース
» 2009年06月26日 17時04分 UPDATE

ブルレー、重量500グラムを切るタッチパネル液晶搭載UMPC「Viliv S5」

ブルレーは、韓国Viliv製となるウルトラモバイルPC「Viliv S5」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 ブルレーは6月26日、韓国Viliv製となるウルトラモバイルPC「Viliv S5」の取り扱いを発表した。同社直販にて近日発売予定で、販売価格は6万9800円の見込み。

photophotophotophoto Viliv S5

 Viliv S5は、タッチパネル機能を備えた1024×600ドット表示対応4.8型ワイド液晶を内蔵するウルトラモバイルPCで、OSとしてWindows XP Home Editionを導入。キーボード未搭載のコンパクト筐体を採用しており、本体サイズは154(幅)×84(奥行き)×24.4(高さ)ミリ、重量は420グラムとなっている。バッテリー駆動時間は通常利用時で最大6時間だ。

 CPUはAtom Z520(1.33GHz)、メモリはDDR2 1Gバイト、ストレージは1.8インチタイプの60GバイトHDDを内蔵。キー入力は仮想ソフトウェアキーボードを利用可能で、タッチスクリーンによるキー入力を行える。

 無線通信はIEEE802.11b/g、Bluetooth 2.0+EDRを装備するほかGPS機能(SiRF Star 3)も内蔵した。インタフェースはUSB×1、データ通信用のmini-USB×1を搭載、別途ケーブルの利用により外部映像出力にも対応した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう