ニュース
» 2009年07月01日 11時00分 UPDATE

2009年PC夏モデル:NECの新型Netbookが“どこでも自宅PCに”――「LaVie Light Luiモデル」

高性能な自宅のPCを屋外から利用できるネットワークソリューション「Lui」に、「LaVie Light」のボディを採用したモデルが登場。Windows XPを搭載し、単体動作も可能になった。

[ITmedia]
og_lui_001.jpg LaVie Light Luiモデル

 NECは7月1日、サーバボードと専用端末の組み合わせにより、どこからでも自宅のPCを利用できるネットワークソリューション「Lui」シリーズに新モデルを追加した。

 今回発表されたのは、「LaVie Light Luiモデル」と、PCリモーターサーバボード2種類。LaVie Light Luiモデルは、同社のNetbook「LaVie Light BL300/TA」をベースにPCリモーターソフトウェアを組み込んだもので、従来のシンクライアント端末「Lui RN」「Lui RP」がスタンドアロンで動作しなかったのに対し、LaVie Light LuiモデルではWindows XP Home Edition(SP3)搭載のNetbookとしても利用できるのが特徴だ。

 このため、インターネットにつながる環境ではLaVie Light Luiモデルで自宅の高性能サーバPCを操作し、回線がつながらない状況下ではスタンドアロンで作業を行ったり、クライアント側とサーバ側の両方のアプリケーションを同時に実行してタスクの負荷(動画編集はサーバ側/Web閲覧はクライアント側など)によってPCを使い分けるといったことが可能になった。

og_lui_002.jpgog_lui_003.jpgog_lui_004.jpg アーバンメタルシルバーでカラーリングされたボディ。本体サイズは約258(幅)×205.5(奥行き)×27.5〜36.9(高さ)ミリ、重量は約1.32キロ(写真=左)。PCリモータ−ソフト(写真=中央)。自宅のPCの画面をリモートスクリーンで転送し、アナログRGBでプロジェクタに接続して表示することも可能だ(コンテンツ保護のかかったデータを除く)

 LaVie Light LuiモデルのスペックはLaVie Light BL300/TAとほぼ同じで、基本システムにAtom N280(1.66GHz)とIntel 945GSE Expressチップセットの組み合わせを採用し、メモリとHDD容量はそれぞれ1Gバイト/160Gバイト、ネットワーク機能としてIEEE802.11b/g/n(nはドラフト2.0)対応の無線LANと有線LAN、Bluetooth 2.1+EDRを備える。BL300/TAと異なるのは、標準バッテリーが大容量タイプになっている点で、駆動時間が約8.5時間と長いぶん、バッテリーが背面側に張り出し、重量は約1.32キロと重くなっている。カラーリングはアーバンメタルシルバーの1色のみだ。実売予想価格は6万8000円前後。7月9日より発売する。

LaVieLight Luiモデルのデモ
(表示されない場合はこちらから)

 このほか、リモートスクリーンエンジン(画面圧縮専用SLI)を搭載するPCリモーターサーバボードが単体で購入できるようになり、同カードを自宅のデスクトップPCに組み込みPCリモーターと併用することで、手軽にLuiを実現できるようになった。標準ボードサイズの「LU-AC-RB003」とロープロファイルの「LU-AC-RB004」がラインアップされている。価格はともに4万円前後になる見込み。また、従来のPCリモータ−「Lui RN」向けに、UQ WiMAXに対応するソフトウェアの無償提供も行われる。

og_lui_005.jpgog_lui_006.jpg LU-AC-RB003(写真=左)とLU-AC-RB004(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう