ニュース
» 2009年09月24日 13時25分 UPDATE

アドビ、データ管理機能などを強化した「PHOTOSHOP ELEMENTS 8」など2製品

アドビシステムズは、フォトレタッチソフト「ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 8」、およびビデオ編集ソフト「ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photophoto PHOTOSHOP ELEMENTS 8/PREMIERE ELEMENTS 8

 アドビシステムズは9月24日、フォトレタッチソフト「ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 8」、およびビデオ編集ソフト「ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8」の2製品を発表、10月23日より販売を開始する(本日より予約受付を開始)。通常版価格は双方とも1万4490円。2本をバンドリングした「ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 8 & ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8」の通常版価格は2万790円だ(ともに税込み)。

 2製品はそれぞれ、同社製フォトレタッチソフト「PHOTOSHOP ELEMENTS」/動画編集ソフト「PREMIERE ELEMENTS」の最新版。今回のバージョンでは、写真やビデオ映像を一括管理できる共通機能“Elements Organizer”を導入しているのが特徴で、タグ作成や検索などを簡単に行うことが可能となった。

 PHOTOSHOP ELEMENTS 8は、新機能として同一シーンの複数ショットを組み合わせることで露出補正を行える「フォトマージ エクスポージャー」を実装した。Windows版とMac OS版を用意、対応OSはそれぞれWindows XP/Vista/7、Mac OS X 10.4.11〜10.5.8/10.6。

 ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8には、ビデオクリップの問題点を補正できる自動オプションを装備。色彩や光源の問題や音声バランス、トリミングなどを迅速に行うことが可能となっている。Windows版のみを用意、対応OSはWindows XP/Vista/7。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.