レビュー
» 2009年10月29日 11時11分 UPDATE

イマドキのイタモノ:FPSゲーマーにLynnfieldはお買い得? (1/3)

“お手ごろNehalem”のLynnfieldだが、PCI ExpressをCPUに統合するなど、グラフィックス回りも変更された。ゲームユーザーにとってのLynnfieldの存在価値をさぐる。

[石川ひさよし,ITmedia]
kn_lynnsli_22.jpg Lynnfield+Intel P55 Expressの構成とBloomfield+Intel X58 Expressの構成では、グラフィックスインタフェースの実装が異なっている

 LynnfieldとIntel P55 Expressの組み合わせは、BloomfieldとIntel X58 Expressの組み合わせと同じく、2基のPCI Express x16スロットを用いたマルチGPU構成に対応する。インテルプラットフォームですでに対応していたCrossFireXはもちろんのこと、Intel X58 Expressと同様にNVIDIAがライセンスを与えたモデルではSLIもネイティブでサポートする。AMDとNVIDIAのマルチGPUを利用できるプラットフォームというのは、ゲーマーにとって重要なポイントだ。ただ、LynnfieldとIntel P55 Expressのシステムと、BloomfieldとIntel X58 Expressのシステムのどちらを選ぶのかの判断は、実をいうとなかなか難しい。どちらもCrossFireXとSLIに対応可能であるが、グラフィックスカードで使えるPCI Expressのレーン数が異なるからだ。

 LynnfieldとIntel P55 Expressのシステムでは、グラフィックスカードを接続できるPCI Express x16がCPU側に統合された。マルチGPUの構成では、16レーンを2つの8レーンに分けることで対応している。一方、BloomfieldとIntel X58 Expressのシステムでは、CPU側ではなく、従来どおりノースブリッジにあたる(ただ、メモリコントローラがCPUに統合されたため、インテルでは“IOH”Input/Output Hubと呼んでいる)Intel X58 Express側からPCI Express x16が出るが、こちらでは2つの16レーンというフル帯域が利用できる。また、BloomfieldとIntel X58 ExpressのシステムとLynnfieldとIntel P55 Expressのシステムでは、ピン互換でないため、購入後にシステムを変更したいと思ったら、CPUとマザーボードの交換になってしまうため、なおさら、最初の決断が重要になってくる。

 こうした視点からLynnfieldの性能を検証するべく、今回はグラフィックスパフォーマンスに的を絞ってLynfield+Intel P55 ExpressとBloomfield+Intel X58 Expressを比較してみたい。今回用意したCPUは、同じ動作クロック(2.93GHz)のCore i7 940とCore i7 870だ。Core i7 940はすでに市場からなくなりつつあり、そのポジションは、より高クロックなCore i7-950(3.06GHz)にとって替わられたが、ここでは動作クロックをそろえてBloomfieldとLynnfieldによる違いを確認する意味で選択している。

 マザーボードには、Intel X58 Expressを搭載したIntelの「DX58SO」と、Intel P55 Expressを搭載したギガバイトの「GA-P55-UD6」を用いている。GA-P55-UD6は、ギガバイトのIntel P55 Express搭載ラインアップの最上位モデルで、SLIとCrossFireXの双方にネイティブで対応する。6基のDIMMスロットを持つのが特徴で、合計8バンクまで、例えば1バンクのメモリ4枚と2バンクのメモリ2枚という組合せが可能だ。オンボードスイッチや計12ポートと豊富なSerial ATA/eSATAインタフェースなど、機能が充実したハイエンド製品だ。また、グラフィックスカードには、同じギガバイトのGeForce GTX 275搭載「GV-N275UD」を2枚用意した。グラフィックスメモリが定格からオーバークロックされている。

kn_lynnsli_23.jpgkn_lynnsli_25.jpgkn_lynnsli_24.jpg ギガバイトの「GA-P55-UD6」(写真=左)は、PCI Express x16スロットを3基載せているが、3本目のスロットは4レーン接続でのみ動作する。組み合わせるグラフィックスカードもギガバイトの「GV-N275UD」(写真=中央)だ。なお、今回はSLI構築のためにCrosairの850ワット電源「HX850W」(写真=右)も用意した。SLI認証を受けているのはもちろん、80 PLUS Goldに限りなく近い80 PLUS Silver電源という特徴でも注目を集めた。80 PLUS Silverの製品としても安価な部類に入る

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.