ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「Unreal Tournament」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unreal Tournament」に関する情報が集まったページです。

Epic Gamesのフォーラムから80万アカウントのユーザー情報流出、vBulletinの脆弱性悪用か
「Unreal Engine」や「Unreal Tournament」といったゲームのフォーラムが不正アクセスされ、80万を超えるユーザーの情報が流出したと伝えられている。今回の攻撃ではフォーラムソフトウェア「vBulletin」のSQL絡みの脆弱性が悪用されたようだ。(2016/8/24)

DeNA、開発者向けにゲームエンジン「Mobage ngCore SDK」提供――12月から
ディー・エヌ・エーは、スマートフォン用ゲームコンテンツ開発者向けのサポートを強化し、12月からゲームエンジン「Mobage ngCore SDK」を提供するとともに「Unreal Engine 3」と「Unity」への対応も図る。(2011/5/13)

PR:新感覚フルボッコ系FPSを体験せよ!! 「バレットストーム」シングル編レビュー
今までのFPSとはひと味違った斬新なアクション要素と強烈なキャラクターの個性で発売前から大きな話題を集めている「バレットストーム」が2011年2月24日についに発売される。今回は気になるシングルプレイについてレビューをお届けする。(2011/2/23)

フルボッコ系FPSってどういうこと?:
PR:ケリを入れてぶっ飛ばせ! E3 2010で注目を集めた新感覚FPS「バレットストーム」
「Unreal Tournament」シリーズや「Gears of War」シリーズでおなじみのEpic Gamesと、「Painkiller」を手がけたPeople Can Flyがタッグを組んで贈る新作FPS「バレットストーム」が2011年2月24日、マルチプラットフォームで発売される。今回、そのストーリーやシステムを中心に紹介していく。(2011/1/17)

イマドキのイタモノ:
Hemlockで“大台”を目指せっ──「Radeon HD 5970」のデュアルGPUパワーを喜ぶ
Radeon HD 5000世代のデュアルGPUカード“Hemlock”こと「Radeon HD 5970」が発表された。“Radeon HD 5800×2”のパフォーマンスを早速チェックしてみよう。(2009/11/18)

イマドキのイタモノ:
FPSゲーマーにLynnfieldはお買い得?
“お手ごろNehalem”のLynnfieldだが、PCI ExpressをCPUに統合するなど、グラフィックス回りも変更された。ゲームユーザーにとってのLynnfieldの存在価値をさぐる。(2009/10/29)

イマドキのイタモノ:
Radeon HD 5700シリーズの“2万円級”な性能を知る
シングルGPUで最高性能を発揮するRadeon HD 5870で絶好調のRadeon陣営は、2万円台というボリュームラインでも攻勢の手をゆるめない。発表されたRadeon HD 5770とRadeon HD 5750の実力を検証した。(2009/10/13)

イマドキのイタモノ:
待ちきれないっ!Radeon HD 5850のパフォーマンスを楽しむ
絶大な絶対性能を発揮したRadeon HD 5870だが、そのミドルレンジGPUとして期待のRadeon HD 5850がこの週末に出荷された。気になる性能を早速試してみた。(2009/10/5)

イマドキのイタモノ:
これが“5万円GPU”の性能かっ!──「Radeon HD 5870」の驚異的性能に驚く
AMDは9月23日に同社の最上位GPU「Radeon HD 5800」シリーズを発表した。上位モデルの「Radeon HD 5870」はまもなく出荷が始まる。その性能を早速試した。(2009/9/23)

zoome今週のpickup:
「ゲーム動画ウォッチャー」(第12回)
劇場版だけ見てエヴァを語るべからず!(2009/7/7)

イマドキのイタモノ:
40ナノ世代に突入した「Radeon HD 4770」の“正体”を知る
ついにGPUが40ナノメートルに突入した。最先端のプロセスルールを導入したRadeon HD 4770で、GPUは変わるのか?変わらないのか?(2009/4/28)

イマドキのイタモノ:
まさに“がっぷり四つ”!──Radeon HD 4890とGeForce GTX 275
AMDがRadeon HD 4890を発表した日に、NVIDIAは「GeForce GTX 275」を発表した。実売3万円前後という同じ価格帯でGPU市場を制するのはどちらだ。(2009/4/10)

イマドキのイタモノ:
GPUの2009シーズンは本日開幕──Radeon HD 4890でベンチを走らせる
RadeonのシングルGPUで最上位となる「Radeon HD 4890」が登場した。“番号”は20アップ、スコアはどれだけアップする?(2009/4/2)

イマドキのイタモノ:
「落っ!」な時代だから、Radeon HD 4550が気になってしょうがない
個人的には「変」より「落」と感じる2008年の年末。「金がないー」という自作PCユーザーとしては、1万円を切るグラフィックスカードにも希望を見出してみたい。(2008/12/24)

「アンリアル トーナメント 3」レビュー:
FPSの対戦プレイを堪能してみたい人にオススメのスタンダードタイトル
世界最高水準のスポーツ系FPS、ついに日本登場。PS3とXbox 360で同時発売された「アンリアル トーナメント 3」のインプレッションをお届け。(2008/9/25)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その26):
25回も続いてよかったね(実は26回目だけど)記念――くねくねハニィのつれづれなるくねくね話 Part2
またオフィス前の平坦な場所ですっ転んで足を引きずるくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第26回目です。小ネタを並べただけって話もありますが、「いろんな話題に触れているので読んでみて、よろしこ」とのこと。(2008/9/16)

NVIDIA、PhysXをGeForce 8/9シリーズで利用できる「GeForce Experience Pack」公開
NVIDIAは、GeForce 8シリーズ、及び同 9シリーズで物理演算エンジン「PhysX」が利用できるソフトウェアをセットにした「GeForce Experience Pack」を公開した。(2008/8/13)

「アンリアル トーナメント 3」、PS3、Xbox 360、PCで今秋発売
(2008/7/1)

イマドキのイタモノ:
GeForce 9800 GTXに負けないっ! 新世代ミドルレンジ「Radeon HD 4850」
「RV770」の開発コード名で知られてきたRadeon HD 4800シリーズの1モデルが6月19日(米国時間)に出荷を開始した。新しい設計思想で開発された新世代Radeonの実力に迫る。(2008/6/23)

イマドキのイタモノ:
「新世代GPU」の実力はあるのか?──GeForce GTX 280ベンチマークレビュー
GeForce 9800なんたらが出たばかりですよね。なに、またですか。もういいですよ、といいたくなるほど続いたNVIDIAの最新GPU。しかし、今度は「新世代」にふさわしい性能を発揮するらしい。(2008/6/17)

2008 International CES:
Alien vs. Voodoo!──DELLとHPのゲーミングPC代理戦争
AilenwareにVoodoo。どちらも超大手に買収されたゲーミングPCブランドだ。その2大ブランド(ただし米国限定)が、CESという戦場で「大国の後押し」を受けて激突した。(2008/1/10)

イマドキのイタモノ:
これぞ真の“ド級”GPU──GeForce 8800 GTで「Crysis」ベンチマークを動かす
「ド級」「超ド級」と聞くと、強烈にパワフルな最強GPUを連想するかもしれないが、それは「ド級=ドレッドノート級」本来の意味でない。“G92”は、まさに「ド級」なGPUなのだ。(2007/10/30)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その13):
くねくねハニィは見た! 本当のE3
なかなか明けない梅雨だったけど、皆様体調壊してませんか? 胃潰瘍寸前のくせにまったく体重が減らないくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第13回目。実は密かにくねくねハニィはE3に潜入していたのであった! ちょっと遅れてしまったけどハニィの目から見た本当のE3をリポートしてみたので、よろしこ。(2007/8/1)

E3を総括する 〜北米の北米における北米のためのExpo〜:
「E3」これだけ読めば大丈夫?
現地時間の7月10日〜12日の期間、北米カリフォルニア州サンタモニカで「E3」が行われたが、昨年までのものとは大きく様子が違っていた。今年のE3を紐解きながら、今後のゲーム市場動向を推測する。(2007/7/19)

新型PSP、HomeそしてPLAYSTATION Network――SCEAプレスカンファレンス
Sony Computer Entertainment Americaのカンファレンスが、米国時間7月12日に開催された。カンファレンスはまず、「PlayStation Home」にジャック・トレットン プレジデント&CEOが登場するところから始まった。(2007/7/12)

アクションゲームで視力が向上――ロチェスター大学調べ
激しいアクションを含むビデオゲームで遊ぶと、視力がよくなるという。(2007/2/8)

きょうはASUS「PhysX P1」で物理演算エンジンの意義を考えた
発表が先行したためにその登場が待たれていた物理演算専用エンジン「PhysX」を実装した製品がいよいよ市場に姿をあらわす。その役割と効果を入手したサンプルで検証してみた。(2006/5/15)

UAC、物理演算プロセッサ“PhysX”搭載のBFG製物理演算向上カード
UACは、3Dグラフィック表示の演算能力を補助する物理演算プロセッサ「AGEIA PhysX」を搭載する物理演算向上カード「BFGRPHYSX128P」を発表した。(2006/5/9)

Novell BrainShare 2006:2日目リポート
BrainShareで私が見た限りでは、技術上の問題点はほとんどクリアされているか、その寸前にまで来ており、後はNovellのマーケティングとセールスの人間が実際に売り込めるかにすべてがかかっている。(2006/3/29)

フロンティア、往年の名作タイトルを低価格で発売
(2006/2/22)

ゲーマーキーボード:
マクロ専用キー搭載の“マニア心くすぐる”ゲーマーキーボード──「G15 Gaming Keyboard」
最大54種類のマクロ登録機能、情報表示用折りたたみ式LCDが備わる、ゲーマー向けキーボード、それがロジクール「G15 Gaming Keyboard」だ。これらの特徴機能はどのように活用できるのか、どれだけ便利なのだろうか。(2006/2/10)

「速さだけ」から満足度と品質の評価へ──インテルがアピールする新世代ベンチマーク
PCの性能は速さ一辺倒から品質へ。利用の幅が広がる「デジタルホーム時代のPCを正しく評価してくれ!」ということでインテルが「第3世代のベンチマーク」を日本で披露した。(2005/10/20)

NVIDIA、アキバでユーザー向けイベント「NVIDIA EXPERIENCE DAY」開催──17日
NVIDIAは、GeForce 7800 GTX採用グラフィックスカード搭載PCの展示デモ、およびプレゼンテーションを行うユーザー向けイベント「NVIDIA EXPERIENCE DAY」を7月17日に開催する。(2005/7/11)

WCG委員会、WCG2005グランドファイナルの正式種目を発表
WCG委員会は、11月にシンガポールで開催される「WCG2005グランドファイナル」の公式競技種目を発表した。同委員会は、世界最大級のゲーム大会「ワールドサイバーゲームズ」(WCG)を運営する組織。(2005/1/19)

XP SP2をインストールしても大丈夫なの?
セキュリティの大幅強化がうたわれる一方で、既存アプリとの衝突も指摘されているWindows XP SP2。PCWorld.comでは3421人のサイトビジターを対象に、その評価を調査した。(2004/10/13)

XP SP2で手動対応が必要なアプリのリスト公開
MicrosoftはWindows XP SP2の互換性リストをリリースした。インストール後に手動対応が必要となるアプリケーションは約50種類。(2004/8/17)

きょうはLGA775対応Pentium 4&Intel 925X/915Gでベンチをまわして熟考した(後編)
ようやく「正式に」インテルから発表された新しいCPUとチップセット。「10年に一度の大変革」とインテルが誇るにふさわしいパフォーマンスをユーザーにもたらしてくれるのか。さっそくベンチマークテストでチェックしてみた。(2004/6/23)

「Unreal Tournament」のエンジンに脆弱性
(2004/6/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。