ニュース
» 2010年05月13日 13時42分 UPDATE

三菱、IPSパネル採用/多系統入力装備の23型ワイド液晶「RDT232WX」

三菱電機は、フルHD表示対応の23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT232WX(BK)」「RDT232WX-S(BK)」を発売する。

[ITmedia]
photo RDT232WX-S(BK)(左)、RDT232WX(BK)(右)

 三菱電機は5月13日、フルHD表示対応の23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT232WX(BK)」「RDT232WX-S(BK)」を発表、5月28日に発売する。価格は双方オープン。

 2009年11月に発売された「RDT231WM-X(BK)」の特徴を引き継ぐ後継製品で、従来同様の非光沢パネル採用モデル(RDT232WX(BK))のほか、光沢パネル採用モデル(RDT232WX-S(BK))をラインアップしたのが特徴だ。

 おもな特徴は前モデルに準じており、液晶パネルには広視野角が特徴のIPSパネルを採用。独自の「オーバードライブチェンジャー」により、中間階調域での応答速度3.8msを実現している。

 “超解像度技術”などを実現する専用LSI「ギガクリア・エンジン」を搭載。スピーカーは出力3ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、インタフェースはDVI、アナログD-Sub、HDMI×2のほか、D5入力端子を備えた。本体サイズは546(幅)×453(高さ/最大)×230(奥行き)ミリ、重量は約6.3キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう