ニュース
» 2010年06月08日 11時00分 UPDATE

2010年PC夏モデル:“Arrandale”世代のCULVを搭載したモバイルIdeaPad──「IdeaPad U160」

レノボ・ジャパンは、6月8日にインテルの最新モバイル向けCPUの“CULV”版を搭載した、IdeaPad Uシリーズの新モデル「IdeaPad U160」を発表した。

[ITmedia]

最新世代の低価格超低電圧CPUでコストパフォーマンスがさらに向上

 IdeaPad U160は、“Arrandale”世代の低価格超低電圧版(Consumer Ultra Low Voltage:CULV版)CPUのPentium U5400(動作クロック1.2GHz)を搭載した1スピンドルノートPCで、11.1型ワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768ドット)を搭載した本体のサイズは、290(幅)×193(奥行き)×22.5〜33.5(厚さ)ミリ、重さは約1.4キロ。6セルバッテリーを搭載した状態で駆動時間は約7時間になる。

 キーボードにはアイソレーションタイプを採用するほか、液晶ディスプレイ天面とバッテリーパックには鮮やかな色調の「スクエア・レッド」を採用するなど、デザイン面にも配慮している。

kn_ipu160_01.jpg 液晶ディスプレイ天面に鮮やかなスクエア・レッドをあしらった「IdeaPad U160」

 Intel HM55 Expressチップセットを採用し、標準構成でメインメモリはDDR3-1066を3Gバイト搭載する(最大4Gバイト)。グラフィックス機能はCPUに統合したIntel HD Graphicsを利用する。本体のインタフェースには、アナログRGB出力、USB 2.0×3(1基はeSATA兼用)、有線LAN(1000BASE-T対応)、HDMIを設けるほか、メディアカードのインタフェースとして、5 in 1カードリーダーを内蔵する。データストレージには容量500GバイトのHDD(5400rpm、Serial ATA)を搭載する。

 無線接続では、Centrino Advanced-N+WiMAX 6250を搭載してIEEE802.11a/b/g/nに対応するだけでなく、IdeaPadシリーズでは初めてモバイルWiMAXも標準構成でサポートする。

 IdeaPad U160のラインアップはハードウェア構成では1モデルとなるが、Office Personal 2010の有無で2モデルが用意される。発表同日から予約を開始して出荷開始は7月下旬からの予定だ。価格はオープン。実売価格の予想は、7〜9万円程度とみられている。

IdeaPad U160店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
IdeaPad U160 08948RJ CULVノート リニューアル Pentium U5400 (1.2GHz) 3072MB(DDR3) 500GB 64ビット7
Home Premium
7万円〜9万円台
08948SJ CULVノート リニューアル Pentium U5400 (1.2GHz) 3072MB(DDR3) 500GB 64ビット7
Home Premium
7万円〜9万円台
IdeaPad、IdeaCentre、Lenovoシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
IdeaPad U160 08948RJ 11.6型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 Office Personal 2010 約1.4キロ
08948SJ 11.6型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 約1.4キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう