ニュース
» 2010年11月08日 15時25分 UPDATE

東芝、スティック形状の小型SSD「Blade X-gale」を開発――256Gバイトモデルも

東芝は、モバイルPC機器向けとなる小型SSD「Blade X-gale」の商品化を発表した。

[ITmedia]
photo Blade X-gale

 東芝は11月8日、モバイルPC機器向けとなる小型SSD「Blade X-gale」の開発と商品化を発表した。

 モバイルノートPCなどの機器向けとなる小型SSDで、24(幅)×108.9(奥行き)ミリの省スペース設計を実現したのが特徴だ。製品ラインアップは64Gバイトモデルの「THNSNC064GMDJ」、128Gバイトモデルの「THNSNC128GMDJ」、256Gバイトモデルの「THNSNC256GMDJ」の計3タイプを用意。片面実装型の64Gバイト/128Gバイトモデルは厚さ2.2ミリ、両面実装型の256Gバイトモデルは厚さ3.7ミリとなっている。

 インタフェースはSATA 2.6に準拠。最大転送速度はいずれもリード220Mバイト/秒、ライト180Mバイト/秒だ。

関連キーワード

SSD | 東芝 | モバイルPC | Serial ATA | 転送速度


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう