ニュース
» 2011年04月22日 13時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:“タブレットなLet's”もSandy Bridgeを搭載──「Let'snote C1」

パナソニックは、4月22日にLet'snote C1の新モデルを発表した。プラットフォームに最新の“Huron River”世代を採用したのが特徴だ。

[ITmedia]
kn_lets11sum_04.jpg Let'snote C1

 Let'snote C1は、液晶ディスプレイのヒンジに“トリプルヒンジ機構”を採用したコンバーチブルタイプのノートPCだ。液晶ディスプレイを反転するときにヒンジにかかる力を回転軸が設けられた本体両脇と中央に分散するので、ヒンジの耐久性が向上したほか、位置決めのピンやディスプレイと本体の間にできるすき間を埋めるゴム当てなどを用意することで、ディスプレイのぐらつきも軽減した。従来モデルから1年ぶりに新モデルが登場したことになる。

 新しいLet'snote C1では、CPUに“Sandy Bridge”世代のCore i5-2520M(2.5GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.2GHz)を搭載し、チップセットも“Huron River”世代のIntel QM67 Expressを採用した。

 メモリ容量は標準構成で4Gバイト、最大で8Gバイトと強化され、HDDも320Gバイトと従来の250Gバイトから増えている。本体サイズは299.2(幅)×226.5(奥行き)×30.6〜44.3(厚さ)ミリで、12.1型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1280×800ドット)を搭載する。本体に光学ドライブを搭載しない。

 バッテリーも従来と同じ、2つのバッテリーを本体に搭載できる。どちらもホットスワップに対応して動作中に片方のバッテリーを交換することが可能だ。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
C1 CF-C1 コンバーチブル CPU、メモリ、HDD強化 Core i5-2520M (2.5GHz/最大3.2GHz) 4GB (DDR3) 320GB 64ビット版/32ビット版7 Professional SP1 20万円前後

Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU vPro/オフィス 重量
C1 CF-C1 12.1型ワイド 1280×800 Intel QM67 CPU統合 ○/− 約1460グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう