ニュース
» 2012年01月25日 10時10分 UPDATE

2012年PC春モデル:基本性能をアップした15.5型スタンダードノート――「VAIO C」

15.5型のスタンダードモデル「VAIO C」は、春モデルでCPU性能を強化。店頭向けモデルにブラックカラーが加わった。

[ITmedia]

CPU性能を強化、店頭でブラックモデルを選択可能に

og_vaioc_001.jpg 「VAIO C」シリーズ。ブラックが店頭モデルになった

 「VAIO C」シリーズは、1366×768ドット表示の15.5型液晶ディスプレイを搭載するノートPCだ。店頭向けには基本スペックを共通化した4色のカラーバリエーションをラインアップする。カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、ブルー、ホワイトで、2011年秋冬モデルのオレンジはCTOモデルの専売カラーになり、代わりにブラックが店頭モデルとして販売される。このため、外装の集光材により天板やボディのエッジが光るのはピンクだけになった。実売予想価格は13万円前後で、2月4日に発売される。

 2012年PC春モデルの強化点はCPUのみ。具体的には、Core i5-2430M(2.4GHz/最大3GHz)からCore i5-2450M(2.5GHz/最大3.1GHz)へわずかにクロックをアップした。そのほかの主な仕様は、メモリ容量が4Gバイト、HDDが750Gバイト、光学ドライブとしてBlu-ray Discドライブ(DVDスーパーマルチ機能付き)を搭載し、グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000を利用する。

 インタフェースは、メディアリーダー(SDXC/MS Pro)をはじめ、USB 3.0×1、USB 2.0×3、HDMI 1.4a出力、音声入出力など。ネットワーク機能として、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとギガビットLAN、およびBluetooth 2.1+EDRを搭載する。本体サイズは375.1(幅)×250.9(奥行き)×31.3(高さ)ミリ、重量は約2.85キロ。標準バッテリーで約5時間(オプションのSバッテリーで約6.5時間、Lバッテリーで約10時間)の駆動が行える。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)。オフィススイートとしてMicrosoft Office Home&Business 2010がプリインストールされる。

 なお、スペックをカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデルでは、店頭向け(CB)の15.5型モデルのほか、14型ワイド液晶ディスプレイを搭載するVAIO C(CA)も選択できる。また、より高解像度の液晶ディスプレイ(CBは最大1920×1080ドット、CAは最大1600×900ドット)や外付けグラフィックス(AMD Radeon HD 6470)、英語キーボード、フラワー柄やジオメトリック柄といったユニークなデザインを選べるのもポイントだ。

og_vaioc_002.jpgog_vaioc_003.jpgog_vaioc_004.jpg VAIOオーナーメードモデルのカラーバリエーション。基本の7色に加えて柄付き(フラワーとジオメトリック)のスペシャルデザインがある

VAIO C店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO C (CB) VPCCB48FJ/W・P・B・L (4色) 2スピンドル CPU強化、一部カラー変更 Core i5-2450M (2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 13万円前後
VAIO C店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO C (CB) VPCCB48FJ/W・P・B・L (4色) 15.5型ワイド 1366×768 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 Office Home and Business 2010 約2.85キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう