ニュース
» 2012年05月09日 11時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:富士通初のUltrabookは第3世代Core、14型ワイド液晶、HDD+SSD搭載で15.6ミリ厚――「FMV LIFEBOOK UH」

新たに追加されたUltrabookの「FMV LIFEBOOK UH」シリーズは、仕様が大きく異なる2モデルを用意。上位機はスリムボディに第3世代Coreと14型ワイド液晶を搭載する。

[ITmedia]

富士通のFMVもUltrabookに参入

 富士通は5月9日、同社初のUltrabook「FMV LIFEBOOK UH」シリーズを発表した。

 店頭販売向けのラインアップは、14型ワイド液晶搭載の上位機「UH75/H」と13.3型ワイド液晶搭載の下位機「UH55/H」を用意する。UH55/Hは2012年5月17日に発売する予定で、予想実売価格は10万円強だ。UH75/Hの発売日と価格は未定。

tm_1205_uh_01.jpg 上位機の「FMV LIFEBOOK UH75/H」

MADE IN JAPANの大画面/薄型Ultrabook「UH75/H」

 UH75/Hは、島根富士通で生産されるUltrabookのフラッグシップモデル。HDDを搭載しながら最厚部でも約15.6ミリの薄さ、13.3型ノートPC相当のボディサイズに内蔵した一回り大きな14型ワイド液晶、画面サイズに対して重量を抑えた約1.44キロの軽さが特徴だ。ボディは天面と底面にマグネシウム合金、パームレストにアルミニウムを使用し、天板加圧試験200キロfをクリアするなど堅牢性にも注力した。カラーは「サテンレッド」と「サテンシルバー」から選べる。

tm_1205_uh_02.jpgtm_1205_uh_03.jpg 「サテンレッド」(写真=左)と「サテンシルバー」(写真=右)

tm_1205_uh_07.jpgtm_1205_uh_08.jpg サテンレッドの天面(写真=左)とサテンシルバーの天面(写真=右)

tm_1205_uh_09.jpgtm_1205_uh_10.jpg 薄さとデザインにこだわったボディ

 基本スペックは、CPUにIvy Bridgeこと第3世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載する予定だ。チップセットとGPUを含め、仕様は現時点で公開されておらず、未発表の超低電圧版CPUを用いるとみられる。

 データストレージは500GバイトHDD(5400rpm)に高速処理用の32GバイトSSDを組み合わせたハイブリッド構成(ExpressCache技術)を採用し、休止状態から7秒以内に復帰する高速起動と大容量を両立した(SSDにデータ保存はできない)。メモリは4Gバイト(4Gバイト×1/交換不可/PC3-12800)、液晶ディスプレイは光沢仕様で解像度は1366×768ドットだ。

 キーボードは約19ミリピッチ、約1ミリストロークの日本語86キー仕様。キー間隔が離れたアイソレーションデザインを採用するほか、キートップを緩やかにくぼませた「球面シリンドリカル」や、キートップ側面を別の色で着色して視認性向上およびデザインに配慮した「サイドカラードキー」といった、FMV独自の特徴も取り入れている。タッチパッドは左右のクリックボタンを一体化したクリックパッド型だ。

 通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANと、IEEE802.16e-2005準拠のWiMAX(受信最大20Mbp/送信最大8Mbps)を標準装備。付属の小型アダプタを側面の専用コネクタに装着することで、1000BASE-T準拠の有線LANも利用できる。DTCP-IP対応のホームネットワーク機能により、対応レコーダーで録画したテレビ番組を別室のUH75/Hに配信して視聴することも可能だ。

 インタフェース類はUSB 3.0×2(1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB 2.0、HDMI出力、ヘッドフォン出力、SDXC対応SDメモリーカードスロット、有効100万画素のHD Webカメラ、スライド式の指紋センサーを備える。

 内蔵バッテリーはリチウムポリマー(45ワットアワー)で着脱不可。バッテリー駆動時間は約9.1時間とされている。本体サイズは327(幅)×225(奥行き)×9〜15.6(高さ)ミリ、重量は約1.44キロだ。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium (SP1)、オフィススイートはOffice Home and Business 2010を採用する。

tm_1205_uh_04.jpg ポートリプリケータは単品で追加購入もできる

 なお、同社直販サイト「WEB MART」では、仕様を選択して購入できるカスタムメイドモデルも販売する(発売時期と価格は未定)。

 スペックは、8Gバイト(8Gバイト×1)のメモリや128Gバイト/256GバイトのSSD、非光沢の液晶パネル、Bluetooth 4.0、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)、外付けポートリプリケータなどを選択可能だ。

 外付けポートリプリケータはアナログRGB出力、DisplayPort出力、DVI-D出力、有線LAN、USB 3.0×4、盗難防止用ロック取り付け穴を備える。

Office搭載のエントリーUltrabook「UH55/H」

 UH55/Hは、1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶(光沢仕様)を装備したUltrabookのエントリーモデル。海外で生産され、ボディの内部設計やデザインは上位機のUH75/Hと大きく異なる。カラーバリエーションは「アルマイトレッド」と「アルマイトシルバー」の2色だ。

tm_1205_uh_05.jpgtm_1205_uh_06.jpg 「アルマイトレッド」(写真=左)と「アルマイトシルバー」(写真=右)

 基本スペックは、CPUに第2世代Core i3-2367(1.4GHz)、チップセットにIntel HM76 Expressを採用。ストレージは320GバイトHDD(5400rpm)に高速処理用の32GバイトSSDを組み合わせたハイブリッド構成だ。メモリは4Gバイト(2Gバイト×2/交換不可/PC3-12800)を搭載する。

 キーボードは約17.75ミリピッチ、約1.5ミリストロークの日本語91キー仕様。上位機と同様、キー間隔を離したアイソレーションデザインだが、球面シリンドリカルやサイドカラードキーは採用しない。タッチパッドは左右のクリックボタンを一体化したクリックパッド型だ。

 通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとIEEE802.16e-2005準拠のWiMAX(受信最大20Mbp/送信最大8Mbps)を標準装備。DTCP-IPによるホームネットワーク機能も搭載するが、上位機と異なり有線LANには対応しない。

 インタフェース類はUSB 3.0×2(1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB 2.0、HDMI出力、ヘッドフォン出力、SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPROスロット、有効100万画素のHD Webカメラを備える。

 内蔵バッテリーはリチウムポリマー(42ワットアワー)で着脱不可。バッテリー駆動時間は約6.5時間とされている。本体サイズは323(幅)×234(奥行き)×18(高さ)ミリ、重量は約1.6キロだ。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Personal 2010を採用する。

 なお、UH55/Hに直販専用のカスタムメイドモデルは用意されない。

FMV LIFEBOOK UH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
LIFEBOOK UH UH75/H(2色) Ultrabook 新モデル、新CPU 第3世代Core (後報) 4GB 500GB HDD + 高速処理用SSD 64ビット版7 Home Premium (SP1) 未定
UH55/H(2色) Ultrabook 新モデル Core i3-2367M (1.4GHz) 4GB 320GB HDD + 高速処理用SSD 64ビット版7 Home Premium (SP1) 10万円強
FMV LIFEBOOK UH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LIFEBOOK UH UH75/H(2色) 14型ワイド 1366×768 後報 後報 −/Office Home and Business 2010 約1.44キロ
UH55/H(2色) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM76 CPU統合 −/Office Personal 2010 約1.6キロ

【468*60】LIFEBOOK UH

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう