速報
» 2012年06月04日 13時33分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2012:Acer、Windows 8対応Ultrabookなど、新モデル公開

Acerは、6月4日に台北市で記者説明会を行い、今後投入を予定している新製品を公開した。ここでは、速報として、登場した製品の姿を紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

AcerはWindows 8と“強く”連携する

 Acerの記者説明会では、Windows 8との連携も強く訴求していた。公開した製品は、11.6型ワイド液晶ディスプレイ搭載のUltrabookから、27.3型液晶ディスプレイ搭載の一体型PCまで多種にわたるが、いずれも、タッチパネルと搭載してWindows 8における操作性の高さをアピールした。

 ここでは、プレゼンテーションでステージに登場した機材を画像で紹介するが、説明会場ではここの機材も展示している。これらの機材で確認できた詳細は、後日掲載する予定だ。

ICONIA W510

 タブレットPCのICONIA W510は、バッテリー駆動時間が18時間でIPSパネルを搭載する。キーボード搭載のドッキングステーションを用意して、タブレットデバイス、クラムシェルスタイルノートPC、そして、キーボードユニットを裏返してディスプレイスタイルといった3種類の形態で利用できる。

kn_acersok_01.jpgkn_acersok_02.jpg ICONIA W510は、本体だけでタブレットデバイススタイル、キーボードドッキングステーションにセットしてクラムシェルタイプノートPCとして使えるほか……、

kn_acersok_03.jpgkn_acersok_04.jpg キーボードを裏返して、ディスプレイスタイルとしても利用可能だ

ICONIA W700

 ICONIA W700では、スタンドになるクレードルにセットした利用方法を訴求した。横方向にも縦方向にもセットして、利用するコンテンツによって使い分けが可能だ。

kn_acersok_05.jpgkn_acersok_06.jpgkn_acersok_07.jpg 利用シーンによって本体のセットスタイルを変えらえるICONIA W700のクレードル

Aspire S7 13.3”

 Aspire S7 13.3”は、タッチパネルを搭載したUltrabookでバッテリー駆動時間は12時間になる。Acerは、本体の厚さは20ミリ以下で、液晶ディスプレは180度以上に開くことをアピールしている。

kn_acersok_08.jpgkn_acersok_09.jpgkn_acersok_10.jpg タッチパネルを搭載してWindows 8との親和性も訴求するUltrabookのAspire S7 13.3”

Aspire S7 11.6”

 “S7”シリーズでは、11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するUltrabookも用意する。バッテリー駆動時間は約9時間。もちろん、タッチパネルを搭載する。

kn_acersok_11.jpgkn_acersok_12.jpg 11.6型ワイドとコンパクトなサイズになったUltrabookのAspire S7 11.6”

Aspire 7600U

 27.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載する一体型PCのAspire 7600Uは、自由なディスプレイセッティングが特徴だ。ディスプレイは水平まで倒せるだけでなく、スイブル機構で回転も可能だ。回転させて縦長方向による表示も可能だ。64ポイント同時タッチに対応したタッチパネルも搭載する。

kn_acersok_13.jpgkn_acersok_14.jpgkn_acersok_15.jpg 自由な方向で大画面液晶ディスプレイを利用できる液晶一体型PCのAspire 7600U

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.