ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本エイサー Ultrabook「Aspire S3」シリーズなど」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本エイサー Ultrabook「Aspire S3」シリーズなど」に関する情報が集まったページです。

米国の軍用規格を満たす構造品質
徹底レビュー:「ThinkPad X260」、ビジネスPCの定番が万人にオススメの理由
「ThinkPad X260」は、耐久性やパフォーマンス、携帯性に優れたクライアントPCだ。どのようにして、これらの特性が盛り込まれているかその秘密を探る。(2016/10/8)

Apple、世界PC出荷でトップ5にランクイン──IDC調べ
米調査会社IDCの世界PC市場に関する調査によると、Appleがメーカー別シェアランキングで5位に入った。(2014/10/9)

君たちに“m”がある世界を見せてあげよう:
IntelがIFA 2014で示した“Core M”と“その先にあるMobile”
IntelはIFA 2014の基調講演で“Broadwell-Y”(開発コード名)こと「Core M」を正式に発表。さらに、2015年以降に登場する新技術も紹介した。(2014/9/7)

「現状からいうとタブレット以上のものが必要」:
日本エイサー、「Chromebook C720」の導入実績を早くもアピール
発表からちょうど1週間ながら、すでに10の教育機関に導入したという。現場の先生たちがChromebookを選ぶ理由とは。(2014/7/23)

モーションセンサー/NUI:
インテルの次世代UI技術「RealSense」――40社以上のソフトベンダーが対応表明
インテルは、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense テクノロジー」に関する記者説明会を開催。デバイスへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を搭載したデバイスが年内中に発売される予定だと発表した。(2014/6/25)

世界PC出荷台数、2013年は史上最悪の減少率──Gartner調べ
Gartnerによると、2013年第4四半期の世界におけるPC出荷台数は前年同期比6.9%減の8260万台で、7期連続の減少になった。(2014/1/10)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

2014 International CES:
Lenovo、キーボード付き+1920×1200液晶のWindowsタブレット「Miix 2 10/11」
人気の8型Windowsタブ「Miix 2 8」に続き、レノボが10.1型/11.6型の、“よりノートPCに近いスタイル”になるデタッチャブルWindowsタブレット「Miix 2 10」、さらに第4世代Core搭載の高性能版「Miix 2 11」を投入する。(2014/1/6)

Acer、タッチ対応13.3インチIGZO搭載Ultrabook「Aspire S7-392」
13.3インチタッチ対応IGZOディスプレイを搭載し、厚さを12.9ミリに抑えたUltrabook「Aspire S7-392」が日本エイサーから。(2013/12/12)

2560×1440ドット表示対応:
エイサー、タッチ対応13.3型IGZO液晶を採用したUltrabook「S7-392-F78U」
日本エイサーは、WQHDの高解像度表示に対応したCore i7搭載の13.3型Ultrabook「Aspire S7-392-F78U」を発売する。(2013/12/11)

最新タブレット速攻レビュー:
「Miix 2 8」──「ライバルより、“かなり”軽量」な8型Windows 8.1タブレット
Bay Trail-T世代のCPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレット+Office 2013付き=4万円台──コストパフォーマンスに優れる小型Windowsタブレット/ミニノートPCが各社より続々と登場している。レノボ・ジャパン「Miix 2 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施した。【ベンチマーク&バッテリー動作時間テストを追加】(2013/11/26)

IFA 2013:
小型なWindowsタブはもう「艦これ」用っ──IFAで見かけた注目PC/タブレットをさくっと総括
PC/タブレット関連においては少し物足りない印象だったIFA 2013だが、それでも注目すべき機器、そしてPC/タブレットのトレンドに成長しそうなものも存在した。IFAで見かけた注目PC/タブレットをさくっと総括しよう。(2013/9/13)

実は10型サイズがちょうどいい:
注目「キーボード付きWindowsタブレット」4モデル、徹底十番勝負
え? Office付きでこの価格?──プライベートにも仕事にも、意外にコスパがよいモデルが最近グッと増えた「キーボード付きの10型Windowsタブレット」。中でも注目の4モデルをまとめてチェックする。(2013/8/19)

エイサー、マルチタッチ対応のWindows 8搭載Ultrabook「V7-482P」
日本エイサーは、マルチタッチ操作対応の14型ワイド液晶を内蔵したUltrabook「V7-482P」シリーズなど2モデルを発表した。(2013/7/24)

Intel決算、PC向け製品不調で4期連続の減収減益
Intelの4〜6月期決算は、主力のPC向け製品の不調で、売上高、純利益ともにアナリスト予測を下回った。同社は2013年通年の予想を下方修正した。(2013/7/18)

世界PC出荷台数、5期連続の減少 LenovoがHPから首位奪う──IDC調べ
IDCの4〜6月期の世界PC市場調査によると、同四半期のPC出荷台数は11.4%現の7563万台。メーカー別ランキングではLenovoがHewlett-Packardから首位を奪った。(2013/7/11)

エイサー、写真投稿で“イビザ島”ペア旅行チケットが当たるキャンペーンを開始
日本エイサーは、Ultrabook「Aspire P3」の発売を記念したキャンペーン計2種類を開始した。(2013/7/10)

PC USER 週間ベスト10:
MacBook AirとVAIO Pro 11/13が上位独占(2013年6月17日〜6月23日)
先週のアクセスランキングは、Haswellこと「第4世代Coreプロセッサー」搭載の新型「MacBook Air」、超軽量ボディが魅力の「VAIO Pro 11」および「VAIO Pro 13」に注目が集まりました。(2013/6/24)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第4回 かなーり心地よいHelixの「変形+着脱」機構、各モードのメリットを再確認してみる
ThinkPad Helixには、ラップトップモード、スタンドモード、タブレットプラスモード、タブレットモード、4つのスタイルに変形する機構がある。これを使っていくうえで基本となるのは、やはりラップトップモードとタブレットモードになるだろう。(2013/6/20)

“タッチ”に注力したラインアップ:
「エイサーの本気を感じてほしい」――日本エイサー、世界最小のWindows 8タブレットなど7機種を国内発売
日本エイサーが2013年夏モデルPCを一気に発表。COMPUTEX TAIPEI 2013で話題になった8.1型Windows 8タブレットなど7機種を日本でも発売する。(2013/6/19)

独走なるか:
「Bay Trail-T」でライバルを突き放す――Intelのモバイルプロセッサ戦略
COMPUTEX TAIPEI 2013で、Intelは同社CPUの省電力性能をアピールするデモを実施。2013年後半に投入を予定しているタブレット向けSoC「Bay Trail-T」(開発コード名)を搭載した端末のリファレンスモデルも披露した。(2013/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2013:
“RetinaなFMV”や“IPSなLet'snote”か!?――Intelブースで見つけた未発表ノートPC
2013年のCOMPUTEX TAIPEIがついに開幕。Intelブースには同社製CPUを搭載したPCやタブレットの最新モデルが多数展示してあるが、中には未発表モデルも紛れ込んでいる。特に富士通とパナソニックのUltrabookは見逃せない存在だ。(2013/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2013:
13.3型“2560×1440”IPS液晶のUltrabook、画面が動きまくるノートPCも――Acer、日本で近日発売(?)の新モデル
Acerが台北で発表したPCは8.1型のWindows 8タブレットだけじゃない。2560×1400ドットのUltrabookや、一風変わったコンバーチブル型ノートPCにも注目だ。(2013/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2013:
“Haswell”主役のCOMPUTEX TAIPEI 2013、明後日から始まるよ!
2013年もやってきましたCOMPUTEX TAIPEI 2013。開幕前前日の状況を現地から報告する。今回の主役はなんと言っても“Haswell”。もちろん新CPUを搭載したPCやマザーボードも続々と登場する予定だ。(2013/6/2)

モバイルノートは比較的堅調:
4月のPC出荷台数、前年比で30%ダウン ノートPCの落ち込み激しく
JEITAが2013年4月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年比で30%以上減っている。(2013/5/24)

Acer、7.9インチのAndroidタブレット「Iconia A1」を発表
Androidタブレットとしてはこれまで10.1インチ、7インチを提供してきたAcerが、7.9インチのAndroid 4.2搭載端末を発表した。(2013/5/7)

Acer、脱着式でタブレットにもなる11.6インチUltrabook「Aspire P3」を799.99ドルで発売
Acerが、タブレットを“キーボードケース”に収納してUltrabookとしても使えるコンバーティブルWindows 8端末「Aspire P3」をはじめとするWindows端末3モデルと7.9インチのAndroidタブレットを発表した。(2013/5/4)

世界PC出荷台数、13.9%減と過去最大の減少率──IDC調べ
タブレットの台頭とWindows 8の伸び悩みにより、1〜3月の世界PC出荷台数は前年同期比13.9%減と過去最大の落ち込みになった。(2013/4/11)

Core i5+高速SSD+IPSフルHD液晶で9万円:
“Ultrabook並み”のハイスペックなタブレット――「ICONIA W700D」でWindows 8を満喫する
日本エイサーから登場した「ICONIA W700D」は、フルHDのIPS液晶にCore i5、そして64ビット版のWindows 8を搭載する豪華な仕様のタブレットだ。Atom搭載の軽量Windows 8タブレットとは異なるサクサクとした使用感を味わえる。(2013/4/1)

あの“トラ”も応援にやってくる:
エイサー、Windows 8搭載PCのタッチ&トライイベントを開催
日本エイサーがWindows 8搭載PC/タブレットのタッチ&トライイベントを開催する。(2013/3/22)

ユーザーに訴えるのは機能から体験へ:
インテル、新世代Atomと新しいUltrabookプロモーションを紹介
インテルは、3月18日にスマートフォン向けCPUに関する概要とUltrabookの新しいプロモーションを日本の関係者に説明した。(2013/3/18)

CeBIT 2013:
フランクフルトの空港でSIMを買う ──CeBIT 2013 前前日リポート
前週のバルセロナに続いて欧州イベントウィーク後半戦がまもなく始まる。PC USER取材班も無事ドイツに到着した。ここまで、なにごともなくいたって順調。(2013/3/4)

PC販売ランキング(2013年1月14日〜1月20日):
ノート、デスクトップともに東芝が首位(2013年1月第3週版)
今回は1月第3週の集計。ノートPCは「dynabook T552」が首位をキープ、デスクトップPCは初めて秋冬モデルの「dynabook REGZA PC D712」が首位に立ちました。(2013/1/28)

PC販売ランキング(2013年1月7日〜1月13日):
人気の「dynabook T552」、価格は発売当初の半額に(2013年1月第2週版)
今回は1月第2週の集計。ノートPCは東芝の「dynabook T552」が好調、デスクトップPCでは、アップル製品が順位を上げています。(2013/1/21)

2013 International CES:
「Haswell」より重要かもしれない「Lexington」
2013年のIntelは、「Haswell」のリリースが最重要課題……、というのは間違いないが、それに劣らず、いや、それ以上に重要な課題を抱えているのかもしれない。(2013/1/17)

PC販売ランキング(2012年12月31日〜2013年1月6日):
初売りで最も売れたPCは?(2013年1月第1週版)
今回は年始の初売りを含む、1月第1週の集計です。ノートPC、デスクトップPCともに順位に細かな変動がありました。(2013/1/15)

世界PC出荷台数、タブレットの影響で4.9%減の9030万台に──Gartner調べ
10〜12月期の世界PC市場は、Windows 8搭載PCの発売の影響もあまりなく、ホリデーシーズンのプレゼント需要はタブレットに奪われた形だった。(2013/1/15)

2013 International CES:
手のひらPCはNUCだけじゃない──「Xi3」ブースで手のひら“Trinity”PCをバラス!
「小さく軽く」が加速する2013 CES。デスクトップPCもより高性能に、そしてコンパクトに進化する。その典型的なモデルが、PCゲームユーザーも注目する「Xi3 7 Series」だ。(2013/1/11)

PC販売ランキング(2012年12月24日〜12月30日):
発売から約2カ月、「Mac mini」がじわじわ浮上(2012年12月第4週版)
今回は12月第4週の集計。年末のランキングは、Mac miniを中心にアップル製品が好調でした。(2013/1/7)

PC販売ランキング(2012年12月10日〜12月16日):
Windows 8ノートの売れ行きは、東芝、富士通、NECの順(2012年12月第2週版)
今回は12月第2週の集計。順位の変動が激しいノートPCランキングを制したのはdynabookでした。iMacは引き続き好調。(2012/12/25)

小型軽量ボディ×高性能=最強のモバイル機?:
フルHD液晶、SSD RAID搭載の“1キロ”Ultrabook――「Aspire S7-191」で極上PCライフを体験する
日本エイサーのUltrabook「Aspire S7-191」は、Core i7、11.6型フルHD液晶、SSD RAID、重さ1キロ、タッチパネル内蔵と豪華なスペックを備えたマシンだ。この軽量ボディのハイスペック機に不安はないか?(2012/12/23)

PC販売ランキング(2012年12月3日〜12月9日):
2012年秋冬モデルのノートPCが首位に(2012年12月第1週版)
今回は12月第1週の集計。12月に入り、ノートPCランキングは秋冬モデルのPCが首位に立ちました。さて、その機種は……?(2012/12/17)

PC販売ランキング(2012年11月26日〜12月2日):
薄型デザインの新「iMac」、ランキング初登場(2012年11月第4週版)
今回は11月第4週の集計。今週の主役はもちろん新型iMac。初登場でいきなり2位にランクインしました。(2012/12/10)

本体厚12.2ミリ:
エイサー、極薄筐体を採用したタッチ操作対応の11.6型Ultrabook「S7-191-F74Q」
日本エイサーは、11.6型フルHD液晶を搭載したUltrabook「S7-191-F74Q」を発表。11.6型モデルとして“世界最薄”をうたうスリムデザインを実現している。(2012/12/7)

初めてのPCは何がいい? と聞かれたら:
タッチ対応で、Windows 8時代のスタンダードマシンに進化――「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」を試す
Windows 8が出た今、これからノートPCを買うなら、家用のマシンもタッチ操作ができると快適だ。HPのタッチ対応Ultrabookは、使いやすさとコストパフォーマンスを高いレベルで両立しており、“初めてのPC”として勧められるマシンに仕上がっている。(2012/12/6)

PC販売ランキング(2012年11月19日〜11月25日):
Windows 8搭載の秋冬モデルが初登場(2012年11月第3週版)
今回は11月第3週の集計。今週はノート、デスクトップともに2012年秋冬モデルがランクインしました。さて、その機種は?(2012/12/3)

PC販売ランキング(2012年11月12日〜11月18日):
MacBook Proが再びTOP10入り(2012年11月第2週版)
今回は11月第2週の集計。各ランキングの順位変動が少ないなか、今週はMacBook Proが順位を上げ、ランキングに再登場。(2012/11/26)

Core i7+SSD RAIDのハイスペック仕様:
13.3型フルHDで11.9ミリ厚の極薄Ultrabook「Aspire S7-391」を試す
メーカー各社が特徴的な形状やギミックを備えたUltrabookを出すなか、日本エイサーは薄さやスペックで勝負するタッチ対応Ultrabook「Aspire S7」シリーズを投入した。デザインや使い勝手にも注力し、Ultrabookの王道とも言える製品に仕上がっている。(2012/11/22)

PC販売ランキング(2012年11月5日〜11月11日):
Windows 8搭載PCの出足は低調?(2012年11月第1週版)
今回は11月第1週の集計。Windows 8が発売して2週間が経ちましたが、秋冬モデルのランクインはまだ先になりそう。安価なタブレットの発売や、夏モデルの在庫処分といった原因があるようです。(2012/11/19)

マルチタッチを今すぐ試せる
既存のPCでWindows 8のマルチタッチ操作を使う3つの方法
Windows 8のハードウェア要件認定を取得した製品はまだ少ないが、既存のPCを使ってもタッチ操作対応ユーザーインタフェースを利用することができる。(2012/11/19)

PC販売ランキング(2012年10月29日〜11月4日):
まだまだ割安な夏モデルが人気(2012年10月第5週版)
今回は10月第5週の集計。Windows 8が発売しましたが、まだまだ割安な夏モデルの人気が高い模様。Windows 8搭載モデルはいつランキングに登場するか?(2012/11/12)

各社の自信作がそろい踏み:
Windows 8世代のハイブリッド型モバイルPCはどう選ぶ?
液晶がスライドしたり、回転したり、取り外せたりと、Windows 8の発売とともに多数のハイブリッド型モバイルPCが登場した。一体何をどう選べばいいのか、悩んでいる方は多いのではないだろうか。(2012/11/8)

13.3型で厚さ11.9ミリ:
世界最薄のタッチ対応Ultrabook「Aspire S7-391-F74Q」、11月8日に発売
日本エイサーは、13.3型Ultrabook「Aspire S7-391-F74Q」を11月8日に発売する。同時に発表された11.6型モデルの発売日は未定のままだ。(2012/11/6)

PC販売ランキング(2012年10月22日〜10月28日):
変わらぬ人気、「LaVie S」と「VALUESTAR N」(2012年10月第4週版)
今回は10月第4週の集計。Windows 8は発売しましたが、売れ筋はまだ夏モデルから変わらず。ノートPCは「LaVie S」、デスクトップPCは「VALUESTAR N」が首位をキープしています。(2012/11/5)

PC販売ランキング(2012年10月15日〜10月21日):
“嵐の前の静けさ”か――Windows 8発売直前、順位に大きな変動なし(2012年10月第3週版)
今回は10月第3週の集計。Windows 8発売を控え、PCを買い控えする傾向もあってか、順位の動きはあまりない。次週以降、Windows 8搭載モデルがどのようにランクインするのかに注目です。(2012/10/29)

PC販売ランキング(2012年10月8日〜10月14日):
VAIOを買うなら今がいい(2012年10月第2週版)
今回は10月第2週の集計。Windows 8を搭載する新モデルが出る直前のこの時期、価格が下がったVAIOシリーズのPCが、じわじわと順位を上げています。(2012/10/22)

Google、11インチのSamsung製Chromebookを249ドルで発売
GoogleがChrome OS搭載ノートPCの新モデルを米国と英国で発売する。Samsung製で、プロセッサもIntelのAtomではなく、SamsungのARMベース。価格は従来モデルより100ドル以上安い249ドルだ。(2012/10/19)

PC販売ランキング(2012年10月1日〜10月7日):
今が買い時、主力モデルの上位機が人気(2012年10月第1週版)
今回は10月第1週の集計。新モデルが出る直前のこの時期は、各メーカーの主力機種の中でも、ハイエンド構成のモデルが上位にランクインする傾向があります。(2012/10/15)

PC USER 週間ベスト10:
新スタイルPC「VAIO Duo 11」は使いやすい?(2012年10月8日〜10月14日)
先週のアクセスランキングでは、Windows 8を搭載したUltrabookやタブレット、Windows 8アップグレード版/DSP版、そしてiPhone 5などの記事がトップ10に入りました。(2012/10/15)

2012年PC秋冬モデル:
日本エイサー、世界最薄のタッチパネル搭載UltrabookなどPC秋冬モデルを発表
日本エイサーがPC秋冬モデルを発表。COMPUTEX TAIPEI 2012で発表したタッチ対応Ultrabookや、Windows 8タブレット、液晶一体型PCなどを日本市場向けに投入する。(2012/10/13)

Acer、Windows 8搭載UltrabookとノートPCをAspireシリーズで発表
Acerが、日本でも6月に発売したUltrabook「Aspire M5」シリーズとノートPC「Aspire V5」シリーズのWindows 8搭載端末を10月26日に米国とカナダで発売する。タッチ対応の14インチUltrabookの価格は799.99ドルから。(2012/10/12)

GeForce+Office搭載で10万円切り:
エイスースのUltrabookは「ZENBOOK」だけじゃない――大画面Ultrabook「S56CM」を試す
ASUSTeKが日本市場向けに投入した「S56CM」は、15.6型サイズのUltrabookだ。ASUSのUltrabookと言えばZENBOOKシリーズが有名だが、本機もZENBOOKに負けないデザイン性とコストパフォーマンスのマシンなのだろうか。(2012/10/11)

CEATEC JAPAN 2012:
キーボード分離型/Windows RT(?)など、富士通がWindows 8搭載モデルを参考展示
富士通もCEATEC JAPAN 2012でWindows 8搭載PCの発売前モデルを参考展示。同社は2012年秋冬モデルで、Windows 8搭載の分割・分離スタイルと薄型ピュアタブレットを新規投入するようだ。(2012/10/2)

PC販売ランキング(2012年9月17日〜9月23日):
Windows 8を待つか、値下げした夏モデルか(2012年9月第3週版)
今回は9月第3週の集計。モデルチェンジ期ということもあって、順位の変動は少ないです。Windows 8を待つのもいいですが、値下げした夏モデルを買って、1200円でWindows 8にアップグレードするというのもありかも。(2012/10/1)

PC販売ランキング(2012年9月10日〜9月16日):
2万円台の15.6型ノートPC「Lenovo G580」がランクイン(2012年9月第2週版)
今回は9月第2週の集計。順位の変動が少ないなか、海外メーカーの安価なモデルが順位を上げています。今週はレノボの15.6型ノートPCがTOP10入り。価格はなんと2万円台!(2012/9/24)

PC販売ランキング(2012年8月27日〜9月2日):
そろそろVAIOのターン?(2012年8月第5週版)
今回は8月第5週の集計。ノートPC、デスクトップPCともに、ランキング上位の顔ぶれは変わりませんが、下位のほうではじわじわとVAIOシリーズが順位を上げています。(2012/9/10)

IFA 2012:
Windows 8対応ノートPCとWindows RT対応デバイスをベルリンでじっくり触った
IFA 2012では、10月26日の一般出荷開始を前に、各PCメーカーがWindows 8対応PCを大量に公開した。初登場の“触れるWindows RT”とともにその姿を紹介する。(2012/9/3)

PC販売ランキング(2012年8月20日〜8月26日):
フルHD液晶付きで3万円台、「Lenovo H520s」がじわじわ浮上(2012年8月第4週版)
今回は8月第4週の集計。夏モデルのPCもだいぶ安くなってきましたが、今週はフルHD液晶付きで3万円台のデスクトップPC「Lenovo H520s」に注目です。(2012/9/3)

PC販売ランキング(2012年8月13日〜8月19日):
お盆期間の売れ筋PCは?(2012年8月第3週版)
今回は8月第3週の集計。お盆期間だったためか、ランキングにあまり変化はありませんでした。ノート、デスクトップともにNECが売れ筋です。(2012/8/27)

PC販売ランキング(2012年8月6日〜8月12日):
VALUESTAR N、iMacをかわして首位に(2012年8月第2週版)
今回は8月第2週の集計。ノートPCの売れ筋はNEC、東芝、富士通の順で変わりません。デスクトップPCのランキングは、iMacが2位に後退し、VALUESTAR Nがトップに。(2012/8/20)

PC販売ランキング(2012年7月30日〜8月5日):
デスクトップPC、iMacが首位をキープ(2012年8月第1週版)
今回は8月第1週の集計。デスクトップPCランキングでは、今週もiMacが首位となっています。ノートPCはdynabookの人気が上昇中。(2012/8/13)

PC販売ランキング(2012年7月23日〜7月29日):
「Mountain Lion」の影響か? iMacが首位に浮上(2012年7月第4週版)
今回は7月第4週の集計。「OS X Mountain Lion」リリースの影響か、デスクトップランキングでは、他社の夏モデルを抑えて、アップルのiMacが首位になりました。(2012/8/6)

PC販売ランキング(2012年7月16日〜7月22日):
ノートPCの売れ筋固まる――NEC、東芝、富士通の順(2012年7月第3週版)
ノートPCランキングは、順位の変動が少なくなってきました。夏モデルの売れ筋が決まってきたようです。(2012/7/30)

PC販売ランキング(2012年7月9日〜7月15日):
Ivy Bridge搭載のMacBook Proがランキングに登場(2012年7月第2週版)
今週のノートPCランキングは、MacBook Proの新モデルがランクイン。TOP10はほぼ夏モデルになりました。(2012/7/23)

PC販売ランキング(2012年7月2日〜7月8日):
デスクトップPCにも“夏”が来た(2012年7月第1週版)
ついにデスクトップPCランキングに夏モデルが登場しました。さて、その機種は……?(2012/7/17)

PC販売ランキング(2012年6月25日〜7月1日):
夏モデルのdynabook登場(2012年6月第4週版)
今週のノートPCランキングは、夏モデルの「dynabook T552」がTOP10入り。ランキングの半分が夏モデルに切り替わっています。(2012/7/9)

PC販売ランキング(2012年6月18日〜6月24日):
ノートPC、夏モデルが首位に――「LaVie S」シリーズが人気(2012年6月第3週版)
今週のノートPCランキングは、「2012年PC夏モデル」が首位に。一方で、デスクトップPCはいまだ夏モデルがTOP10に入らないという状況が続いています。(2012/7/2)

PC販売ランキング(2012年6月11日〜6月17日):
夏モデルのノートPCがランキングに登場(2012年6月第2週版)
ようやく夏モデルがランキングに登場。ノートPC部門では3機種がTOP10にランクインしました。さて、その機種は?(2012/6/25)

エイサー、実売6万5000円のCore i3搭載エントリーUltrabookなど3製品
日本エイサーは、Core i3を標準搭載した低価格Ultrabook「S5-391-H74U」など計3製品を発表した。(2012/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
“Ivy Bridge”登場でUltrabookは第2世代に――タッチ対応で拡大する
「Computex Taipei 2012」のインテル基調講演は米Intel本社 上級副社長のトム・ キルロイ氏が業界のトレンドとIntel、パートナーが目指す未来を語った。(2012/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
Acer、プレスカンファレンスでWindows 8との連携を訴求
Acerは、COMPUTEX TAIPIE 2012の開催前日となる6月4日に、新モデルを紹介する説明会を行った。すべてのモデルがWindows 8を想定してタッチパネルを搭載する。(2012/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
Acer、Windows 8対応Ultrabookなど、新モデル公開
Acerは、6月4日に台北市で記者説明会を行い、今後投入を予定している新製品を公開した。ここでは、速報として、登場した製品の姿を紹介しよう。(2012/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
えっ! もう始まるの!──COMPUTEX TAIPEI 2012“開幕前前日”リポート
2012年もやってきました台北市。COMPUTEX TAIPEI 2012が6月5日から始まる。開幕前前日の状況を「梅雨先取り!」な現地から報告する。(2012/6/3)

エイサー、15.6型ワイド液晶+光学ドライブも備えたCore i5搭載Ultrabook「Aspire M3-581T」
日本エイサーは、“Ultrabook”カテゴリでは初となるという15.6型ワイド液晶搭載モデル「M3-581T-H54U」を発売する。(2012/4/13)

Ultrabookで3Dゲームをするぞー!ホントだぞー! :
Aspire Timeline Ultra M3に搭載した“モバイルなKepler”で遊ぶ
GeForce GTX 680の発表と時を同じくして、ノートPC向けGPU「GeForce GT 640M」が登場した。Kepler世代のアーキテクチャはモバイルPCをどう変えるのか?(2012/4/6)

あの!NVIDIAが!省電力最優先!:
大解説! Ultrabookで使えるKeplerはここが偉い!
“Kepler”はノートPC向けGPUでも登場。そこで訴求するのは性能だけでない。ちょっとややこしいラインアップの紹介とともに、“もう1つ”のKeplerを解説する。(2012/3/22)

CeBIT 2012:
AcerのTimelineは“大画面で2スピンドル”なUltrabookに進化する
CeBIT 2012でAcerが記者説明会を行い、ノートPCラインアップのブランド構成とコンセプトを解説。今後登場する“世界初”というUltrabookを紹介した。(2012/3/8)

CeBIT 2012:
CeBIT 2012は、いよいよ明日から!
マザーボードにUltrabookと、新世代の兆しを予感させるCeBIT 2012開催前日。注目のあのベンダーで気になるポイントは?(2012/3/6)

IntelとMicrosoftの夢ふたたび:
「UltrabookをPCと呼ぶな!」──2012年のモバイルデバイスを巡る思惑
「Ultrabook」「Tegra 3」「Windows 8」は、モバイルコンピューティングのキーワードだ。このキーワードを巡るベンダー各社の“思惑”をまとめてみた。(2012/2/6)

エイサー、「Aspire S3」にCore i5搭載のOfficeバンドルモデルを追加
日本エイサーは、同社製ノートPC「Aspire S3」のラインアップにOffice 2010バンドルモデルを追加した。(2012/1/18)

Ultrabookに性能を求めるならこの1台:
「Aspire S3」の上位モデルで真のUltrabookを体験した
日本エイサーのUltrabook「Aspire S3」には、CPUにCore i7-2637M、ストレージに高速な256GバイトSSDを採用した上位モデルが用意されている。いろいろと“ウルトラ”だ。(2012/1/18)

PC USER 週間ベスト10:
2012 CESで一番人気だった記事は?(2012年1月9日〜1月15日)
先週のアクセスランキングでは、米国で開催された世界最大級の家電イベント「2012 International CES」の現地リポートが数多くランクインしました。(2012/1/16)

2012 International CES:
MedfieldとUltrabookでサプライズの波状攻撃── Intel基調講演
CES初日の夕方は、恒例のIntel基調講演だ。モバイルデバイスの台頭によるARMの隆盛など、転回点を迎えたIntelは、派手な反撃の合図を用意していた。(2012/1/13)

2012 International CES:
“MagicFlip”で出したり入れたり──Acerの“新Ultrabook”「Aspire S5」を画像でみる
Acerは、米国ラスベガスで行ったプレスカンファレンスで、同社新製品を公開した。ここでは、Ultrabook第2弾となるAspire S5を画像で紹介する。(2012/1/9)

ビジネスニュース フォトギャラリー:
2012年の注目ガジェットをずらり紹介、タブレット経済圏がますます拡大
ホリデーシーズンを控え、消費者向け電子機器の市場では、2012年の注目製品――ホットガジェット――への関心が高まっている。単機能の製品が鳴りを潜める一方、多機能な製品であるタブレット端末やスマートフォンが引き続き注目を集める。それらと連携してユニークな機能を提供するガジェットも続々登場する。(2011/12/19)

エイサー、Core i7搭載Ultrabook「Aspire S3」SSD搭載モデルの発売日を告知――12月16日より
日本エイサーは、Ultrabook「Aspire S3」シリーズのSSD搭載モデル「S3-951-F74U」の販売を開始すると発表した。(2011/12/15)

5分で分かるPC USER人気記事:
Ultrabook、新CPU、HMDが欲しい11月
11月は「Ultrabook」や「新世代CPU」の記事が注目を集めました。ASUSの薄型軽量ノートPC「ZENBOOK」は3本がトップ5入り。そんなことよりHMDがだな……。(2011/12/2)

Acer book air?:
「デザイン重視ならこちら」と日本エイサーが勧める「Aspire S3」に触れてみた
ノートPCベンダー各社がUltrabookのラインアップをそろえてきた。Aspire S3もデザインを重視するユーザー向けのモデルだが、見た目以上に使い勝手を試してみる。(2011/11/18)

エイサー、Core i3/i7搭載Ultrabook「Aspire S3」を正式発表
日本エイサーは、13.3型ワイド液晶を搭載する薄型ノートPC「Aspire S3」シリーズを発表した。(2011/11/2)

Windows Insider用語解説:
Ultrabook
薄型で、長いバッテリ駆動時間、1000ドル以下の価格を目指すノートPCの新カテゴリ「Ultrabook」とは? Ultrabook登場の背景などについて解説する。(2011/10/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。