速報
» 2012年06月07日 13時07分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2012:東芝、“Windows RT”対応デバイスを世界初公開

東芝は、6月7日に台北市でグローバルにおけるスマートデバイス展開について説明会を行い、その中で、Windows RT対応デバイス2モデルを公開した。

[長浜和也,ITmedia]

東芝のWindows RTデバイスはクラムシェルとセパレート

 東芝が公開したのは、OSにWindows RTを導入するタブレットタイプのデバイスとクラムシェルタイプのデバイスだ。ともにARMを搭載する予定だが、それ以外の仕様や投入時期、価格については非公開としている。タブレットタイプのデバイスは、キーボード搭載ポートリプリケータが付属し、接続してクラムシェルタイプと同じように使うことも可能だ。

 説明会では、これ以外にもインテルの基調講演で登場した“シネマスコープ”液晶ディスプレイを搭載する「Satellite U845W」や、コンバーチブルタイプのコンセプトモデルも紹介したが、ここでは、速報としてWindows RT対応デバイスの姿を紹介し、東芝のグローバル戦略などを含めたそのほかの詳細については、後刻掲載する予定だ。

kn_toshibasok2_01.jpgkn_toshibasok2_02.jpg クラムシェルタイプのWindows RT対応デバイス。プロセッサはARMベースのSoCを搭載する予定だ

kn_toshibasok2_03.jpgkn_toshibasok2_04.jpg クラムシェルタイプデバイスの左右側面。HDMI出力もある。USBは2.0対応となる

kn_toshibasok2_05.jpgkn_toshibasok2_06.jpg タブレットタイプのデバイスは、キーボード搭載ポートリプリケータと接続してクラムシェルタイプのように使うことも可能だ

kn_toshibasok2_07.jpgkn_toshibasok2_08.jpg 分離して、液晶ディスプレイ部分をスレートタイプのタブレットデバイスとして使うこともできる

kn_toshibasok2_09.jpgkn_toshibasok2_10.jpg タブレットデバイスとキーボード搭載ポートリプリケータの左右側面。こちらもHDMIとUSB 2.0を搭載する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう